わたしを甲子園に連れてって!

阪神甲子園球場へは阪神電車のご利用が便利です(^^




対読売 15回戦 東京ドーム

神|500 001 010|7
読|000 200 100|3
神:能見-桟原-ウィリアムス-藤川
読:桑田-前田-ミアディッチ-岡島-條辺-西村
勝:桟原 1勝0敗0S
負:桑田 0勝5敗0S
HR:シーツ ソロ17号/二岡ソロ13号

なんとか連敗脱出です。阪神タイガースが勝ちました(^^

初回、読売先発桑田選手のコントロール大荒れで、4人目の金本選手に押しだし四球で先制点がころがりこんできました。
今岡選手が2点タイムリーを打つと、つづく桧山選手が犠牲フライで1点追加して、これが決勝点です。

不安定なんて言葉ではたりない状態の桑田選手は、とうとう矢野選手に頭部死球を投げてしまって危険球退場です(-_-#

頭部死球を受けた矢野選手はなんでもないような感じで1塁へ歩きましたのでホッとしました。大事なくてよかったです。
野口選手が鳴尾浜に行っているとのことですから、もしものことがあったら大変ですよね。

初回はさらに藤本選手にもタイムリーが出て、けっきょく5点先制と言うことになっちゃいました。

ウチの先発は能見選手でしたけど、絶対負けられない試合にひさしぶりの先発と言うことで固くなったのでしょうか?読売先頭の清水選手を四球で歩かせたりして、内野陣の守備にも助けられたりして、しのぐ感じのピッチングが続きます。
2ヶ月ぶりくらいの先発ですからしかたないのかもしれませんよね。

4回裏、清水選手の2点タイムリーのあと、二死1・3塁でバッター矢野選手の場面で岡田監督が動いて、2番手桟原選手の登板となってしまいました。

能見選手にはもう1回チャンスはあると思いますから、つぎでガンバってほしいですね。

かわった桟原選手は、この回からテンポのいいピッチングを見せてロングリリーフとなりました。
きのうまでで江草選手やJFKの3人がかなり投げてますから桟原選手にガンバってもらわないといけないシーンでしたけど、見事に期待にこたえてましたよね。
7回で二岡選手にソロホームランを打たれるまで、ほとんどカンペキなピッチングはお見事でした。

ソロホームランを打たれてしまったのはざんねんでしたけど、桟原選手はものスゴくアピールできたんじゃないでしょうか?
このごろ敗戦処理の担当が多い桟原選手ですけど、もっとこう言う勝ち試合でも使ってもらえることが多くなるといいですね。

このソロ一発が最後の反撃で、8回にウィリアムス選手、9回に藤川選手でピシャリ抑えて快勝です。
両投手とも登板数が増えてましたけど、きょうは絶対負けられない試合でしょうからナットクの登板です。

きょうは太陽選手が鳴尾浜から上がってきてブルペンで調整してたせいか、久保コーチがブルペンとマウンドを行ったり来たりで大いそがしの日だったそうです。
早く太陽選手を見たいってのもありますし、能見選手にもチャンスをつかんでほしいですし・・・・ちょっとゼイタクな悩みでしょうか?
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(22) | trackbacks(53) |



SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2005 >>