わたしを甲子園に連れてって!

阪神甲子園球場へは阪神電車のご利用が便利です(^^




対広島 22回戦 広島

神|000 000 303|6
広|000 002 020|4
勝:藤川7勝1敗1S
S:久保田5勝4敗26S
負:ベイル2勝1敗22S

HR:今岡スリーラン28号
神:杉山-ウィリアムス-藤川-久保田
広:大島-横山-永川-佐竹-ベイル-林

今年もいろんなドラマのあった広島ですけど、ついに対広島最終戦です。
ごらんのように阪神タイガースが勝ちました!

広島の先発は今年唯一の勝ち星を阪神から上げている大島選手ですね。
初回、先頭赤星選手がヒット出塁しますけど、みごとに牽制で刺されてしまい盗塁失敗です。
大島選手の立ち上がりはまずまずですし、やってくれますね。

ウチの先発は、前回ノックアウトされちゃった杉山選手です。
杉山選手は立ち上がりがあまり良くないのが課題ですよね。前回もその立ち上がりを攻められて、2回もたずに炎上してしまいましたし。

きょうの杉山選手は先頭の松本選手を四球で歩かせてしまいますけど、後続はキッチリ抑えます。こちらもまずまずの立ち上がりですね。

試合はお互いランナーを出すものの得点に結びつかない、もどかしい展開が続きます。
投手戦と言うより、拙攻戦と言う感じですね。
3回裏に広島が、6回表にはウチがそれぞれ満塁のチャンスを作りますけど決定打がありませんでした。

試合が動いたのは6回裏、広島が一死満塁のチャンスを作ると森笠選手の2点タイムリーヒットで先制されてしまいました。
二死2・3塁でピンチの続くなか、杉山選手も粘りのピッチングで何とかしのいで最小失点でこの回を乗越えました。結局、森笠選手の2点だけで抑えてしまいます。

6回裏では痛恨の失点でしたけど、阪神はきょうも取られたら取り返します。
7回表、ラッキーセブンの攻撃できのうのヒーロー藤本選手が広島3番手の永川選手の6球目をレフト前に落ちるヒットにして出塁です。
ノーアウトのランナーが出て、杉山選手の打席では代打片岡選手が登場しますけど、ショートフライに討ち取られてしまいます。ちょっとざんねん。

打順は先頭赤星選手にもどって、その赤星選手は四球を選んで出塁して、続く鳥谷選手は4球目の高目のストレートをセンター前にはじき返しました。これで一死満塁のチャンス到来です。
右腕の永川選手相手にこのチャンスですから、ここはいま絶好調の桧山選手が関本選手の打席で代打に送られます。
フォークを打たされた桧山選手の打球はファーストへのゴロとなりますけど、これを新井選手が取りそこねてライト前まで転がってしまいます。この間に2者生還で同点に追いつきました。記録は新井選手の2点タイムリーエラーですけど、好調なときって運も味方ですね。

次は広島出身なのになぜか今年は広島球場と相性が悪い金本選手です。金本選手の打球は打った瞬間、最悪のセカンドゴロ併殺かと思われましたけど2塁で桧山選手が封殺されただけで1塁はセーフとなりました。この間に3塁ランナーの鳥谷選手が生還して逆転です!

杉山選手は6回113球6安打2失点でまずまずの内容でしたけど、前回の炎上のリベンジにはちょっとモノ足りませんでした。ざんねんでしたけど、次ガンバレ杉山選手!

7回裏には代打を送られて降板した杉山選手に変って2番手ウィリアムス選手の登板です。
そのウィリアムス選手は、きょうは一死満塁のピンチを作ってしまいました。
ウィリアムス選手は一死満塁から前田選手を三振に抑えて二死満塁にしましたけど、次の栗原選手が右ですので3番手藤川選手が救援で登板です。

藤川選手の登板数はこれで77試合で、ついにタイガースの球団記録に並びました。しかも日本記録まであと3試合ですね。マジックもまだ残ってますから、ますます藤川選手の出番が増えそうです。

結局この回栗原選手を三振に討ち取ってピンチを切り抜けました。ちょっとヒヤヒヤな7回でした。


ところが8回、その藤川選手が捕まります。
先頭森笠選手にセンター前ヒットをゆるすと、続く倉選手はゴロで討ち取ったかに見えましたけど2塁封殺のみで倉選手はセーフでした。

次の代打野村選手にはツーベースヒットを打たれて一死2・3塁にされてしまいます。
今年限りで引退を表明してる野村謙二郎選手とはこれが阪神としては最後の対戦ですね。最後にしてやられましたけど、ホントにお疲れ様でした。

次の松本選手の打席で藤川選手がまさかの暴投で矢野選手が後逸して、その間に3塁走者倉選手の生還をゆるして1点返されて、しかもボールを拾った藤川選手がホームへ悪送球で2塁走者野村選手の生還までゆるしてしまいます。
これで逆転されてしまって、最近藤川選手の失点も目立ってきたせいでしょうか?重苦しい感じになってしまいました。

そんな重苦しい9回表、先頭の赤星選手は粘ったすえに四球出塁です。
ここで鳥谷選手はキッチリ送りバントを決めて一死2塁。3番に藤川選手が入っていましたので代打の浜中選手が送られて、その浜中選手にはストレートの四球で出塁です。これで一死1・2塁。
続く、きょうノーヒットの金本選手はベイル選手の4球目を思いっきり引っぱりましたけど、ファーストゴロで2塁封殺です。これで二死1・3塁。

次の今岡選手がやってくれました。カウント2ー1から1球ファールにしたあと、かなり高目のストレートを虎党が埋めつくすレフトスタンドへほり込みます!
逆転の大きな大きなスリーランホームランです!


1点ビハインドの9回表、2アウトでカウント2ー1の絶体絶命のピンチからの大きな一発が飛び出しました。
きょうの試合、途中はちょっとグタグタでしたけど、今岡選手会長の気迫の一撃で全て帳消しです。

もうそろそろ、ミスタータイガースを襲名されてはいかがです?今岡選手会長!

こうなると9回裏はJFKトリオの大トリ、久保田選手の出番ですね。
2アウトから栗原選手にはヒットで最後の反撃を試みられますけど、続く森笠選手にサードゴロを打たせて、それを秀太選手が華麗に捌いてゲームセットでした。

久保田選手はこれで26セーブ目です。虎の守護神としてのカンロクが付いてきましたよね(^^

杉山選手はそれなりに好投してましたけど、勝ちにつながらなくてざんねんでしたね。
ちょっと気になったのは、藤川選手の失点です。今岡選手のスリーランできょうも勝ちが付ましたけど、先発や抑えだったらともかく、中継ぎに勝ちが付くのってチーム全体のこと考えるとあんまり手放しでは喜べないんじゃないか、て思ってますので。

まあここまでくると余り細かいことを言うより、チームが勝つことが一番大事です。

きょうも読売が中日に負けてマジックが1個だけ減ってマジック3になりました!
長崎の前には中日を3タテしてくれて、長崎のレフトスタンドから清水選手に「清水ーありがとー!」て声が飛んで清水選手が帽子を振って応えると言う微笑ましい場面もありましたけど、アレはでき過ぎだったのでしょうね。

そのおかげで、27日の移動日に優勝なんて言うマヌケな事態は回避できましたけど、阪神特急が甲子園を通過してしまう事態も考えられます。まあ、それはそれでも良いんですけど。

個人的には29日は用事があるので28日甲子園か30日神宮を希望です(^^;

それはまあそれとして、とりあえず・・・・・・・


あしたも良い一日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(17) | trackbacks(79) |



SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2005 >>