わたしを甲子園に連れてって!

阪神甲子園球場へは阪神電車のご利用が便利です(^^




対読売 20回戦 東京ドーム

神|500 100 100|7
読|000 010 000|1
勝:下柳12勝3敗0S
負:西村2勝2敗0S
HR:今岡満塁26号/桧山ソロ8号/矢野ソロ16号
神:下柳-藤川-ウィリアムス-久保田
読:西村-前田-岡島-酒井- 鴨志田

おとついの長崎と合わせての変則2連戦で東京ドーム最終戦です。

思いだすと一昨年のきょうのこの時間、わたしは本気で泣いていました。
ずっとずっと泣いてました。
そして今年、もう一度あの歓喜の日へむけて虎はふたたび走り出します!

ごらんの通り、阪神タイガースが勝ちました!

読売の先発は昨年でしたか、阪神にボコボコに打たれて防御率がコワイ数字になった西村選手です。
初回、先頭赤星選手がセンター前ヒットで出塁すると、鳥谷選手への初球で盗塁成功です。さいさき良いですよね。
シーツ選手には死球が手に当たってとっても痛そうです。打ちに行ったところですから、これは西村選手も不運だったと思います。シーツ選手は1回裏の守備にはつかずに関本選手と交替になってしまいました。大事なければ良いのですけど。

続く金本選手には四球で、初回から一死満塁のチャンスです。
ここで打点リーグトップの今岡選手がグランドスラムで打点荒稼ぎです。もうドンドン稼いじゃってください!
しかもタイガース70年の歴史で、今岡選手の年間グランドスラム4本は球団新記録です。
これは、あのバックスクリーン3連発より勝利貢献度大だと思います

さらに攻撃は続きます。次の桧山選手はフルカウントで粘った7球目をライトスタンドへほりこむソロホームランで1点追加です。
結局この回、打者1順で計5得点を先制して試合の主導権を握ります。

4回にも鳥谷選手がライトフェンス直撃のヒットで、続く関本選手もライト前ヒットで連続出塁です。
金本選手には四球で、またまた一死満塁のチャンスでしたけれど、今岡選手への死球で1点追加しただけに終っちゃいましたね。

長崎ではご両親もこられてて、先発を希望する声の多かった下柳選手がきょうの先発です。
こう言う、ムードに流されずに決めたローテをきちんと守るところは岡田監督の良いところですね。
きょうの下柳選手は打たせて獲るピッチングで、4回まで三者凡退を繰り返してまいたけど、5回につかまってしまいます。
5回裏、先頭の小久保選手が内野安打で出塁して、次の阿部選手のゴロで小久保選手を2塁封殺しましたけど、阿部選手自身はセーフです。
続く高橋由選手にはゴロで阿部選手を2塁に送られて、仁志選手にセンター前タイムリーを打たれて1点返されてしまいましたけれど、ここからいつもの粘りのピッチングに切りかえたみたいで追加点はゆるしません。

6回裏、簡単に2アウトを取ったあと二岡選手にライト前ヒットを打たれたところで、小久保選手の打席で好投の下柳選手は2番手藤川選手に交替です。

下柳選手は6回2/3・77球4安打1失点でした。あいかわらず安定感は阪神先発陣で一番ですよね。

7回表には、矢野選手がダメ押しの通算1000本安打となる16号ソロホームランをライトスタンドにほうりこみました!

おめでとうございます矢野選手!

藤川選手もあいかわらず絶好調で、6回裏の小久保選手を抑えたあと、7回裏も三者凡退に抑えこんでしまいます。もう芸術と言って良いかも?

8回裏は3番手ウィリアムス選手、9回裏は4番手久保田選手といつものJFKトリオで継投です。走者はだしますけれど、無失点で切り抜けてゲームセットです!

これで、貯金は今期最多の28で優勝マジック12、しかも2リーグ発足以来初めての対読売戦3年連続勝ち越しが決定しました。
ちなみに、読売は70敗目です。

と、書いてたら横浜が勝ちましたので優勝マジックは11ですね。


とうとうここにきて、阪神が優勝へむけて走りだしましたね。
あさってからは甲子園に帰って今年最後の5連戦です。しかも、あの恵みの雨のおかげで、2位中日を最高のチーム状態で迎えることができそうな試合が1個増えてました。
もうこのまま一気に走り切っちゃうしかないしょう!

あしたも良い一日でありますように(^^


追記:
長崎−福岡と応援ツアーやっちゃったせいで、ブログ更新だけで体力尽きちゃってました。
トラックバック返しやコメントなどはのちほどまとめていたしますのでご容赦ください(^^;
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(102) | trackbacks(92) |



SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2005 >>