わたしを甲子園に連れてって!

阪神甲子園球場へは阪神電車のご利用が便利です(^^




困りました

阪神が優勝したくらいから、どうしてもわたしのほうからTBできないブログがいくつかあるみたいなんです。
ほかの方はちゃんとTBできてるみたいですからわたしのところが変なだけだと思うんですけど・・・・・。

いろいろ調べてみたんですけど、多分GooブログへのTBだけができないみたいですけど原因は良くわかってません。

一部の皆様、TBお返しできなくてごめんなさいね。
書いた人 Naruo.K | 日々徒然 | comments(124) | trackbacks(91) |


対ロッテ 2回戦 千葉マリン

神|000 000 000|0
ロ|110 005 03x|10
勝:渡辺俊1勝0敗0S
負:安藤0勝1敗0S
HR:サブロー ツーラン1号/フランコ ソロ1号/イ・スンヨプ ツーラン2号
神:安藤-江草
ロ:渡辺俊

まあ、何と言いましょうか・・・・・・・・
阪神タイガースが負けました。

きょうのウチの先発は安藤選手で、ロッテ先発は渡辺選手でした。
1回裏に1死3塁からサブロー選手の打球処理で1塁への悪送球で今岡選手のタイムリーエラーになってしまって1点を先制されてしまうと、2回裏には無死1・3塁からロッテ橋本選手を6−4−3のダブルプレーに討ち取りますけど、その間に3塁走者が生還して1点を追加されてしまいました。

その後安藤選手は3・4・5回を連続で三者凡退に抑えて味方の反撃を待ちます。
6回表に1死から赤星選手がセンター前ヒットで出塁して、続く鳥谷選手の打席で盗塁を決めます。
鳥谷選手はレフト前ヒットで1死1・3塁のチャンスを作ってくれましたけど、次のシーツ選手が併殺打でチャンスをつぶしてしまいました。

これで安藤選手は力尽きたのでしょうか?その裏でサブロー選手にツーランホームランを、フランコ選手にソロホームランを打たれて3失点してしまい2番手の江草選手に交代してしまいました。
きょうの安藤選手は前の回までの投球内容は良かったですし、1・2回の2失点も不運な内容でしたからかなり期待してたのですけど、ここで力尽きちゃった感じです。

結局、5回1/3、86球7安打5失点とさんざんな結果になってしまってざんねんです。

2番手の江草選手も、立ち上がりいきなりイ選手にツーランをあびてしまい2失点しちゃいます。
7回は無失点で抑えましたけど、8回にはワイルドピッチや連打でダメ押しの3失点で2夜連続の大敗です。江草選手は敗戦処理の緊急登板ですけど、今後が不安になる内容ですね。

ロッテ渡辺選手は最近のセ・リーグにいないタイプの投手ですから苦戦は予想してましたけど、試合カンがまだ戻ってないのもあるのでしょうけど、打線はかなりヒドイ状態ですね。
シリーズ前に3週間のブランクを心配してましたけど、不安的中してしまいました。
こんな予想、当たっても嬉しくないですよ。ホントに。

とにかく2連敗やっちゃったモノはしかたないですけど、とのかく甲子園に帰って仕切り直しですよ。
ここまでで悪いところは全部出ちゃったと信じて、甲子園での巻き返しを期待するしかありませんよね。

わたしは甲子園のチケット全部ハズレちゃいましたから応援に行けませんけど、地元での応援会でせいいっぱい応援するつもりです。
幸運にも甲子園に行かれるかたがコレを読んでいらっしゃいましたら、わたしの分まで応援よろしくお願いしますね。


追記:
まるで阪神の不調を予感させるみたいにパソコンの調子がおかしくなっちゃいました。きのうの試合の分の記事も書いてましたけど、更新前に全部飛んじゃいました(T.T
試合結果がアレでしたからもう一度書く気力が・・・・
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(59) | trackbacks(50) |


日本シリーズへむけて

ひさしぶりの更新になっちゃいました(^^;

やっと日本シリーズの対戦相手が決まりましたね。
ソフトバンクを相手に2003年のリベンジを!て希望は叶いませんでしたけど、ロッテも交流戦1位のチームですからシーズン2位と言っても相手にとって不足はありません。

プレーオフであれだけの試合をこなしてきたチームと、試合から3週間近く遠ざかってたチームとの対戦ですから不安はかなり大きいですけど、ここは阪神タイガースを信じて応援して行きたいですよね。

先発投手陣の状態は教育リーグのニュースを読むと福原選手の状態が不安ですけど井川選手や安藤選手は調子を上げてきてるそうですし、寝違えが心配な下柳選手も新聞を見る限りだいじょうぶそうですね。
それに、杉山選手が絶好調だそうですからたのもしい限りですよね。

中継ぎ投手陣のほうはウィリアムス選手の発案で決起集会をしたそうです。
ウィリアムス選手は今の中継ぎ陣で唯一人日本シリーズの経験がありますから、ここはJFKトリオとSHEトリオを強力に引っぱって行ってほしいものですね。
2003年シリーズの甲子園でウィリアムス選手が受けていた「あと一人」コールは忘れられませんもの。

野手陣のほうは実戦から離れすぎたせいか、あまり調子が良くないようなことが新聞に書いてありました。
実戦形式の練習の対戦相手がウチの中継ぎ陣なのですから、そう簡単には打たれませんでしょうしあんまり打ってもらっても困りますけど、ここがちょっと不安材料ですね。とりあえず続報に注目です。
今言ってもしかたないですけど、プレーオフ期間に合わせてセ・リーグの開幕を遅らせることができてたらもう少し違ったんでしょうけどね。

あと、ウチのSHEトリオやJFKトリオと真剣勝負で対戦してたら、かえって調子が落ちちゃうんじゃないかな?との余計な心配も気になり始めちゃいました(^^;


ところで、わたしのところではプレーオフは全試合テレビでやってましたけど、全試合とも手に汗握る好ゲームでしたね。第4戦と第5戦は全国中継あったみたいですけど、こんなオモシロイ試合を観られないなんて、プロ野球ファンとして大損じゃないかと思いますよ。

最終戦の視聴率も最大28.5%だったそうで今季第2位の視聴率だそうですから、試合さえおもしろければ全国中継でもチームは関係ないて証拠ですよね。


あしたが良い一日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(22) | trackbacks(38) |


最多勝(タイ)決定!

【広島−横浜 22回戦 広島】

横|110 010 010|4
広|011 000 000|2

勝:三浦 12勝9敗0S
敗:黒田 15勝12敗0S
HR:緒方 ソロ21号/倉 ソロ4号
横:三浦
広:黒田

広島市民球場での最終戦です。
横浜が勝って4位ヤクルトに1.5ゲーム差となりましたので、14日の神宮でのヤクルト−横浜戦の結果を待たずに横浜のAクラスが確定しましたね。

きょうの広島は、エース黒田選手の単独最多勝がかかっていましたし、横浜はあと一つ勝てばAクラス確定でしたから、両チームともにベストメンバーでの激突になりましたね。
広島は2回の緒方選手と3回の倉選手のソロホームラン1本づつが得点の全てで、一方の横浜はつなぎの野球でコツコツ点を取っての勝利でした。三浦選手も好投したみたいで、自己最多タイの12勝です。

これで広島の黒田選手は15勝12敗で今季終了しましたから、ウチの下柳選手の最多勝タイが決定しました!

下柳選手は最高齢36歳での最多勝、しかも規定投球回数未満て言う、前代未聞の記録を達成ですね。

おめでとうございます!下柳選手!
この調子で日本シリーズもイワしちゃってください!



【ソフトバンク−ロッテ 1回戦 ヤフードーム】

ロ|000 100 120|4
ソ|010 000 100|2

勝:藤田 1勝0敗0S
敗:杉内 0勝1敗0S
S:小林雅 0勝0敗1S
HR:カブレラ ソロ1号/里崎 ソロ1号
ロ:セラフィニ-小野-藤田-薮田-小林雅
ソ:杉内-吉武-三瀬-高橋秀

プレーオフの第1回戦はロッテが先勝です。ソフトバンクは杉内を出して来てコレだと、ちょっとマズいんじゃないでしょうか?
それと投手陣はあきらかにロッテの方が勝っていると思いました。とくに層の厚さはウチにとっても脅威ですね。
西武に勝ってきた勢いもあるのかもしれませんけど、主砲の松中選手とズレータ選手が4タコですから、大砲への対策もしっかりできてきてるみたいですね。



あしたが良い一日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(91) | trackbacks(40) |


ヤクルト青木選手が200安打達成!

【ヤクルト−横浜 21回戦 神宮】
横|000 000 000|0
ヤ|003 002 00x|5
勝:館山 10勝6敗0S
敗:門倉 11勝8敗0S
HR:ラミレス 2ラン32号
横:門倉-那須野
ヤ:館山-石井

まずはヤクルト青木選手へ、2人目の200本安打達成おめでとうございます!
しかも、セ・リーグでは初の快挙ですね。同じリーグに籍を置いてるチームのファンとしてお祝いしたい気分です。

それにAクラス争いも、まだまだ終わりません。きょうの試合でヤクルトが勝ちましたので、ゲーム差が1になりました。
横浜が広島戦とヤクルト戦の2ゲーム、ヤクルトは横浜戦を1ゲームを残してるだけですので、横浜はあと1勝するだけでAクラス確定ですから横浜が有利ですけど、さてさて、どうなることやら?


あと、あしたからパ・リーグのプレーオフ第2ステージが福岡ドームで始まります。
首位ソフトバンクが逃げ切るか、それとも西武を倒して意気の上がるロッテが勝つか、こちらも興味津々ですね。


あしたが良い一日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 日々徒然 | comments(396) | trackbacks(303) |


ちょっと凹む話

連日横浜対ヤクルトのAクラス争いが続いてますし、パ・リーグのプレーオフは問題が多いとは言えそれなりに盛り上がってますよね。

横浜はあと1勝でAクラス確定でしたけど、9日の試合は引き分けでした。
それに、ヤクルト青木選手も日本人2人目の200本安打まであと1本まできてましたから、10日の神宮球場での横浜対ヤクルトの試合に期待してたんですけど、ざんねんながら雨天中止で、Aクラス争いも200本安打も11日以降に持ち越して言うことになりました。

それはまあ良いのですけど、なんと9日の横浜球場最終戦の観客数がわずか8515人だったとのことです。

年間指定席のこととかありますから実際にチケットはもっと売れてたのでしょうけど、あまりにもさびしい数字ですね。
セ・リーグとしては歴史的瞬間が見られる試合だったかもしれないのに、現実にはキビシイことになってるみたいです。

わたしを含めて今年、交流戦とかで日本中の球場を席巻したと言われてる阪神ファンから見るとウソみたいな数字ですし、日本ハムの応援で福岡ドームにも行ってますけど、あちらも激安チケットをバラ撒いてるとは言え観客動員数の多い球場ですからちょっと信じがたいことですけど、これも球界の現実の一面なのですね。

もちろん、このカードが人気カードだったとは言いませんけど日曜日で、しかも消化試合の来年のために2軍級の選手を試す試合と言うワケでもなくて、主力選手を投入しての激闘でコレじゃたまりませんよね。

昨年の阪神みたいに消化試合、しかもパ・リーグのプレーオフの裏開催であれだけの観客が入ったのは例外としても、もう少し何とかならないモノかと思いました。

このままだと、また球団合併とか1リーグ化とかの変な動きが出てこないとも限りません。

きょうのは、ちょっと凹むニュースでした。
書いた人 Naruo.K | 日々徒然 | comments(29) | trackbacks(40) |


きょうのプロ野球(2005/10/9)

甲子園で阪神タイガースが日本一奪回へ向けていよいよ始動しましたね。
先発陣はあしたから教育リーグだそうですし、赤星選手、藤本選手、鳥谷選手たちも教育リーグに参加するそうで、いよいよ決戦て感じになってきましたね。相手がまだ決まってませんけど。
パ・リーグのプレーオフのせいで試合間隔が開くのは不安ですけど、2003年の時よりチームの状態は確実に良いですから期待させてもらいましょう!


【横浜−ヤクルト 20回戦 横浜】
ヤ|000 000 300 000|3
横|030 000 000 000|3
ヤ:藤井-五十嵐-石井-吉川-本間
横:吉見-加藤-川村-木塚-クルーン

とっても熱いセ・リーグAクラス争いが続いてますけど、きょうは延長12回引分けのスゴイ試合だったみたいですね。
この引分けで、このカードでの横浜の勝ち越し決定しました。Aクラス争いは横浜が1歩リードて感じでしょうか?

あと、ヤクルト青木選手が2本ヒットを打って、年間200本安打に王手をかけましたね。
パ・リーグにはイチロー選手の記録がありますけど、セ・リーグにも200本安打の選手が出てきてくれてセ・リーグファンとしてはうれしいかぎりです。
できることなら、来年はウチの選手が抜いてくれるともっとうれしいんですけど(^^;

きょうの試合も投手陣だけを見ても総力戦て感じで、まだまだ消化試合じゃありません。この時期にこれだけの投手戦が見られたなんて横浜ファンとヤクルトファンがちょっとだけうらやましいかも?

でも、今年はパ・リーグのプレーオフのカゲにかくれちゃった感じでもったいないような気もしますよね。

昨年はウチと読売の消化試合で甲子園での八木選手の引退試合があって、プレーオフには空席が多かったのに甲子園は満席なんてこともありましたけど、今年はまだ消化試合じゃないのにパ・リーグの思惑のほうが勝った感じです。


【ロッテ−西武 2回戦 千葉マリン】
西|000 000 010|1
ロ|100 002 00X|3
勝:小林宏 1勝0敗0S
S:小林雅 0勝0敗2S
敗:西口 0勝1敗0S
HR:中村 ソロ 1号
西:西口-星野-山岸-森
ロ:小林宏-藤田-小林雅

その、パ・リーグのプレーオフ第1ステージは予想通りと言うかシーズン中の成績通りと言うかロッテが勝利して、12日からは第2ステージでソフトバンクと対戦することになりました。
やっぱり西武は攻撃力不足が敗因になったみたいですね。それと、ロッテの投手陣もあなどれません。
もしもロッテが出てきたらどうやって前半で点を取っておくかがポイントになりそうです。

わたしとしては、読売よりコワイソフトバンク打線とウチの投手陣が戦って2003年のリベンジを果たすのを観たかったのですけど、ロッテとの息が詰まるような(タコ焼きみたいな)投手戦も見てみたい気がちょっとしてきました。


あしたが良い一日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(31) | trackbacks(34) |


色々と・・・・

きょうのプロ野球の試合は3試合です。3試合とも、ちょっと気になる試合でしたね。

【ファーム選手権 スカイマーク】
神|100 220 000|5
ロ|020 002 30x|7
勝:成瀬
S:川井
負:前川
HR:大松 ツーラン1号/喜田 ソロ1号/林 ソロ1号

2軍日本一を決めるファーム選手権ですが・・・・
ざんねん、阪神タイガースが負けました。

4回に赤松選手が2点タイムリーを打って、5回には喜田選手と林選手にそれぞれソロホームランが飛び出して、日本シリーズ出場と来年の1軍定着への良いアピールになりましたけど、7回に前川選手が四球や暴投で自滅して逆転負けです。
今季のウェスタンリーグでそこそこ良い成績を残してたのに、1軍首脳も観戦してた大事な試合でコレですから・・・・。
やはり、前川選手は注目されると弱い、て言うのはホントだったみたいです。

あと、金沢選手はリリーフで結果を出したみたいですね。故障で今年一年を棒に振った金沢選手ですけど、来年の復活を期待したいですよね。


【横浜−ヤクルト 19回戦 横浜】
ヤ|000 010 000|1
横|030 113 00x|8
勝:土肥 10勝10敗
負:ゴンザレス 4勝6敗
HR:城石 ソロ2号/村田 スリーラン24号
ヤ:ゴンザレス-佐藤賢-三沢
横:土肥-木塚-岸本-クルーン

セ・リーグのAクラス争いの直接対決、1戦目は横浜が圧勝です。ゴンザレス選手の不調もあったみたいですけど、やはり横浜打線はあなどれませんね。

あと、今年何かと話題になった大魔神、佐々木選手の引退セレモニーもきょうの試合終了後におこなったそうです。
ウチもさんざんやられてきた選手ですけど、ちょっとさみしい話ではありますね。
今年だけはお世話になりましたけど(^^;


【ロッテ−西武 1回戦 千葉マリン】
西|100 000 000|1
ロ|000 010 01x|2
勝:薮田 1勝
S:小林雅 1S
負:三井 1敗
HR:栗山 ソロ1号
西:松坂-三井-正津
ロ:渡辺俊-薮田-小林雅

パ・リーグのプレーオフ第一ステージ第1戦はロッテが取りました。
初戦から松阪選手対渡辺選手のスゴイ投げ合いでしたけど、西武はカブレラ選手がいない分、決定力不足なのかもしれませんね。やはりケガはコワイです。
あと、後の投手の差も大きかった試合ですね。そういう意味では、日本シリーズで当たるとしたらロッテが1番テゴワイかも?

これで、ロッテはあした勝つか引分けで第2ステージ進出です。


あしたが良い一日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(27) | trackbacks(56) |


Aクラス争い

阪神ファンとしてはもうシーズン終っちゃったような気分のセ・リーグですけど、Aクラス狙いの横浜とヤクルトのラストスパートはアツイですよぉ。

きょうの試合結果は・・・・

ヤクルト 4−13 広島 神宮
中日   1−6  横浜 ナゴヤドーム

で、ゲーム差無しから横浜が一歩リードして1ゲーム差です。

中日は激しいAクラス争いのアオリを喰っちゃったのでしょうか?5連敗で今季終了で、広島もあと1試合を残すだけですね。

一方の横浜は残り5試合、ヤクルトも残り4試合です。
阪神はもちろん、読売も今季の試合をすべて消化済みですから、順位が確定してない2チームの直接対決が4試合も残ってることになりますね。

横浜は67勝68敗6分、ヤクルトは69勝72敗1分で勝率で横浜が上まわって、勝数でヤクルトが上まわってますけど、優勝争いと違って勝率だけなのがシンプルで良いですね。

優勝争いだと引分けは負けに近いですけど、この場合はプレーオフなんかありませんから勝ちに近いことになるワケですね。

あしたからはパ・リーグのプレーオフも始って、日本シリーズの行方が気になる阪神ファンとしてはそちらに注目しがちですけど、セ・リーグもまだまだおもしろいですよね。


あしたも良い一日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 日々徒然 | comments(120) | trackbacks(33) |


公式戦が終って

きのうの対横浜戦を鳥谷選手本人もビックリの劇的なサヨナラで終って、今年の公式戦が全て終りました。
もちろんセ・リーグの公式戦は終ってませんから、シーズン終了と言うのは早いですし、横浜とヤクルトのAクラス争いはハタから見ていても興味ありますけど、希望としては久しぶりの横浜がAクラスに入ると良いかな?くらいの感じです。

ちょっと気持ちがゆるんじゃったかな?


とにかく阪神ファンとしては、今シーズン優勝て言う最高の結果で終ってなによりでした。
今年の公式戦の成績は「87勝54敗5分 勝率 .617」て言う、球団タイ記録の好成績ですね。

【対中日 11勝11敗】
9月7日の5時間1分の死闘までウチとデッドヒートをくりひろげた中日には負け越しこそしませんでしたけど、対戦成績引分けで完全優勝を阻止されちゃいましたね。やっぱり中日は強いです。
2003年のときは負け越してますし、鬼門のナゴヤドームでは勝ち越しでますから一歩前進ですけど、中日攻略は宿題になっちゃいましたね。

【対ヤクルト 12勝10敗】
もう一つの鬼門神宮のヤクルトですけど、優勝直後にカードが組まれてましたから勝ち越しアブナイかも?て思ってましたけど、阪神の未来を背負う若虎たちの活躍で勝ち越しを決めたのはうれしい限りです。若松監督が勇退して来年は古田選手が選手兼監督になるとのことですけど、プレイングマネージャーなんていつ以来なんでしょう?そう言う面では興味津々ですね。

【対横浜 13勝6敗3分】
セ・リーグで唯一引分け試合のあった横浜は昨年よりさらに手強くなった感じです。この引分けのおかげでプレーオフをどれだけ心配させられたことか・・・。
もう横浜銀行なんて呼べませんよね。

【対読売 14勝8敗】
宿敵読売に3年連続勝ち越しを決めましたけど、総対戦成績で見るとまだまだ借金です。
読売は今年の大敗で膿を出しきれるかな?もしそうなったら来年はちょっとコワイ相手になるかもしれませんね。原新監督は元々若手重視な人ですし、今年の後半だけ見てると若手野手には結構良い選手がいるのを見せつけられましたね。いままで何で出てこなかったんだろう?て感じです。外から見てるだけでも理由ははっきりしてますけど(^^;
あとは投手陣でしょうか?とくに後が整備されたらやっぱり脅威ですよね。

【対広島 16勝6敗】
広島は・・・・山本監督おつかれさまでした。
対戦勝率で見るとそうでもないんですけど、印象で言うと、今年は何度も苦戦させられたようなイメージがありますね。
広島は外国人のスカウトがじょうずなのもありますから油断してると足元すくわれかねません。阪神も少しは見習ってほしいものですね。

今年初めて実施された交流戦ですけど、これが阪神への追い風の一つになったのはみなさんも賛成していただけるんじゃないでしょうか?

【対ソフトバンク 2勝4敗】
福岡ドームへは3戦とも観に行ってました。1戦目は試合前半の大量失点で負けちゃいましたけど、後半は出てくる投手を片っ端から打ち崩してしまって、しかもソフトバンクはエラー連発してましたからソフトバンクファンの友達が「勝ったような気がしない」と嘆いてました。
それに、パ・リーグでは一番人気のソフトバンクですから、福岡ドームの半分を阪神ファンに埋められたのはかなりショックだったそうです。
わたしが良く観に行く日本ハム戦なんか、甲子園のヤクルト応援団より悲惨ですものね。

2戦目は下柳選手が先発で福岡ドームでの連敗を止めてリーグ首位タイ、3戦目も勝ってリーグ首位に立った試合になりました。
しかし甲子園では3タテされてしまって、逆に打線のスゴみを見せつけられた試合になったのはざんねんでしたね。もう甲子園慣れしちゃったのかな?

とにかく、ソフトバンクを倒して2003年の忘れ物を取戻すのは阪神ファンとしての夢ですよね。そのためにもプレーオフガンバってもらわないと・・・・。

【対ロッテ 2勝3敗1分】
とにかくコワイ投手陣のチームですね。とくに下柳選手と渡辺選手の投げあいは交流戦で一番印象深い試合になりました。シリーズでも今のセ・リーグには渡辺選手みたいなサブマリンの投手はいませんから苦戦必至のチームです。
あの試合も下柳選手の気迫のピッチングがなかったら落してたかもしれませんね。

もしもロッテが出てきたら3軍コーチの伊藤さんに特訓してもらうしかないかな(^^;

【対オリックス 4勝1敗1分】
同じ関西のオリックスは阪神が相手だとやりにくかったでしょうね。グリーンスタジアム神戸や大阪ドームは甲子園のおとなりさんみたいなものですから、甲子園化されるのは目にみえてましたし。

【対西武 4勝2敗】
西武はソフトバンクやロッテ以上に投打のバランスの良いチームて印象です。交流戦前にはかなり危ぶまれてましたし、西口選手には苦戦させられましたけど、とにかく松坂選手を打ち崩せたのが勝ち越しできたのには大きいですね。
日本シリーズにも出てくる可能性がありますけど、西武ほどプレーオフに問題を投げかけてくる球団はありませんね。負けないと優勝の可能性が消える試合なんて前代未聞でした。

【対日本ハム 4勝2敗】
やっぱり甲子園に新庄選手が出てくると盛り上がりますね(^^
日本ハムは、わたしの住んでる土地の関係で、実は阪神より試合を観に行ってる球団ですよ。
今年の交流戦は(長〜い)打線の不調の時期と重なってて豪快な野球が観られなかったのはざんねんでした。
ここも投手陣、とくに後投手陣の戦力が整備されたらスグに上を目指せる球団だと思うのですが・・・。

【対楽天 5勝1敗】
新楽天はシーズン前からウワサされてた100敗だけは何とかまぬがれましたけど、やはり新設の球団、しかもオリックスに主力をほとんど持って行かれた状態ですからキビしいシーズンになっちゃいましたね。
ただ、交流戦とその後の公式戦の頃は好調で、ナゴヤドームで中日を3タテしてくれたのは今年の阪神への最大のバックアップになってくれたと思います。


そんなこんなで阪神タイガースは2005年の公式戦も無事終了して、次ぎは日本シリーズです。
パ・リーグのプレーオフのせいで試合間隔が大きく開くのは不安材料ですけど、2003年より確実に強いチームでシリーズに挑むワケですから期待は大きいですね。
まだドコのチームが来るかはわかりませんけど、名勝負と言われた2003年を越えるシリーズを見せてほしいものです。個人的にはソフトバンクを希望しますけど。


そして・・・もちろん目指すは日本一奪還です!


あしたも良い一日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(29) | trackbacks(35) |


対横浜 22回戦 甲子園

横浜|000 200 000 0 |2
阪神|000 101 000 1x|3
勝:下柳15勝3敗0S
負:加藤4勝6敗0S
HR:鳥谷ソロ8号/ソロ9号
横浜:門倉-加藤
阪神:下柳

まさか今季最終戦まで来てこんな熱戦が見られるなんて・・・・
感動をありがとう!阪神タイガースが勝ちました!

きょう、雨の甲子園でのレギュラーシーズン最終戦の先発は、最多勝のかかった下柳選手です。
初回から走者は出しても得点をゆるさない下柳選手らしい、ていねいなピッチングが続きます。
一方の横浜先発の門倉選手も下柳選手と良い勝負です。きょうの阪神スタメンは今季のベストオーダーですけど、こちらもなかなか得点を上げられない展開が続きます。

お互いに一歩もゆずらない投手戦になってきましたけど、4回表に横浜先頭の小池選手にきょう初めての四球を投げてしまいました。先頭打者への四球は失点の元ですから不安になったんですけど、やはり的中しちゃいました。

次の金城選手はフライに討ち取りましたけど、続く佐伯選手に初球真中低目のストレートをセンター前ヒットにされて、さらに次の多村選手を四球出塁させてしまって一死満塁のピンチになってしまいました。
ここで、続く種田選手と村田選手に連続でタイムリーヒットを打たれてしまって、この回2点を先制されてしまいました。

もちろん取られたら取り返さなくちゃいけません。4回裏、先頭のシーツ選手がツーベースヒットで出塁すると、代走に関本選手が送られます。
次の金本選手はファーストゴロに倒れますけど、その間に関本選手は3塁に走って反撃のチャンスを作りました。

そして、今岡選手の打球はセカンドを越えてライト前タイムリーヒットです。
1点返して、しかも今岡選手はこれで147打点になって、初代ミスタータイガース藤村さんの球団記録を更新です!

おめでとうございます!今岡選手会長!
ミスタータイガースに、また一歩近づきましたね(^^

きょうの門倉選手はストレートも変化球もキレがあって中々打たせてもらえませんでしたけど、やっと捉えることができましたね。

6回裏には、先頭の鳥谷選手が甘く入ってきたフォークをセンターバックスクリーンに叩き込む同点ソロホームランで、試合を振り出しにもどしました。


今年は普通の試合だったら、このくらいからJFKかSHEの誰かを投入するところでしょうけど、きょうだけは下柳選手の最多勝がかかってますから、下柳選手続投です。

下柳選手としては7回はともかく、今季2度目の8回、そして今季初の9回を無失点で投げ続けますけど、打線が門倉選手を打ち崩せずに援護も鳥谷選手の同点弾でストップしてしまいます。
ついに9回まで投げ切って9回裏のサヨナラに期待でしたけど、球数がふえてきてた門倉選手は8回で降板して9回からは2番手の加藤選手に交代して、9回裏はあっさり三者凡退で延長戦に入ってしまいました。

ここまで来たら意地でしょう。気迫のピッチングで10回表も無失点で抑える姿に感動しちゃいました。
その裏、先頭の赤星選手がサードゴロに倒れて一死走者無から次の鳥谷選手がフルカウントの6球目、外角高目144キロのストレートをセンター方向に打ち返してバックスクリーン左に飛び込む、きょう2本目のソロホームランでサヨナラです。

重苦しい投手戦が続いていたところへの劇的な一発でしたね。甲子園が一瞬静まりかえって、それから大爆発のような歓声が響き渡りましたね!

意地で勝利投手をもぎ取った下柳選手は10回148球8安打2失点の完投勝利です。いつもだったら、ほとんど2試合分の投球内容ですよね、お疲れ様でした!

きょうはブルペン待機のJFKのK、久保田選手は球団最多セーブ記録達成ならず、でしたけど、まだ若いんだから来年ガンバレ!

そして最終戦のセレモニー。今岡選手会長の2年前の忘れ物を取り返す決意を感じるスピーチで今年のレギュラーシーズンの有終の美を飾りましたね。すんごく短いスピーチで、後ろの選手達も「ズルッ!」とすべってて笑ってしまいましたけど、これも今岡選手らしくて、かえって良かったと思いますよ。

そしてもう一つ、いよいよ下柳選手の最多勝見えてきました!
今年の阪神で一番不安材料だった先発陣の中で、安定感バツグンでガンバってきた下柳選手には絶対タイトルを取ってほしいですよね。
まだ広島が試合を残してますから単独最多勝になるかどうかはわかりませんけど、可能性はかなり高くなったんじゃないでしょうか?


まだまだセ・リーグの試合は残ってますけど、阪神タイガースはひとまずフィナーレです。
もちろん、これから日本シリーズやアジアシリーズが待ってますけど・・・・来年も良い年でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(102) | trackbacks(89) |


対横浜 21回戦 甲子園

横|000 012 111|6
神|000 200 101|4
勝:三浦11勝9敗0S
S:クルーン3勝2敗26S
負:井川13勝9敗0S
HR:林ソロ1号/金本ソロ40号/多村ソロ30号/金城ツーラン12号/小池ソロ19号
横:三浦-木塚-川村-クルーン
神:井川-ウィリアムス-桟原

甲子園に帰ってきて、いよいよ今年のレギュラーシーズン最後のカードですが・・・・
ざんねん、阪神タイガースが負けました。

きょうのスタメンは、またまた林選手と喜田選手が入ってますね。来年の鳴尾浜脱出が有力になってきたのかな?
あと、俊足好打しかも好守の赤松選手までベンチに入ってますね。結構広い雁ノ巣球場で初回先頭打者ホームランを打つのも見た事ありますけど、良い選手ですものね。ここまでベンチ入りが無かったのが不思議なくらいの選手です。

きょうのウチの先発は井川選手で、スタメンマスクは野口選手です。3回にヒットで走者をだしてしまいますけど1回から4回までは、ほとんど完璧な内容の投球でした。

一方、横浜の先発は久しぶりの対戦になる、阪神キラーの三浦選手です。対戦間隔がこんなに空いてしまったのは、横浜が9月に入ってAクラス狙いにシフトしたからだそうですね。

その三浦選手も相変わらずイヤらしいくらいの立ち上がりで得点できませんでしたけど、4回裏に一死から林選手が2球目のゆるいカーブをジャストミートしてライトスタンドに飛び込む1号、しかもプロ初のソロホームランが飛び出しました!
1軍で試合に出てればすぐ打つとは思ってましたけど、まさか初ホームランが阪神キラーの三浦選手からなんて想像もしてませんでした!

林選手・・・リンちゃん!オメデトウ!

興奮もさめないまま次の金本選手の打席ですけど、こちらも若手外野手には負けてられません。なんと2者連続のソロホームランをバックスクリーン左に叩き込みます。金本選手はこれでホームランが40本の大台に到達です。

金本選手も、おめでとうございます!

ところが次の5回表、先頭の多村選手にバックスクリーン右に持って行かれてソロホームランで1点返されてしまいました。点を取った次の回が大事なんですけど、ここでちょっとヤな予感です。

6回表、先頭打者の三浦選手がセンター前ヒットで出塁すると、続く石井選手には変化球でファーストゴロを打たせますけど2塁封殺だけで石井選手はセーフです。
次の小池選手は三振に討ち取りますけど、続く金城選手に外角低めのキビシイところへ投げたチェンジアップをバックスクリーンに運ばれるツーランホームランで逆転されてしまいました。
あの変化球をホームランにされたらしかたないんじゃないかと思います。ここは金城選手のほうが一枚も二枚もうわ手だっただけだと思いますよ。5回の多村選手のソロはとにかくとして、このツーランは井川選手が悪いとは思えません。

7回表、先頭の多村選手のセンターへの打球をギリギリで赤星選手がキャッチできずにスリーベースヒットにされてしまいます。おしい!

次の種田選手は三振に討ち取りますけど、続く村田選手に4球目を左中間に打たれてタイムリーツーベースヒットです。この回も1点を返されてしまいましたね。

結局、きょうの井川選手は7回92球6安打4失点の内容でした。三振は取れてますし死四球もありませんでしたから、全体的には良くはなってきてるとは思いますけど、ちょっと不運なところもありましたがいま一つて感じですね。
福原選手と2人でミニキャンプ張ってフォーム修正に取組むそうですけど、少なくてもこの2人にはパ・リーグのプレーオフ待ちの期間があって良かったかも・・・・。

7回裏に先頭の喜田選手が、ちょうどオイシイところに落ちるセンター前ヒットで出塁すると、二死から井川選手への代打浜中選手が四球を選んで出塁すると、赤星選手はライト前へタイムリーヒットを打って1点返しました。

8回表は2番手ウィリアムス選手が登板しましたけど、打者2人目の小池選手にレフトスタンド飛び込むソロホームランを被弾してしまいました。ウィリアムス選手が打たれるのはホントに久しぶりですよね。ここで、もう井川選手がどうのこうのじゃなくて、ただひたすら横浜打線が絶好調なだけじゃないかと思いましたよ。

9回表には3番手桟原選手が登板しましたけど、この回にも万永選手のタイムリーで1点返されてしまいましたね。

こうなると9回裏には横浜の最速守護神クルーン選手が登板ですけど、ここで阪神は代打攻勢に出ます。
代打シーツ選手は三振でしたけど、代打スペンサー選手は四球出塁で、ここで代走に赤松選手がプロ初出場です。続く桧山選手が三振するといきなりスタートを切ってプロ第一号盗塁を成功させました!

赤松選手、おめでとうございます!

続く代打関本選手はライト前タイムリーヒットで赤松選手が俊足を飛ばして生還です!
「俊足」の部分だけのお披露目でしたけど、赤松選手のプロデビューは強烈でしたね。

♪走れレッドパイン、レッツGo!赤松、チャンス切り開け−
(失礼しました)

結果は負けてしまいましたけど、林選手のプロ大1号ホームランとか赤松選手のプロ第1号盗塁とか若手のアピールの場と考えたら良い試合だったですね。


さあ、あしたはレギュラーシーズン最終戦、しかも舞台は甲子園です!
下柳選手の最多勝がかかった試合ですからベストオーダーでの試合だそうです。もちろんJFKもブルペン待機だそうですから、あしたは有終の美が飾れると良いですね。


あしたこそ(阪神が勝つ)良い一日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(26) | trackbacks(52) |


高校生ドラフト

辻内投手か片山投手を強行指名て予想記事もありましたけど、ドラフト一位指名は近大附属の鶴投手でしたね。ちょっとノーマークだったかも?

鶴投手は、タイプとしてはウチの藤川選手のようなタイプの伸びのあるストレートを持ってる選手だそうですよ。コントロールのほうも新聞によるとかなり良いみたいですね。

ヒジに故障があるとのことですけどまだ高校生ですし、右の投手は余裕ありますからじっくりと鳴尾浜で体力を付けて、若虎のキバを砥いでおいてもらいましょう。
そう言えば、能見選手も肩に故障があるとのことでしたけど、監督が「痛み」と「違和感」を勘違いしてただけのオチでしたものね。故障持ちと言うのがまちがいだったのは今年の活躍を見れば、はっきりしてますよね。

まあ、将来のことを考えたら左投手がほしかったような気もしますけど、そちらは大学・社会人ドラフトに期待しましょう!


他には3位で育英の若竹投手を、4位で樟南の前田内野手を指名して阪神としては無事に高校生ドラフトは終了しました。
若竹投手はMAX147キロの右腕で変化球も得意とのことですし、前田内野手は特に守備の良い選手で、打撃や走塁もかなり良いとの評価がありますね。

今年のドラフトはウェーバー制ですから、阪神はかなり不利な立場だったんですけど、まずまず成功のドラフトになったんじゃないかと思いますよ。

西武の松阪選手や日本ハムのダルビッシュ選手みたいな怪物は例外です。まずはみっちり鳴尾浜で鍛えて、いつか甲子園に立つその日を期待しましょうね。

とりあえず、わたしも来年は雁ノ巣に出かけて3人の応援ができれば・・・て思います。


あしたも良い一日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(27) | trackbacks(42) |


対ヤクルト 22回戦 神宮

神|002 203 000|7
ヤ|000 000 000|0
勝:杉山9勝6敗0S
負:藤井9勝12敗0S
HR:鳥谷ツーラン7号/今岡ソロ29号
神:杉山-桟原-藤川-ウィリアムス-久保田
ヤ:藤井-本間-丸山貴

対ヤクルト最終戦です。きょう勝てば12勝10敗で勝ち越し決定な試合ですね。
ごらんのように阪神タイガースが勝ちました!

きょうのウチの先発は杉山選手で、ヤクルトは藤井選手です。
初回、二死走者無しからシーツ選手がセンター前へのヒットで出塁しますけど、次の金本選手がセンターフライに倒れて簡単にチェンジでした。藤井選手はまずまずの立ち上がりのようですね。
その裏で立ち上がりが課題の杉山選手は、打者を三者凡退してかなり良い立ち上がりです。
2回からも、走者はゆるしても後続をゆるさない粘りのピッチングを続けました。

そろそろ援護のほしい3回表、打者2人目赤星選手の打球は藤井選手の頭の上を通りすぎて城石選手がカバーしますけど、赤星選手の快速で内野安打です。
続く鳥谷選手はカウント1−3からライトへのツーランホームランで2点を先制しました。

4回表には先頭の今岡選手がバックスクリーンへのソロホームランを打って、これで球団タイ記録の146打点達成です!

おめでとうございます、今岡選手!

今岡選手に続くスペンサー選手は四球出塁でしたけど、次の矢野選手はピッチャーゴロで2塁封殺、一死1塁になります。
ここで次の関本選手が引っぱった当りはレフトフェンス直撃の大当たりでした。1塁走者矢野選手は一気にホームへ帰って1点追加のタイムリーヒットになりました。ナイス走塁です、矢野選手!

5回には得点有りませんでしたけど6回表、二死走者無しから関本選手がレフト前ヒットで出塁すると、次の杉山選手も素直にセンター前へはじき返して二死1・2塁になりました。
こう言うとき投手にヒットが出ると得点の予感ですね。期待通りに赤星選手がレフト前タイムリーヒットで1点追加です。

続く鳥谷選手がショート方向へヒットを打って二死満塁のチャンスになったところで、次の藤本選手の打球はサードの後に落ちます。宮本選手が追いつきましたけど、2点タイムリーヒットです。結局この回3点を追加してダメ押しですね。

完封ペースの好投を続ける杉山選手でしたけど、7回からは2番手の桟原選手に交代です。
好投の杉山選手は6回90球3安打無失点の文句の付けようのない好投でしたね。ちょっと調子を落して2ケタ勝利は無理になりましたけど、これで日本シリーズ先発出場へのアピールができたんじゃないでしょうか?

代わった桟原選手も完璧な内容で、打者3人を三者凡退に抑えまちゃいます。日本シリーズへのメンバーではSHEトリオも忘れちゃダメですね。このごろ江草選手が不調なのは気になりますけど。

8回には3番手で藤川選手の登場です。9月29日へのラストスパートでは全力投球でしたけど、中2日空けてきょうも好投です。きょうで80試合登板で、順調に日本記録更新中ですね。
打者2人を簡単に抑えると、代打三木選手の打席ではワンポイントリリーフで4番手ウィリアムス選手登場です。

先発杉山選手が好投して、中継ぎで桟原選手も好投した上にJFKトリオまで投入ですから、きょうのヤクルト打線は仕事になりません(^^

そしていよいよ9回裏は久保田選手の登場です。
宮本選手と岩村選手の連続ヒットもありましたけど余裕の投球でゲームセット、完封リレー終了です。

きょうの試合はメンバーを元に戻して、桟原選手選手やJFKトリオも登場ですから、日本シリーズに向けての調整の日だったのでしょうか?
先発陣にはちょっぴり不安な点がありましたけど、きょうの杉山選手の好投は明るい材料ですよね。

パ・リーグのプレーオフのせいで試合間隔が開いちゃいますけど、好調な選手は調子を維持して忘れ物を取戻してほしいですよね。
あと、いま不調な選手は調整するチャンスですから、何とか本来の調子を取戻しておいてほしいものです。

あしたも良い一日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(100) | trackbacks(54) |


対ヤクルト 21回戦 神宮

神|200 032 003|10
ヤ|000 005 000|5
勝:安藤11勝5敗0S
負:ゴンザレス4勝5敗0S
HR:金本スリーラン39号
神:安藤-能見-橋本
ヤ:ゴンザレス-本間-花田-山部-五十嵐-宇野

かっとばせー!かっとばせー!リン・ウェイツウ(^^;
ごらんのように阪神タイガースが勝ちました!


初回、先頭の赤星選手の足がサードゴロに勝って内野ヒット出塁すると、続く鳥谷はセンターフライで倒れますけど、次の打者はきょうライトでプロ初スタメンの林選手です。

いまの時期、順位が確定したチームは来季を考えて若手主体のオーダーに切り替えますけど、林選手は今季何度か一軍に上がってますから、首脳陣からの期待の大きさも感じられて嬉しくなりますね。

その林選手は初球を空振りしてその間に1塁走者の赤星選手が盗塁成功。5球目をショート方向にはじき返してセンター前ヒットです!
これで一死1・3塁にして、続く金本選手がセンター前ヒットを打ってタイムリーです。1点を先制しました。
次の今岡選手も変化球をライト前に運んでタイムリーヒット、もう1点追加です。これで今岡選手は145打点になって球団記録まであと一つです。

きょうのウチの先発は9月10日以来登板できなかった安藤選手です。奥様のお具合は良くなられたのでしょうか?
その安藤選手は初回のピッチングで打者三人を三者凡退に討ち取ってブランクを感じさせない最高の立ち上がりを見せてくれました。

ゴンザレス選手も初回の2失点から立ち直って、前半の1回裏から4回裏までは投手戦みたいな感じになってしまいましたね。

そして5回表、一死から鳥谷選手の低い打球は左中間を抜いてツーベースヒットになります。
続く林選手は四球を選んで一死1・2塁になりました。そう言えば、今季はここまでも林選手は四球を選ぶシーンが印象に残っていますけど、ボールがちゃんと見えている証拠ですよね。
そして、続く金本選手がここにきて「ドッカーン!」とスリーランホームランで一気に3点追加です。祝勝会あけのきのうも活躍してくれてましたけど、お酒が抜けたらスリーランですね。

あと、得点にはつながりませんでしたけど喜田選手もこの回、センター前ヒットで今季初安打です!

6回表には、先頭の藤本選手はセカンドゴロを打たされますけど、城石選手が捕球に失敗してラッキーなエラー出塁になりました。

続く安藤選手と赤星選手は凡退しましたけど、鳥谷選手のライトへのヒットを真中選手が処理を失敗してスリーベースヒットになってしまいました。記録はライトオーバータイムリースリーベースヒットでしたけど、エラーが付いてもおかしくないような気もしますね、アレは。

鳥谷選手のタイムリーで1点追加になりましたけど、続く林選手もやってくれましたね。
ライト前タイムリーヒットでもう1点追加です。しかもこれが、うれしい今季初打点です!

いいぞ!いいぞ!リン・ウェイツウ!


ところがその裏、ここまで67球5安打無失点と好投してた安藤選手がいきなり崩れてしまいます。
先頭の青木選手はセカンドゴロに討ち取りましたけど、次の宮本選手に甘く入ったフォークをライト方向にはじき返されツーベースヒットをゆるすと、次の岩村選手には高目のストレートをセンター前タイムリーヒットにされて1点を返されてしまいます。

続くラミレス選手にも内角高目のストレートをレフト線に引っぱられてツーベースヒット、リグス選手への投球はユニフォームをかすめて四球出塁で、とうとう一死満塁のピンチになってしまいました。
そして、真中選手には真中高目のストレート、城石選手には内角真中のストレートをそれぞれ打たれて2者連続の2点タイムリーヒットにされる展開になってしまいました。

ここから後続は何とか断ちましたけど、結局この回5点返されてしまいました。安藤選手はこの回まで規定投球回数が足りませんでしたからリリーフを送るワケにも行きませんので、安藤選手自身で何とかするしかないきびしいマウンドになりましたね。

それでも安藤選手は、ヤクルトの猛攻から何とかリードだけは守り切りましたので勝ち投手の権利を守り抜いたカタチになったのは幸いでしたね。
きょうの安藤選手は6回101球10安打5失点の内容でした。ちょっとざんねんですけど、登板間隔も開いてしまいましたし、事情を考えるとしかたないのかもしれません。

7回から2番手は、プロ入りしてから封印してたフォークが復活して勝ち星の戻ってきた能見選手の出番です。
シリーズでリリーフ待機になりそうな、感じですからここでリリーフ用の調整ですね。
その能見選手は7回と8回を、走者は出しますけど粘りのピッチングで得点だけはゆるさない、まずまずの内容でしたね。

9回表には、きょうはライトを林選手にゆずって代打出場の浜中選手が先頭でセンター方向へのヒットで出塁して、続く金本選手もセンター前へツーベースヒットです。
無死2・3塁になって1塁が開いてますから今岡選手は敬遠されてしまって無死満塁となりました。

代打シーツ選手はセンターフライに倒れますけど、次ぎは桧山選手が代打で登場して神宮球場レフトスタンドがヒートアップです。
好調の桧山選手は期待に応えるみたいに1塁線に引っぱって、2点タイムリーでヤクルトを突き放しにかかりました!
しかも、続く藤本選手も8球粘って9球目をセンター前へはじき返してタイムリーヒットです。

結局この回、貴重な3点を取って、これがダメ押しになりましたね。

優勝を決めてJFKトリオがお休みに入ってますから中継ぎや抑えの人選が気になりますけど、きょうは橋本選手が登場です。
その橋本選手は宮本選手にヒット出塁されてしまいますけど、ほかは無事に抑えて無失点で試合終了です。

きょうの試合は未来のタイガースの姿が、ほんのちょっとだけ見える試合でしたね。
もちろん、今のチームは外野も内野もすごく層が厚いですし、中継ぎ投手や捕手も若手の出番はなかなかありませんよね。先発だけはチャンスあるかな?

きょうの目玉は、それはもう林選手の打席です。柳川高校出身だけあって雁ノ巣では喜田選手の次に声援の大きな選手ですよ。
喜田選手と同じで、打撃は良いんですけど守備にはちょっと不安があります。打撃はセンスの部分が大きいでしょうけど、守備は練習しだいだと思いますので、二人ともガンバレ!

こういう数少ないチャンスにアピールしておけば、いますぐの出番はなくてもきっとチャンスはあります。そのためにも鳴尾浜でキバを磨いておいてほしいですね。

あしたも(阪神が勝つ)よい一日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(119) | trackbacks(68) |



SUN MON TUE WED THU FRI SAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< October 2005 >>