わたしを甲子園に連れてって!

阪神甲子園球場へは阪神電車のご利用が便利です(^^




対中日 13回戦 ナゴヤドーム

神|212 020 000|7
中|001 090 01x|11
勝:鈴木3勝1敗0S
S:山井1勝5敗1S
敗:井川10勝5敗0S
HR:シーツ ツーラン15号/ソロ16号/アレックス スリーラン14号/T・ウッズ ソロ27号
神:井川-橋本-江草-桟原
中:山本昌-鈴木-山井

ひどい試合でした。ちょっと言葉が出ません。
たった一つのプレーから試合が壊れて流れが全部逆になってしまうのが野球の怖さですね。

さいしょは天敵山本昌選手の立ちあがりが悪かったのもあるかもしれませんけど、順調に得点を重ねて行きました。
一方の井川選手は初回からていねいに低めをついたピッチングで、3回に井端選手のタイムリーで1失点したほかはカンペキと言ってもいいくらいでした。

ところが、大量リードで気を抜いたのでしょうか?それとも魔がさしたのでしょうか?
6点リードした5回裏。1アウトから荒木選手がツーベースヒットで出塁したあとの井端選手のゴロを井川選手が3塁へ送球したところから荒木選手は2塁へ戻って、それを見た今岡選手が2塁へ送球してもまにあわずにフィールダースチョイスになってしまいました。
これで1死1・2塁になっしまったうえ、つぎの立浪選手のゴロの処理でベースカバーに入った井川選手がトスを捕りそこねての失点で流れが完全に中日に行ってしまいました。

そのあとはもう野球の神様にソッポむかれてしまったとしか思えないシーンの連続で、1イニング9失点の悪夢です。
しかも40分くらいこのイニングにかかってしまったせいでしょうけど、野手の集中が完全にキレちゃいました。

野手陣が6回からあとはボロボロでしたけど、これはもう責める気になれません。5回の悲劇が全てな試合だったと思いますので。

そんなヒドイ試合でしたけど、3番手で登板した江草選手の投球と、9回に代打で登場して先頭打者ヒットライナーを打った片岡選手にはちょっとだけ明るい材料かもしれません。
あんなヒドイ試合なのに集中がキレてなくて自分の仕事をキッチリできてるってことですし。

それと、山本昌選手をノックアウトしたと言うのも大きな収穫ではありましたね。

あしたの先発はやっぱり福原選手でしょう。
とうとう0.5差までせまられているところに、ここのところ勝ち運から見放され続けている福原選手の登板ですけど、今まで野手の皆さんが足をひっぱってきた分の借りをここで返さないでどうします!
悪い流れは切りかえてたちきってしまえば済むことです。
それに、先発3番手にはフォーム改造でノっている安藤選手だって出番を待ってますから、まだまだ先はわかりませんよ。
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(24) | trackbacks(52) |



SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2005 >>