わたしを甲子園に連れてって!

阪神甲子園球場へは阪神電車のご利用が便利です(^^




対ロッテ 2回戦 千葉マリン

神|000 000 000|0
ロ|110 005 03x|10
勝:渡辺俊1勝0敗0S
負:安藤0勝1敗0S
HR:サブロー ツーラン1号/フランコ ソロ1号/イ・スンヨプ ツーラン2号
神:安藤-江草
ロ:渡辺俊

まあ、何と言いましょうか・・・・・・・・
阪神タイガースが負けました。

きょうのウチの先発は安藤選手で、ロッテ先発は渡辺選手でした。
1回裏に1死3塁からサブロー選手の打球処理で1塁への悪送球で今岡選手のタイムリーエラーになってしまって1点を先制されてしまうと、2回裏には無死1・3塁からロッテ橋本選手を6−4−3のダブルプレーに討ち取りますけど、その間に3塁走者が生還して1点を追加されてしまいました。

その後安藤選手は3・4・5回を連続で三者凡退に抑えて味方の反撃を待ちます。
6回表に1死から赤星選手がセンター前ヒットで出塁して、続く鳥谷選手の打席で盗塁を決めます。
鳥谷選手はレフト前ヒットで1死1・3塁のチャンスを作ってくれましたけど、次のシーツ選手が併殺打でチャンスをつぶしてしまいました。

これで安藤選手は力尽きたのでしょうか?その裏でサブロー選手にツーランホームランを、フランコ選手にソロホームランを打たれて3失点してしまい2番手の江草選手に交代してしまいました。
きょうの安藤選手は前の回までの投球内容は良かったですし、1・2回の2失点も不運な内容でしたからかなり期待してたのですけど、ここで力尽きちゃった感じです。

結局、5回1/3、86球7安打5失点とさんざんな結果になってしまってざんねんです。

2番手の江草選手も、立ち上がりいきなりイ選手にツーランをあびてしまい2失点しちゃいます。
7回は無失点で抑えましたけど、8回にはワイルドピッチや連打でダメ押しの3失点で2夜連続の大敗です。江草選手は敗戦処理の緊急登板ですけど、今後が不安になる内容ですね。

ロッテ渡辺選手は最近のセ・リーグにいないタイプの投手ですから苦戦は予想してましたけど、試合カンがまだ戻ってないのもあるのでしょうけど、打線はかなりヒドイ状態ですね。
シリーズ前に3週間のブランクを心配してましたけど、不安的中してしまいました。
こんな予想、当たっても嬉しくないですよ。ホントに。

とにかく2連敗やっちゃったモノはしかたないですけど、とのかく甲子園に帰って仕切り直しですよ。
ここまでで悪いところは全部出ちゃったと信じて、甲子園での巻き返しを期待するしかありませんよね。

わたしは甲子園のチケット全部ハズレちゃいましたから応援に行けませんけど、地元での応援会でせいいっぱい応援するつもりです。
幸運にも甲子園に行かれるかたがコレを読んでいらっしゃいましたら、わたしの分まで応援よろしくお願いしますね。


追記:
まるで阪神の不調を予感させるみたいにパソコンの調子がおかしくなっちゃいました。きのうの試合の分の記事も書いてましたけど、更新前に全部飛んじゃいました(T.T
試合結果がアレでしたからもう一度書く気力が・・・・
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(59) | trackbacks(50) |


日本シリーズへむけて

ひさしぶりの更新になっちゃいました(^^;

やっと日本シリーズの対戦相手が決まりましたね。
ソフトバンクを相手に2003年のリベンジを!て希望は叶いませんでしたけど、ロッテも交流戦1位のチームですからシーズン2位と言っても相手にとって不足はありません。

プレーオフであれだけの試合をこなしてきたチームと、試合から3週間近く遠ざかってたチームとの対戦ですから不安はかなり大きいですけど、ここは阪神タイガースを信じて応援して行きたいですよね。

先発投手陣の状態は教育リーグのニュースを読むと福原選手の状態が不安ですけど井川選手や安藤選手は調子を上げてきてるそうですし、寝違えが心配な下柳選手も新聞を見る限りだいじょうぶそうですね。
それに、杉山選手が絶好調だそうですからたのもしい限りですよね。

中継ぎ投手陣のほうはウィリアムス選手の発案で決起集会をしたそうです。
ウィリアムス選手は今の中継ぎ陣で唯一人日本シリーズの経験がありますから、ここはJFKトリオとSHEトリオを強力に引っぱって行ってほしいものですね。
2003年シリーズの甲子園でウィリアムス選手が受けていた「あと一人」コールは忘れられませんもの。

野手陣のほうは実戦から離れすぎたせいか、あまり調子が良くないようなことが新聞に書いてありました。
実戦形式の練習の対戦相手がウチの中継ぎ陣なのですから、そう簡単には打たれませんでしょうしあんまり打ってもらっても困りますけど、ここがちょっと不安材料ですね。とりあえず続報に注目です。
今言ってもしかたないですけど、プレーオフ期間に合わせてセ・リーグの開幕を遅らせることができてたらもう少し違ったんでしょうけどね。

あと、ウチのSHEトリオやJFKトリオと真剣勝負で対戦してたら、かえって調子が落ちちゃうんじゃないかな?との余計な心配も気になり始めちゃいました(^^;


ところで、わたしのところではプレーオフは全試合テレビでやってましたけど、全試合とも手に汗握る好ゲームでしたね。第4戦と第5戦は全国中継あったみたいですけど、こんなオモシロイ試合を観られないなんて、プロ野球ファンとして大損じゃないかと思いますよ。

最終戦の視聴率も最大28.5%だったそうで今季第2位の視聴率だそうですから、試合さえおもしろければ全国中継でもチームは関係ないて証拠ですよね。


あしたが良い一日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(22) | trackbacks(38) |


最多勝(タイ)決定!

【広島−横浜 22回戦 広島】

横|110 010 010|4
広|011 000 000|2

勝:三浦 12勝9敗0S
敗:黒田 15勝12敗0S
HR:緒方 ソロ21号/倉 ソロ4号
横:三浦
広:黒田

広島市民球場での最終戦です。
横浜が勝って4位ヤクルトに1.5ゲーム差となりましたので、14日の神宮でのヤクルト−横浜戦の結果を待たずに横浜のAクラスが確定しましたね。

きょうの広島は、エース黒田選手の単独最多勝がかかっていましたし、横浜はあと一つ勝てばAクラス確定でしたから、両チームともにベストメンバーでの激突になりましたね。
広島は2回の緒方選手と3回の倉選手のソロホームラン1本づつが得点の全てで、一方の横浜はつなぎの野球でコツコツ点を取っての勝利でした。三浦選手も好投したみたいで、自己最多タイの12勝です。

これで広島の黒田選手は15勝12敗で今季終了しましたから、ウチの下柳選手の最多勝タイが決定しました!

下柳選手は最高齢36歳での最多勝、しかも規定投球回数未満て言う、前代未聞の記録を達成ですね。

おめでとうございます!下柳選手!
この調子で日本シリーズもイワしちゃってください!



【ソフトバンク−ロッテ 1回戦 ヤフードーム】

ロ|000 100 120|4
ソ|010 000 100|2

勝:藤田 1勝0敗0S
敗:杉内 0勝1敗0S
S:小林雅 0勝0敗1S
HR:カブレラ ソロ1号/里崎 ソロ1号
ロ:セラフィニ-小野-藤田-薮田-小林雅
ソ:杉内-吉武-三瀬-高橋秀

プレーオフの第1回戦はロッテが先勝です。ソフトバンクは杉内を出して来てコレだと、ちょっとマズいんじゃないでしょうか?
それと投手陣はあきらかにロッテの方が勝っていると思いました。とくに層の厚さはウチにとっても脅威ですね。
西武に勝ってきた勢いもあるのかもしれませんけど、主砲の松中選手とズレータ選手が4タコですから、大砲への対策もしっかりできてきてるみたいですね。



あしたが良い一日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(91) | trackbacks(40) |


きょうのプロ野球(2005/10/9)

甲子園で阪神タイガースが日本一奪回へ向けていよいよ始動しましたね。
先発陣はあしたから教育リーグだそうですし、赤星選手、藤本選手、鳥谷選手たちも教育リーグに参加するそうで、いよいよ決戦て感じになってきましたね。相手がまだ決まってませんけど。
パ・リーグのプレーオフのせいで試合間隔が開くのは不安ですけど、2003年の時よりチームの状態は確実に良いですから期待させてもらいましょう!


【横浜−ヤクルト 20回戦 横浜】
ヤ|000 000 300 000|3
横|030 000 000 000|3
ヤ:藤井-五十嵐-石井-吉川-本間
横:吉見-加藤-川村-木塚-クルーン

とっても熱いセ・リーグAクラス争いが続いてますけど、きょうは延長12回引分けのスゴイ試合だったみたいですね。
この引分けで、このカードでの横浜の勝ち越し決定しました。Aクラス争いは横浜が1歩リードて感じでしょうか?

あと、ヤクルト青木選手が2本ヒットを打って、年間200本安打に王手をかけましたね。
パ・リーグにはイチロー選手の記録がありますけど、セ・リーグにも200本安打の選手が出てきてくれてセ・リーグファンとしてはうれしいかぎりです。
できることなら、来年はウチの選手が抜いてくれるともっとうれしいんですけど(^^;

きょうの試合も投手陣だけを見ても総力戦て感じで、まだまだ消化試合じゃありません。この時期にこれだけの投手戦が見られたなんて横浜ファンとヤクルトファンがちょっとだけうらやましいかも?

でも、今年はパ・リーグのプレーオフのカゲにかくれちゃった感じでもったいないような気もしますよね。

昨年はウチと読売の消化試合で甲子園での八木選手の引退試合があって、プレーオフには空席が多かったのに甲子園は満席なんてこともありましたけど、今年はまだ消化試合じゃないのにパ・リーグの思惑のほうが勝った感じです。


【ロッテ−西武 2回戦 千葉マリン】
西|000 000 010|1
ロ|100 002 00X|3
勝:小林宏 1勝0敗0S
S:小林雅 0勝0敗2S
敗:西口 0勝1敗0S
HR:中村 ソロ 1号
西:西口-星野-山岸-森
ロ:小林宏-藤田-小林雅

その、パ・リーグのプレーオフ第1ステージは予想通りと言うかシーズン中の成績通りと言うかロッテが勝利して、12日からは第2ステージでソフトバンクと対戦することになりました。
やっぱり西武は攻撃力不足が敗因になったみたいですね。それと、ロッテの投手陣もあなどれません。
もしもロッテが出てきたらどうやって前半で点を取っておくかがポイントになりそうです。

わたしとしては、読売よりコワイソフトバンク打線とウチの投手陣が戦って2003年のリベンジを果たすのを観たかったのですけど、ロッテとの息が詰まるような(タコ焼きみたいな)投手戦も見てみたい気がちょっとしてきました。


あしたが良い一日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(31) | trackbacks(34) |


色々と・・・・

きょうのプロ野球の試合は3試合です。3試合とも、ちょっと気になる試合でしたね。

【ファーム選手権 スカイマーク】
神|100 220 000|5
ロ|020 002 30x|7
勝:成瀬
S:川井
負:前川
HR:大松 ツーラン1号/喜田 ソロ1号/林 ソロ1号

2軍日本一を決めるファーム選手権ですが・・・・
ざんねん、阪神タイガースが負けました。

4回に赤松選手が2点タイムリーを打って、5回には喜田選手と林選手にそれぞれソロホームランが飛び出して、日本シリーズ出場と来年の1軍定着への良いアピールになりましたけど、7回に前川選手が四球や暴投で自滅して逆転負けです。
今季のウェスタンリーグでそこそこ良い成績を残してたのに、1軍首脳も観戦してた大事な試合でコレですから・・・・。
やはり、前川選手は注目されると弱い、て言うのはホントだったみたいです。

あと、金沢選手はリリーフで結果を出したみたいですね。故障で今年一年を棒に振った金沢選手ですけど、来年の復活を期待したいですよね。


【横浜−ヤクルト 19回戦 横浜】
ヤ|000 010 000|1
横|030 113 00x|8
勝:土肥 10勝10敗
負:ゴンザレス 4勝6敗
HR:城石 ソロ2号/村田 スリーラン24号
ヤ:ゴンザレス-佐藤賢-三沢
横:土肥-木塚-岸本-クルーン

セ・リーグのAクラス争いの直接対決、1戦目は横浜が圧勝です。ゴンザレス選手の不調もあったみたいですけど、やはり横浜打線はあなどれませんね。

あと、今年何かと話題になった大魔神、佐々木選手の引退セレモニーもきょうの試合終了後におこなったそうです。
ウチもさんざんやられてきた選手ですけど、ちょっとさみしい話ではありますね。
今年だけはお世話になりましたけど(^^;


【ロッテ−西武 1回戦 千葉マリン】
西|100 000 000|1
ロ|000 010 01x|2
勝:薮田 1勝
S:小林雅 1S
負:三井 1敗
HR:栗山 ソロ1号
西:松坂-三井-正津
ロ:渡辺俊-薮田-小林雅

パ・リーグのプレーオフ第一ステージ第1戦はロッテが取りました。
初戦から松阪選手対渡辺選手のスゴイ投げ合いでしたけど、西武はカブレラ選手がいない分、決定力不足なのかもしれませんね。やはりケガはコワイです。
あと、後の投手の差も大きかった試合ですね。そういう意味では、日本シリーズで当たるとしたらロッテが1番テゴワイかも?

これで、ロッテはあした勝つか引分けで第2ステージ進出です。


あしたが良い一日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(27) | trackbacks(56) |


公式戦が終って

きのうの対横浜戦を鳥谷選手本人もビックリの劇的なサヨナラで終って、今年の公式戦が全て終りました。
もちろんセ・リーグの公式戦は終ってませんから、シーズン終了と言うのは早いですし、横浜とヤクルトのAクラス争いはハタから見ていても興味ありますけど、希望としては久しぶりの横浜がAクラスに入ると良いかな?くらいの感じです。

ちょっと気持ちがゆるんじゃったかな?


とにかく阪神ファンとしては、今シーズン優勝て言う最高の結果で終ってなによりでした。
今年の公式戦の成績は「87勝54敗5分 勝率 .617」て言う、球団タイ記録の好成績ですね。

【対中日 11勝11敗】
9月7日の5時間1分の死闘までウチとデッドヒートをくりひろげた中日には負け越しこそしませんでしたけど、対戦成績引分けで完全優勝を阻止されちゃいましたね。やっぱり中日は強いです。
2003年のときは負け越してますし、鬼門のナゴヤドームでは勝ち越しでますから一歩前進ですけど、中日攻略は宿題になっちゃいましたね。

【対ヤクルト 12勝10敗】
もう一つの鬼門神宮のヤクルトですけど、優勝直後にカードが組まれてましたから勝ち越しアブナイかも?て思ってましたけど、阪神の未来を背負う若虎たちの活躍で勝ち越しを決めたのはうれしい限りです。若松監督が勇退して来年は古田選手が選手兼監督になるとのことですけど、プレイングマネージャーなんていつ以来なんでしょう?そう言う面では興味津々ですね。

【対横浜 13勝6敗3分】
セ・リーグで唯一引分け試合のあった横浜は昨年よりさらに手強くなった感じです。この引分けのおかげでプレーオフをどれだけ心配させられたことか・・・。
もう横浜銀行なんて呼べませんよね。

【対読売 14勝8敗】
宿敵読売に3年連続勝ち越しを決めましたけど、総対戦成績で見るとまだまだ借金です。
読売は今年の大敗で膿を出しきれるかな?もしそうなったら来年はちょっとコワイ相手になるかもしれませんね。原新監督は元々若手重視な人ですし、今年の後半だけ見てると若手野手には結構良い選手がいるのを見せつけられましたね。いままで何で出てこなかったんだろう?て感じです。外から見てるだけでも理由ははっきりしてますけど(^^;
あとは投手陣でしょうか?とくに後が整備されたらやっぱり脅威ですよね。

【対広島 16勝6敗】
広島は・・・・山本監督おつかれさまでした。
対戦勝率で見るとそうでもないんですけど、印象で言うと、今年は何度も苦戦させられたようなイメージがありますね。
広島は外国人のスカウトがじょうずなのもありますから油断してると足元すくわれかねません。阪神も少しは見習ってほしいものですね。

今年初めて実施された交流戦ですけど、これが阪神への追い風の一つになったのはみなさんも賛成していただけるんじゃないでしょうか?

【対ソフトバンク 2勝4敗】
福岡ドームへは3戦とも観に行ってました。1戦目は試合前半の大量失点で負けちゃいましたけど、後半は出てくる投手を片っ端から打ち崩してしまって、しかもソフトバンクはエラー連発してましたからソフトバンクファンの友達が「勝ったような気がしない」と嘆いてました。
それに、パ・リーグでは一番人気のソフトバンクですから、福岡ドームの半分を阪神ファンに埋められたのはかなりショックだったそうです。
わたしが良く観に行く日本ハム戦なんか、甲子園のヤクルト応援団より悲惨ですものね。

2戦目は下柳選手が先発で福岡ドームでの連敗を止めてリーグ首位タイ、3戦目も勝ってリーグ首位に立った試合になりました。
しかし甲子園では3タテされてしまって、逆に打線のスゴみを見せつけられた試合になったのはざんねんでしたね。もう甲子園慣れしちゃったのかな?

とにかく、ソフトバンクを倒して2003年の忘れ物を取戻すのは阪神ファンとしての夢ですよね。そのためにもプレーオフガンバってもらわないと・・・・。

【対ロッテ 2勝3敗1分】
とにかくコワイ投手陣のチームですね。とくに下柳選手と渡辺選手の投げあいは交流戦で一番印象深い試合になりました。シリーズでも今のセ・リーグには渡辺選手みたいなサブマリンの投手はいませんから苦戦必至のチームです。
あの試合も下柳選手の気迫のピッチングがなかったら落してたかもしれませんね。

もしもロッテが出てきたら3軍コーチの伊藤さんに特訓してもらうしかないかな(^^;

【対オリックス 4勝1敗1分】
同じ関西のオリックスは阪神が相手だとやりにくかったでしょうね。グリーンスタジアム神戸や大阪ドームは甲子園のおとなりさんみたいなものですから、甲子園化されるのは目にみえてましたし。

【対西武 4勝2敗】
西武はソフトバンクやロッテ以上に投打のバランスの良いチームて印象です。交流戦前にはかなり危ぶまれてましたし、西口選手には苦戦させられましたけど、とにかく松坂選手を打ち崩せたのが勝ち越しできたのには大きいですね。
日本シリーズにも出てくる可能性がありますけど、西武ほどプレーオフに問題を投げかけてくる球団はありませんね。負けないと優勝の可能性が消える試合なんて前代未聞でした。

【対日本ハム 4勝2敗】
やっぱり甲子園に新庄選手が出てくると盛り上がりますね(^^
日本ハムは、わたしの住んでる土地の関係で、実は阪神より試合を観に行ってる球団ですよ。
今年の交流戦は(長〜い)打線の不調の時期と重なってて豪快な野球が観られなかったのはざんねんでした。
ここも投手陣、とくに後投手陣の戦力が整備されたらスグに上を目指せる球団だと思うのですが・・・。

【対楽天 5勝1敗】
新楽天はシーズン前からウワサされてた100敗だけは何とかまぬがれましたけど、やはり新設の球団、しかもオリックスに主力をほとんど持って行かれた状態ですからキビしいシーズンになっちゃいましたね。
ただ、交流戦とその後の公式戦の頃は好調で、ナゴヤドームで中日を3タテしてくれたのは今年の阪神への最大のバックアップになってくれたと思います。


そんなこんなで阪神タイガースは2005年の公式戦も無事終了して、次ぎは日本シリーズです。
パ・リーグのプレーオフのせいで試合間隔が大きく開くのは不安材料ですけど、2003年より確実に強いチームでシリーズに挑むワケですから期待は大きいですね。
まだドコのチームが来るかはわかりませんけど、名勝負と言われた2003年を越えるシリーズを見せてほしいものです。個人的にはソフトバンクを希望しますけど。


そして・・・もちろん目指すは日本一奪還です!


あしたも良い一日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(29) | trackbacks(35) |


対横浜 22回戦 甲子園

横浜|000 200 000 0 |2
阪神|000 101 000 1x|3
勝:下柳15勝3敗0S
負:加藤4勝6敗0S
HR:鳥谷ソロ8号/ソロ9号
横浜:門倉-加藤
阪神:下柳

まさか今季最終戦まで来てこんな熱戦が見られるなんて・・・・
感動をありがとう!阪神タイガースが勝ちました!

きょう、雨の甲子園でのレギュラーシーズン最終戦の先発は、最多勝のかかった下柳選手です。
初回から走者は出しても得点をゆるさない下柳選手らしい、ていねいなピッチングが続きます。
一方の横浜先発の門倉選手も下柳選手と良い勝負です。きょうの阪神スタメンは今季のベストオーダーですけど、こちらもなかなか得点を上げられない展開が続きます。

お互いに一歩もゆずらない投手戦になってきましたけど、4回表に横浜先頭の小池選手にきょう初めての四球を投げてしまいました。先頭打者への四球は失点の元ですから不安になったんですけど、やはり的中しちゃいました。

次の金城選手はフライに討ち取りましたけど、続く佐伯選手に初球真中低目のストレートをセンター前ヒットにされて、さらに次の多村選手を四球出塁させてしまって一死満塁のピンチになってしまいました。
ここで、続く種田選手と村田選手に連続でタイムリーヒットを打たれてしまって、この回2点を先制されてしまいました。

もちろん取られたら取り返さなくちゃいけません。4回裏、先頭のシーツ選手がツーベースヒットで出塁すると、代走に関本選手が送られます。
次の金本選手はファーストゴロに倒れますけど、その間に関本選手は3塁に走って反撃のチャンスを作りました。

そして、今岡選手の打球はセカンドを越えてライト前タイムリーヒットです。
1点返して、しかも今岡選手はこれで147打点になって、初代ミスタータイガース藤村さんの球団記録を更新です!

おめでとうございます!今岡選手会長!
ミスタータイガースに、また一歩近づきましたね(^^

きょうの門倉選手はストレートも変化球もキレがあって中々打たせてもらえませんでしたけど、やっと捉えることができましたね。

6回裏には、先頭の鳥谷選手が甘く入ってきたフォークをセンターバックスクリーンに叩き込む同点ソロホームランで、試合を振り出しにもどしました。


今年は普通の試合だったら、このくらいからJFKかSHEの誰かを投入するところでしょうけど、きょうだけは下柳選手の最多勝がかかってますから、下柳選手続投です。

下柳選手としては7回はともかく、今季2度目の8回、そして今季初の9回を無失点で投げ続けますけど、打線が門倉選手を打ち崩せずに援護も鳥谷選手の同点弾でストップしてしまいます。
ついに9回まで投げ切って9回裏のサヨナラに期待でしたけど、球数がふえてきてた門倉選手は8回で降板して9回からは2番手の加藤選手に交代して、9回裏はあっさり三者凡退で延長戦に入ってしまいました。

ここまで来たら意地でしょう。気迫のピッチングで10回表も無失点で抑える姿に感動しちゃいました。
その裏、先頭の赤星選手がサードゴロに倒れて一死走者無から次の鳥谷選手がフルカウントの6球目、外角高目144キロのストレートをセンター方向に打ち返してバックスクリーン左に飛び込む、きょう2本目のソロホームランでサヨナラです。

重苦しい投手戦が続いていたところへの劇的な一発でしたね。甲子園が一瞬静まりかえって、それから大爆発のような歓声が響き渡りましたね!

意地で勝利投手をもぎ取った下柳選手は10回148球8安打2失点の完投勝利です。いつもだったら、ほとんど2試合分の投球内容ですよね、お疲れ様でした!

きょうはブルペン待機のJFKのK、久保田選手は球団最多セーブ記録達成ならず、でしたけど、まだ若いんだから来年ガンバレ!

そして最終戦のセレモニー。今岡選手会長の2年前の忘れ物を取り返す決意を感じるスピーチで今年のレギュラーシーズンの有終の美を飾りましたね。すんごく短いスピーチで、後ろの選手達も「ズルッ!」とすべってて笑ってしまいましたけど、これも今岡選手らしくて、かえって良かったと思いますよ。

そしてもう一つ、いよいよ下柳選手の最多勝見えてきました!
今年の阪神で一番不安材料だった先発陣の中で、安定感バツグンでガンバってきた下柳選手には絶対タイトルを取ってほしいですよね。
まだ広島が試合を残してますから単独最多勝になるかどうかはわかりませんけど、可能性はかなり高くなったんじゃないでしょうか?


まだまだセ・リーグの試合は残ってますけど、阪神タイガースはひとまずフィナーレです。
もちろん、これから日本シリーズやアジアシリーズが待ってますけど・・・・来年も良い年でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(102) | trackbacks(89) |


対横浜 21回戦 甲子園

横|000 012 111|6
神|000 200 101|4
勝:三浦11勝9敗0S
S:クルーン3勝2敗26S
負:井川13勝9敗0S
HR:林ソロ1号/金本ソロ40号/多村ソロ30号/金城ツーラン12号/小池ソロ19号
横:三浦-木塚-川村-クルーン
神:井川-ウィリアムス-桟原

甲子園に帰ってきて、いよいよ今年のレギュラーシーズン最後のカードですが・・・・
ざんねん、阪神タイガースが負けました。

きょうのスタメンは、またまた林選手と喜田選手が入ってますね。来年の鳴尾浜脱出が有力になってきたのかな?
あと、俊足好打しかも好守の赤松選手までベンチに入ってますね。結構広い雁ノ巣球場で初回先頭打者ホームランを打つのも見た事ありますけど、良い選手ですものね。ここまでベンチ入りが無かったのが不思議なくらいの選手です。

きょうのウチの先発は井川選手で、スタメンマスクは野口選手です。3回にヒットで走者をだしてしまいますけど1回から4回までは、ほとんど完璧な内容の投球でした。

一方、横浜の先発は久しぶりの対戦になる、阪神キラーの三浦選手です。対戦間隔がこんなに空いてしまったのは、横浜が9月に入ってAクラス狙いにシフトしたからだそうですね。

その三浦選手も相変わらずイヤらしいくらいの立ち上がりで得点できませんでしたけど、4回裏に一死から林選手が2球目のゆるいカーブをジャストミートしてライトスタンドに飛び込む1号、しかもプロ初のソロホームランが飛び出しました!
1軍で試合に出てればすぐ打つとは思ってましたけど、まさか初ホームランが阪神キラーの三浦選手からなんて想像もしてませんでした!

林選手・・・リンちゃん!オメデトウ!

興奮もさめないまま次の金本選手の打席ですけど、こちらも若手外野手には負けてられません。なんと2者連続のソロホームランをバックスクリーン左に叩き込みます。金本選手はこれでホームランが40本の大台に到達です。

金本選手も、おめでとうございます!

ところが次の5回表、先頭の多村選手にバックスクリーン右に持って行かれてソロホームランで1点返されてしまいました。点を取った次の回が大事なんですけど、ここでちょっとヤな予感です。

6回表、先頭打者の三浦選手がセンター前ヒットで出塁すると、続く石井選手には変化球でファーストゴロを打たせますけど2塁封殺だけで石井選手はセーフです。
次の小池選手は三振に討ち取りますけど、続く金城選手に外角低めのキビシイところへ投げたチェンジアップをバックスクリーンに運ばれるツーランホームランで逆転されてしまいました。
あの変化球をホームランにされたらしかたないんじゃないかと思います。ここは金城選手のほうが一枚も二枚もうわ手だっただけだと思いますよ。5回の多村選手のソロはとにかくとして、このツーランは井川選手が悪いとは思えません。

7回表、先頭の多村選手のセンターへの打球をギリギリで赤星選手がキャッチできずにスリーベースヒットにされてしまいます。おしい!

次の種田選手は三振に討ち取りますけど、続く村田選手に4球目を左中間に打たれてタイムリーツーベースヒットです。この回も1点を返されてしまいましたね。

結局、きょうの井川選手は7回92球6安打4失点の内容でした。三振は取れてますし死四球もありませんでしたから、全体的には良くはなってきてるとは思いますけど、ちょっと不運なところもありましたがいま一つて感じですね。
福原選手と2人でミニキャンプ張ってフォーム修正に取組むそうですけど、少なくてもこの2人にはパ・リーグのプレーオフ待ちの期間があって良かったかも・・・・。

7回裏に先頭の喜田選手が、ちょうどオイシイところに落ちるセンター前ヒットで出塁すると、二死から井川選手への代打浜中選手が四球を選んで出塁すると、赤星選手はライト前へタイムリーヒットを打って1点返しました。

8回表は2番手ウィリアムス選手が登板しましたけど、打者2人目の小池選手にレフトスタンド飛び込むソロホームランを被弾してしまいました。ウィリアムス選手が打たれるのはホントに久しぶりですよね。ここで、もう井川選手がどうのこうのじゃなくて、ただひたすら横浜打線が絶好調なだけじゃないかと思いましたよ。

9回表には3番手桟原選手が登板しましたけど、この回にも万永選手のタイムリーで1点返されてしまいましたね。

こうなると9回裏には横浜の最速守護神クルーン選手が登板ですけど、ここで阪神は代打攻勢に出ます。
代打シーツ選手は三振でしたけど、代打スペンサー選手は四球出塁で、ここで代走に赤松選手がプロ初出場です。続く桧山選手が三振するといきなりスタートを切ってプロ第一号盗塁を成功させました!

赤松選手、おめでとうございます!

続く代打関本選手はライト前タイムリーヒットで赤松選手が俊足を飛ばして生還です!
「俊足」の部分だけのお披露目でしたけど、赤松選手のプロデビューは強烈でしたね。

♪走れレッドパイン、レッツGo!赤松、チャンス切り開け−
(失礼しました)

結果は負けてしまいましたけど、林選手のプロ大1号ホームランとか赤松選手のプロ第1号盗塁とか若手のアピールの場と考えたら良い試合だったですね。


さあ、あしたはレギュラーシーズン最終戦、しかも舞台は甲子園です!
下柳選手の最多勝がかかった試合ですからベストオーダーでの試合だそうです。もちろんJFKもブルペン待機だそうですから、あしたは有終の美が飾れると良いですね。


あしたこそ(阪神が勝つ)良い一日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(26) | trackbacks(52) |


高校生ドラフト

辻内投手か片山投手を強行指名て予想記事もありましたけど、ドラフト一位指名は近大附属の鶴投手でしたね。ちょっとノーマークだったかも?

鶴投手は、タイプとしてはウチの藤川選手のようなタイプの伸びのあるストレートを持ってる選手だそうですよ。コントロールのほうも新聞によるとかなり良いみたいですね。

ヒジに故障があるとのことですけどまだ高校生ですし、右の投手は余裕ありますからじっくりと鳴尾浜で体力を付けて、若虎のキバを砥いでおいてもらいましょう。
そう言えば、能見選手も肩に故障があるとのことでしたけど、監督が「痛み」と「違和感」を勘違いしてただけのオチでしたものね。故障持ちと言うのがまちがいだったのは今年の活躍を見れば、はっきりしてますよね。

まあ、将来のことを考えたら左投手がほしかったような気もしますけど、そちらは大学・社会人ドラフトに期待しましょう!


他には3位で育英の若竹投手を、4位で樟南の前田内野手を指名して阪神としては無事に高校生ドラフトは終了しました。
若竹投手はMAX147キロの右腕で変化球も得意とのことですし、前田内野手は特に守備の良い選手で、打撃や走塁もかなり良いとの評価がありますね。

今年のドラフトはウェーバー制ですから、阪神はかなり不利な立場だったんですけど、まずまず成功のドラフトになったんじゃないかと思いますよ。

西武の松阪選手や日本ハムのダルビッシュ選手みたいな怪物は例外です。まずはみっちり鳴尾浜で鍛えて、いつか甲子園に立つその日を期待しましょうね。

とりあえず、わたしも来年は雁ノ巣に出かけて3人の応援ができれば・・・て思います。


あしたも良い一日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(27) | trackbacks(42) |


対ヤクルト 22回戦 神宮

神|002 203 000|7
ヤ|000 000 000|0
勝:杉山9勝6敗0S
負:藤井9勝12敗0S
HR:鳥谷ツーラン7号/今岡ソロ29号
神:杉山-桟原-藤川-ウィリアムス-久保田
ヤ:藤井-本間-丸山貴

対ヤクルト最終戦です。きょう勝てば12勝10敗で勝ち越し決定な試合ですね。
ごらんのように阪神タイガースが勝ちました!

きょうのウチの先発は杉山選手で、ヤクルトは藤井選手です。
初回、二死走者無しからシーツ選手がセンター前へのヒットで出塁しますけど、次の金本選手がセンターフライに倒れて簡単にチェンジでした。藤井選手はまずまずの立ち上がりのようですね。
その裏で立ち上がりが課題の杉山選手は、打者を三者凡退してかなり良い立ち上がりです。
2回からも、走者はゆるしても後続をゆるさない粘りのピッチングを続けました。

そろそろ援護のほしい3回表、打者2人目赤星選手の打球は藤井選手の頭の上を通りすぎて城石選手がカバーしますけど、赤星選手の快速で内野安打です。
続く鳥谷選手はカウント1−3からライトへのツーランホームランで2点を先制しました。

4回表には先頭の今岡選手がバックスクリーンへのソロホームランを打って、これで球団タイ記録の146打点達成です!

おめでとうございます、今岡選手!

今岡選手に続くスペンサー選手は四球出塁でしたけど、次の矢野選手はピッチャーゴロで2塁封殺、一死1塁になります。
ここで次の関本選手が引っぱった当りはレフトフェンス直撃の大当たりでした。1塁走者矢野選手は一気にホームへ帰って1点追加のタイムリーヒットになりました。ナイス走塁です、矢野選手!

5回には得点有りませんでしたけど6回表、二死走者無しから関本選手がレフト前ヒットで出塁すると、次の杉山選手も素直にセンター前へはじき返して二死1・2塁になりました。
こう言うとき投手にヒットが出ると得点の予感ですね。期待通りに赤星選手がレフト前タイムリーヒットで1点追加です。

続く鳥谷選手がショート方向へヒットを打って二死満塁のチャンスになったところで、次の藤本選手の打球はサードの後に落ちます。宮本選手が追いつきましたけど、2点タイムリーヒットです。結局この回3点を追加してダメ押しですね。

完封ペースの好投を続ける杉山選手でしたけど、7回からは2番手の桟原選手に交代です。
好投の杉山選手は6回90球3安打無失点の文句の付けようのない好投でしたね。ちょっと調子を落して2ケタ勝利は無理になりましたけど、これで日本シリーズ先発出場へのアピールができたんじゃないでしょうか?

代わった桟原選手も完璧な内容で、打者3人を三者凡退に抑えまちゃいます。日本シリーズへのメンバーではSHEトリオも忘れちゃダメですね。このごろ江草選手が不調なのは気になりますけど。

8回には3番手で藤川選手の登場です。9月29日へのラストスパートでは全力投球でしたけど、中2日空けてきょうも好投です。きょうで80試合登板で、順調に日本記録更新中ですね。
打者2人を簡単に抑えると、代打三木選手の打席ではワンポイントリリーフで4番手ウィリアムス選手登場です。

先発杉山選手が好投して、中継ぎで桟原選手も好投した上にJFKトリオまで投入ですから、きょうのヤクルト打線は仕事になりません(^^

そしていよいよ9回裏は久保田選手の登場です。
宮本選手と岩村選手の連続ヒットもありましたけど余裕の投球でゲームセット、完封リレー終了です。

きょうの試合はメンバーを元に戻して、桟原選手選手やJFKトリオも登場ですから、日本シリーズに向けての調整の日だったのでしょうか?
先発陣にはちょっぴり不安な点がありましたけど、きょうの杉山選手の好投は明るい材料ですよね。

パ・リーグのプレーオフのせいで試合間隔が開いちゃいますけど、好調な選手は調子を維持して忘れ物を取戻してほしいですよね。
あと、いま不調な選手は調整するチャンスですから、何とか本来の調子を取戻しておいてほしいものです。

あしたも良い一日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(100) | trackbacks(54) |


対ヤクルト 21回戦 神宮

神|200 032 003|10
ヤ|000 005 000|5
勝:安藤11勝5敗0S
負:ゴンザレス4勝5敗0S
HR:金本スリーラン39号
神:安藤-能見-橋本
ヤ:ゴンザレス-本間-花田-山部-五十嵐-宇野

かっとばせー!かっとばせー!リン・ウェイツウ(^^;
ごらんのように阪神タイガースが勝ちました!


初回、先頭の赤星選手の足がサードゴロに勝って内野ヒット出塁すると、続く鳥谷はセンターフライで倒れますけど、次の打者はきょうライトでプロ初スタメンの林選手です。

いまの時期、順位が確定したチームは来季を考えて若手主体のオーダーに切り替えますけど、林選手は今季何度か一軍に上がってますから、首脳陣からの期待の大きさも感じられて嬉しくなりますね。

その林選手は初球を空振りしてその間に1塁走者の赤星選手が盗塁成功。5球目をショート方向にはじき返してセンター前ヒットです!
これで一死1・3塁にして、続く金本選手がセンター前ヒットを打ってタイムリーです。1点を先制しました。
次の今岡選手も変化球をライト前に運んでタイムリーヒット、もう1点追加です。これで今岡選手は145打点になって球団記録まであと一つです。

きょうのウチの先発は9月10日以来登板できなかった安藤選手です。奥様のお具合は良くなられたのでしょうか?
その安藤選手は初回のピッチングで打者三人を三者凡退に討ち取ってブランクを感じさせない最高の立ち上がりを見せてくれました。

ゴンザレス選手も初回の2失点から立ち直って、前半の1回裏から4回裏までは投手戦みたいな感じになってしまいましたね。

そして5回表、一死から鳥谷選手の低い打球は左中間を抜いてツーベースヒットになります。
続く林選手は四球を選んで一死1・2塁になりました。そう言えば、今季はここまでも林選手は四球を選ぶシーンが印象に残っていますけど、ボールがちゃんと見えている証拠ですよね。
そして、続く金本選手がここにきて「ドッカーン!」とスリーランホームランで一気に3点追加です。祝勝会あけのきのうも活躍してくれてましたけど、お酒が抜けたらスリーランですね。

あと、得点にはつながりませんでしたけど喜田選手もこの回、センター前ヒットで今季初安打です!

6回表には、先頭の藤本選手はセカンドゴロを打たされますけど、城石選手が捕球に失敗してラッキーなエラー出塁になりました。

続く安藤選手と赤星選手は凡退しましたけど、鳥谷選手のライトへのヒットを真中選手が処理を失敗してスリーベースヒットになってしまいました。記録はライトオーバータイムリースリーベースヒットでしたけど、エラーが付いてもおかしくないような気もしますね、アレは。

鳥谷選手のタイムリーで1点追加になりましたけど、続く林選手もやってくれましたね。
ライト前タイムリーヒットでもう1点追加です。しかもこれが、うれしい今季初打点です!

いいぞ!いいぞ!リン・ウェイツウ!


ところがその裏、ここまで67球5安打無失点と好投してた安藤選手がいきなり崩れてしまいます。
先頭の青木選手はセカンドゴロに討ち取りましたけど、次の宮本選手に甘く入ったフォークをライト方向にはじき返されツーベースヒットをゆるすと、次の岩村選手には高目のストレートをセンター前タイムリーヒットにされて1点を返されてしまいます。

続くラミレス選手にも内角高目のストレートをレフト線に引っぱられてツーベースヒット、リグス選手への投球はユニフォームをかすめて四球出塁で、とうとう一死満塁のピンチになってしまいました。
そして、真中選手には真中高目のストレート、城石選手には内角真中のストレートをそれぞれ打たれて2者連続の2点タイムリーヒットにされる展開になってしまいました。

ここから後続は何とか断ちましたけど、結局この回5点返されてしまいました。安藤選手はこの回まで規定投球回数が足りませんでしたからリリーフを送るワケにも行きませんので、安藤選手自身で何とかするしかないきびしいマウンドになりましたね。

それでも安藤選手は、ヤクルトの猛攻から何とかリードだけは守り切りましたので勝ち投手の権利を守り抜いたカタチになったのは幸いでしたね。
きょうの安藤選手は6回101球10安打5失点の内容でした。ちょっとざんねんですけど、登板間隔も開いてしまいましたし、事情を考えるとしかたないのかもしれません。

7回から2番手は、プロ入りしてから封印してたフォークが復活して勝ち星の戻ってきた能見選手の出番です。
シリーズでリリーフ待機になりそうな、感じですからここでリリーフ用の調整ですね。
その能見選手は7回と8回を、走者は出しますけど粘りのピッチングで得点だけはゆるさない、まずまずの内容でしたね。

9回表には、きょうはライトを林選手にゆずって代打出場の浜中選手が先頭でセンター方向へのヒットで出塁して、続く金本選手もセンター前へツーベースヒットです。
無死2・3塁になって1塁が開いてますから今岡選手は敬遠されてしまって無死満塁となりました。

代打シーツ選手はセンターフライに倒れますけど、次ぎは桧山選手が代打で登場して神宮球場レフトスタンドがヒートアップです。
好調の桧山選手は期待に応えるみたいに1塁線に引っぱって、2点タイムリーでヤクルトを突き放しにかかりました!
しかも、続く藤本選手も8球粘って9球目をセンター前へはじき返してタイムリーヒットです。

結局この回、貴重な3点を取って、これがダメ押しになりましたね。

優勝を決めてJFKトリオがお休みに入ってますから中継ぎや抑えの人選が気になりますけど、きょうは橋本選手が登場です。
その橋本選手は宮本選手にヒット出塁されてしまいますけど、ほかは無事に抑えて無失点で試合終了です。

きょうの試合は未来のタイガースの姿が、ほんのちょっとだけ見える試合でしたね。
もちろん、今のチームは外野も内野もすごく層が厚いですし、中継ぎ投手や捕手も若手の出番はなかなかありませんよね。先発だけはチャンスあるかな?

きょうの目玉は、それはもう林選手の打席です。柳川高校出身だけあって雁ノ巣では喜田選手の次に声援の大きな選手ですよ。
喜田選手と同じで、打撃は良いんですけど守備にはちょっと不安があります。打撃はセンスの部分が大きいでしょうけど、守備は練習しだいだと思いますので、二人ともガンバレ!

こういう数少ないチャンスにアピールしておけば、いますぐの出番はなくてもきっとチャンスはあります。そのためにも鳴尾浜でキバを磨いておいてほしいですね。

あしたも(阪神が勝つ)よい一日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(119) | trackbacks(68) |


対ヤクルト 20回戦 神宮

神|010 030 000|4
ヤ|010 002 50x|8
勝:吉川2勝2敗0S
負:江草4勝3敗0S
HR:リグス ソロ13号/スリーラン14号/岩村ソロ29号
神:福原-江草-桟原
ヤ:石川-吉川-佐藤賢-五十嵐

歓喜と涙(と大騒ぎ)の一夜が明けて、神宮球場へ移動しての対ヤクルト最終カードです。
ざんねん、阪神タイガースが負けました。

きょうの先発は福原選手で、ヤクルト先発は石川選手です。あと、きょうのスタメンマスクは浅井選手ですね。

初回の攻撃では石川選手に三者凡退に抑えられてしまいます。良い立ち上がりですね。
その裏、2アウト取ってから3人目の岩村選手の打球をシーツ選手が捕球しますけど福原選手のカバーが遅れてセーフになっちゃいました。こう言うのは良くないですよね。
後続は断ちましたから、立ち上がりはまずまずなのですけど・・・・・。

2回表2アウトで、優勝が決まって来期を考えたオーダーでしょうか?久しぶりのスタメンの浜中選手の打席です。
3球目、変化球を打った浜中選手の打球はレフトフェンス直撃のスリーベースヒットです!
続く関本選手がライト線にタイムリーツーベースヒットを打って、さいさき良く1点先制です。

ところがその裏、先頭のリグス選手に狭い神宮とは言えレフト上段へのソロホームランで1点返されて同点に追いつかれてしまいました。

5回表にはまたまた先頭の浜中選手がレフト線へのヒットで出塁すると、これまた次の関本選手もレフト線へのヒットです。





続く、きょうスタメンマスクの浅井選手がレフト線へのタイムリーツーベースヒットで浜中選手が生還して、ふたたびリードを取戻しました。
しかも、次の福原選手もレフト線へのタイムリーヒットで、こんどは関本選手も生還です。

打順は先頭の赤星選手に戻りましたけど、赤星選手はショートゴロ併殺打です。この間に浅井選手が生還して1点追加しますけど、きのうから赤星選手の調子が良くないですね。

ここにきて浜中選手の打撃が良くなってきましたね。日本シリーズではDHで頑張ってください!

ここまでまずますの内容だった福原選手は6回裏、先頭岩村選手に変化球をソロホームランを打たれてしまいます。しかも続くラミレス選手・リグス選手に連続ヒットをゆるすと、次の真中選手へは四球で、無死満塁のピンチをまねいてしまいました。
次の城石選手をショートゴロゲッツーに討ち取りましたけど、その間に3塁ラミレス選手が生還してしまいました。
この回2点返されてしまいましたけど、何とか同点には追いつかせない粘りのピッチングで後続を断ちました。

福原選手は6回122球6安打3失点の内容でしたから「まずまず」と言う感じですけど、ソロ2発が痛かったですよね。

7回からは前回、杉山選手大炎上のリリーフで登板してマメを作って抹消されてしまった江草選手が久しぶりの登板でしたが・・・・・。

先頭の蒼く選手にセンター前ヒットを打たれますけど、続く宮本選手は送りバントで、打球を江草選手がうまく処理してバント失敗で青木選手は2塁フォースアウトです。
ところが、次の岩村選手にセンター前ヒットを打たれてしまい、続くラミレス選手にも三遊間へのヒットゴロのタイムリーで1点返されでとうとう同点です。これで福原選手の勝ちも、またまた消えてしまいましたけど、実はそれどころじゃありませんでした。

2回裏にもソロを打たれている、次のリグス選手に一死1・2塁からスリーランホームランを被弾してしまい、とうとう逆転されてしまいました。
しかも、続く真中選手・城石選手にも連続ヒットで一死1・3塁にしてしまって江草選手は降板です。
きょうの江草選手は故障あけですし、久しぶりの登板ですからこう言うこともあるかもしれませんけど、日本シリーズには絶対必要な戦力ですからしっかり調整しなおしておいてほしいですよね。

ピッチャーは3番手の桟原選手が登板しますけど、米野選手のレフトフライの間に真中選手がホームに突入してセーフ判定でダメ押しの1点を取られてしまいました。
桟原選手の自責点にはなりませんけど、ちょっとくやしいかも?

桟原選手は8回も続投して0点に抑えますけど、得点を返すことができずに、このままゲームセットになってしまいました。

故障あけ再登録の江草選手が本調子じゃないのが気になりますけど、桟原選手のほうは久しぶりの登板でも安定してましたね。

きょうは負けちゃいましたけど、きのうのきょうですから細かいことは言わないでおきますね。
(ただし、まだヤクルトには勝ち越してないのを忘れないでね!)


あしたこそ(阪神が勝つ)良い一日でありますように(^^;
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(106) | trackbacks(52) |


対読売 22回戦 甲子園(涙)

読|000 000 001|1
神|120 000 20x|5
勝:下柳14勝3敗0S
負:内海4勝9敗0S
読:内海-マレン-酒井
神:下柳-藤川-ウィリアムス-久保田

対読売最終戦、しかも優勝を決める大事な一戦の先発は安定感抜群の下柳選手で、読売先発は内海選手でした。

初回、最多勝のかかる先発の下柳選手は読売打線を三者凡退に抑えて、もしかしたら今季一番の立ち上がりかもしれません。

その裏、阪神の初回の攻撃は先頭赤星選手の打球をショート二岡選手が悪送球して、記録はショートエラー出塁です。
続く鳥谷選手の打席ではキャッチャー村田選手がパスボールしてしまって赤星選手は2塁へ進塁しました。
読売さんは監督や打線を強化するより先に投手や守備を強化した方が良いんじゃないでしょうか。

鳥谷選手とシーツ選手が凡退した次の金本選手は、ライト前タイムリーヒットを打って赤星選手が2塁から生還します。まずは1点先制です!

2回裏には、先頭のスペンサー選手がレフト線へツーベースヒットを放って、続く矢野選手もセンター前ヒットで無死1・3塁のチャンスになって、次の関本選手もレフト前タイムリーヒットで2点目を追加です。三者連続ヒットで簡単に追加点でしたね。

無死1・2塁になったところで、下柳選手はキッチリ送りバントを成功させて一死2・3塁のチャンスをつくりました。こういう打撃の小技も下柳選手は一級品ですよね。

ここで先頭に戻って赤星選手は叩きつけるみたいなセカンドゴロを打ちましたけど、3塁走者の矢野選手が生還して、さらに1点追加です。

下柳選手は2回と3回を連続三者凡退に抑えて、パーフェクトピッチングです。そして、4回以降も走者はゆるしても得点をゆるさない、しかも走者は出しても一人までです。
もう文句ナシのピッチングですよね。



そして7回表、いつもの「EVERY LITTLE THING EVERY PRECIOUS THING−リンドバーグ」の曲に乗せてリリーフカーで藤川選手の登場です。
この登板で、伝説の稲尾和久さん(元西鉄ライオンズ)のシーズン登板記録を抜いて79試合目の登板となりました。しかも優勝を決める記念の試合での登板ですから甲子園も、テレビの前のわたし達も大盛上がりでした。もう「神様!仏様!球児様!」です。

もちろんここは三者凡退で、藤川選手の出番はスグに終っちゃいましたけど、テレビの前とは言え、伝説の生れる瞬間を目撃することができてホントにシアワセでした。

その裏の攻撃では、鳥谷選手のボテボテの当りを岩館選手がグラブトスに失敗して内野安打の出塁となります。
シーツ選手が大きなフライで倒れた後、金本選手がレフト前にクリーンヒットを打って、続く今岡選手は四球出塁で二死満塁のチャンスです。
今年あちらこちらで色々と物議を醸したチャンステーマが鳴り響く中、いま絶好調の桧山選手の当りはライナー性のライトタイムリーヒットです!しかも次の矢野選手もレフトへの連続タイムリーヒットで、この回トドメの2点を追加しました。

この時、横浜スタジアムの横浜−中日戦はもつれ初めてましたから、ここで一気に決めてしまえば完全自力優勝です!

8回は3番手ウィリアムス選手の登板です。藤川選手の大活躍のカゲにかくれてますけど登板数は70を越えてますし、何と言っても準ホールド王ですからウィリアムス選手は2003年の優勝に続いて今年も優勝に大きく貢献してくれたワケです。伝説の助っ人、バース選手も偉大ですけど、ウィリアムス選手も偉大な貢献をしてくれましたよね。

ウィリアムス選手はこの回、打者を三者連続三振に討ち取ってしまいます。

そして今年のシーズンを象徴したJFKトリオの大トリ久保田選手ですが、矢野選手をセンターへのヒットで出塁させると、続く高橋選手もセンターへヒット出塁です。
次の小久保選手をサードゴロのゲッツーに討ち取って「あと一人コール」にはいりますけど、続く二岡選手の打席で暴投して3塁走者矢野選手の生還をゆるしてしまって、きょうの読売初得点です。しかも二岡選手はセンター前へのヒット出塁です。

でもまあ、状況が状況ですからこの程度は「ご愛敬」て感じですね。

そしていよいよフィナーレです。最後の打者阿部選手はカウント2ストライク1ボールからレフトへフライを打ち上げて、金本選手が満面の笑みでキャッチしました!
 
 
 
 

 祝 阪神タイガース優勝!!

 
 
 
 
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(75) | trackbacks(96) |


対読売 21回戦 甲子園

読|020 200 001|5
神|600 100 00x|7
勝:井川13勝8敗0S
S:久保田5勝4敗27S
敗:高橋尚8勝11敗0S
HR:仁志ツーラン11号/矢野ソロ6号
読:高橋尚-シコースキー-岡島-鴨志田-マレン
神:井川-橋本-ウィリアムス-藤川-久保田


涙の準備はできていますんで、、、皆さんよろしいでしょうか!
阪神タイガースが勝ちました!


きょうの先発は井川選手、読売先発は高橋尚選手です。長崎のときと同じ顔合わせですよね。

初回、井川選手は三者凡退に抑えて、かなり良い立ち上がりのようです。
その裏、阪神打線が高橋尚選手に襲いかかりました!
先頭の赤星選手が初球の真っ直ぐな球を叩くと、打球はレフトに落ちてスリーベースヒット出塁になりました。
続く鳥谷選手も4球目の直球をセンター前にはじき返してこれがタイムリーヒットになって、まずは1点先制です。

次は、小指に四球を受けて抹消されていたシーツ選手の復帰後初打席でした。シーツ選手は甘い変化球をとらえて、レフト前ヒット出塁です。シーツ先生は帰って来て早々に良い仕事してくれますね。

続く金本選手も4者連続になるヒットをライト前に打って、ゲームが始まったばかりなのに、もう無死満塁のチャンスです。
ここで満塁になると6割近くを打つ今岡選手登場です。内角高目のストレートを引っぱってレフトへのタイムリーヒットで2点追加となりました。

無死1・2塁になって、続くスペンサー選手は四球を選んで出塁して、またまた無死満塁のチャンスです。あいかわらず選球眼の良いスペンサー選手です。

次の矢野選手はレフトへの大きなフライで、これが犠打になって3塁走者の金本選手が生還して1点追加になります。これで4点目。

関本選手がフライに倒れて9番打者の井川選手は、3球目の真中に入るスライダーをセンター方向にはじきかえして、これがタイムリーヒットになります。打撃に目覚めたのでしょうか?井川選手、今年3打点目です。今岡選手の143打点に比べるとわずかな数字ですけど、ピッチャーが打つと打線の破壊力がぜんぜん違いますから大きな仕事でしたね。

打者1順して先頭でスリーベースヒットを打った赤星選手が打席に入ると、またまた初球を今度はライト前に転がすタイムリーヒットで1点追加です。

結局この回、6点を先制して年間敗数ワースト記録に向かって突っ走る読売との差を見せつけた形ですよね。

ところが2回表、きょうの立ち上がりは良かったはずの井川選手は先頭の小久保選手にチェンジアップを打たれた大きな当りで、ちょっとヒヤリとしたレフトフライに討ち取ると、阿部選手にピッチャー返しを打たれてこれが二遊間を抜けてヒット出塁をゆるしてしまうと、続く仁志選手にまたまたチェンジアップを打たれた大きな当りが、今度はレフトスタンド最前列に飛び込んでしまいます。
取った後に取り返されて、しかも直前に小久保選手に似た球を大きなフライにされてるだけに、ちょっと痛いツーランホームランでしたね。

4回表にも先頭の小久保選手に、詰まった当りでしたけどセンター前ヒットを打たれて、続く阿部選手をセカンドフライに討ち取るものの、先程ツーランを打った仁志選手を四球出塁させてしまます。

次の矢野選手はキャッチャーフライに討ち取りましたけど、村田選手にレフトオーバーのタイムリーツーベースを打たれて2点返されて2点差に詰め寄られてしまいました。

その裏、読売2番手のシコースキー選手に交代すると、先頭の鳥谷選手はレフト前へツーベースヒットを打って出塁します。

金本選手がショートゴロで鳥谷選手を3塁へ送ると、今岡選手がレフト前へライナーを打って、3塁走者鳥谷選手が生還するタイムリーヒットで貴重な1点を追加しました!

井川選手は5回で降板して、6回からは2番手橋本にマウンドをゆずります。
立ち上がりはよさげだったのに5回77球7安打4失点で、ピリッとしたところがありませんでした。
きょうの井川選手は真っ直ぐは良い感じなのですけど、変化球で打たれるパターンが多すぎですね。
もしかしたら、ここで一度くらい野口選手とのバッテリーを試してみたら良かったのかもしれませんね。もうすぐシーズンも終わりですから言っても手遅れなんですけど。

6回と7回の1/3を橋本選手が投げましたけど、ぜんぜん危なげないピッチングで安定してきてます。この調子で日本シリーズもお願いしますね、橋本選手!

7回途中からはJFKトリオの登場です。とくに8回の4番手藤川選手はこれで日本記録タイの78試合登板です。タイトルホルダーで元西鉄の稲尾さんも藤川選手だったら抜いて構わないとおっしゃられてますから遠慮無く行っちゃいましょう。日本シリーズでテレビ解説の稲尾さんに御挨拶するシーンが是非観たいです!ソフトバンクがプレーオフで勝てれば・・・・ですけど(^^;
ここのところちょっとお疲れ気味の藤川選手でしたけど、移動で2日休んだせいかきょうは安定感を取戻して、みごとな三者凡退でした。

最終回はJFKトリオの大トリ、久保田選手は2人目の矢野選手にライトスタンドへ持って行かれるソロホームランで1点返されてしまいましたけど、まあ勝ったから良しとしましょう。久保田選手もこれで球団記録タイの27セーブ達成で、虎の守護神の名前に負けない記録を作ったワケですし。

きょうは試合中に横浜が中日に勝ってマジックが2になって、しかも読売に勝ちましたからマジックがとうとう1になりました!


マジック1ですよマジック1!


さあ、2005年のレギュラーシーズンもとうどうグランドフィナーレを迎えるときがやってきました!

あしたは阪神が優勝する良い一日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(119) | trackbacks(102) |


対広島 22回戦 広島

神|000 000 303|6
広|000 002 020|4
勝:藤川7勝1敗1S
S:久保田5勝4敗26S
負:ベイル2勝1敗22S

HR:今岡スリーラン28号
神:杉山-ウィリアムス-藤川-久保田
広:大島-横山-永川-佐竹-ベイル-林

今年もいろんなドラマのあった広島ですけど、ついに対広島最終戦です。
ごらんのように阪神タイガースが勝ちました!

広島の先発は今年唯一の勝ち星を阪神から上げている大島選手ですね。
初回、先頭赤星選手がヒット出塁しますけど、みごとに牽制で刺されてしまい盗塁失敗です。
大島選手の立ち上がりはまずまずですし、やってくれますね。

ウチの先発は、前回ノックアウトされちゃった杉山選手です。
杉山選手は立ち上がりがあまり良くないのが課題ですよね。前回もその立ち上がりを攻められて、2回もたずに炎上してしまいましたし。

きょうの杉山選手は先頭の松本選手を四球で歩かせてしまいますけど、後続はキッチリ抑えます。こちらもまずまずの立ち上がりですね。

試合はお互いランナーを出すものの得点に結びつかない、もどかしい展開が続きます。
投手戦と言うより、拙攻戦と言う感じですね。
3回裏に広島が、6回表にはウチがそれぞれ満塁のチャンスを作りますけど決定打がありませんでした。

試合が動いたのは6回裏、広島が一死満塁のチャンスを作ると森笠選手の2点タイムリーヒットで先制されてしまいました。
二死2・3塁でピンチの続くなか、杉山選手も粘りのピッチングで何とかしのいで最小失点でこの回を乗越えました。結局、森笠選手の2点だけで抑えてしまいます。

6回裏では痛恨の失点でしたけど、阪神はきょうも取られたら取り返します。
7回表、ラッキーセブンの攻撃できのうのヒーロー藤本選手が広島3番手の永川選手の6球目をレフト前に落ちるヒットにして出塁です。
ノーアウトのランナーが出て、杉山選手の打席では代打片岡選手が登場しますけど、ショートフライに討ち取られてしまいます。ちょっとざんねん。

打順は先頭赤星選手にもどって、その赤星選手は四球を選んで出塁して、続く鳥谷選手は4球目の高目のストレートをセンター前にはじき返しました。これで一死満塁のチャンス到来です。
右腕の永川選手相手にこのチャンスですから、ここはいま絶好調の桧山選手が関本選手の打席で代打に送られます。
フォークを打たされた桧山選手の打球はファーストへのゴロとなりますけど、これを新井選手が取りそこねてライト前まで転がってしまいます。この間に2者生還で同点に追いつきました。記録は新井選手の2点タイムリーエラーですけど、好調なときって運も味方ですね。

次は広島出身なのになぜか今年は広島球場と相性が悪い金本選手です。金本選手の打球は打った瞬間、最悪のセカンドゴロ併殺かと思われましたけど2塁で桧山選手が封殺されただけで1塁はセーフとなりました。この間に3塁ランナーの鳥谷選手が生還して逆転です!

杉山選手は6回113球6安打2失点でまずまずの内容でしたけど、前回の炎上のリベンジにはちょっとモノ足りませんでした。ざんねんでしたけど、次ガンバレ杉山選手!

7回裏には代打を送られて降板した杉山選手に変って2番手ウィリアムス選手の登板です。
そのウィリアムス選手は、きょうは一死満塁のピンチを作ってしまいました。
ウィリアムス選手は一死満塁から前田選手を三振に抑えて二死満塁にしましたけど、次の栗原選手が右ですので3番手藤川選手が救援で登板です。

藤川選手の登板数はこれで77試合で、ついにタイガースの球団記録に並びました。しかも日本記録まであと3試合ですね。マジックもまだ残ってますから、ますます藤川選手の出番が増えそうです。

結局この回栗原選手を三振に討ち取ってピンチを切り抜けました。ちょっとヒヤヒヤな7回でした。


ところが8回、その藤川選手が捕まります。
先頭森笠選手にセンター前ヒットをゆるすと、続く倉選手はゴロで討ち取ったかに見えましたけど2塁封殺のみで倉選手はセーフでした。

次の代打野村選手にはツーベースヒットを打たれて一死2・3塁にされてしまいます。
今年限りで引退を表明してる野村謙二郎選手とはこれが阪神としては最後の対戦ですね。最後にしてやられましたけど、ホントにお疲れ様でした。

次の松本選手の打席で藤川選手がまさかの暴投で矢野選手が後逸して、その間に3塁走者倉選手の生還をゆるして1点返されて、しかもボールを拾った藤川選手がホームへ悪送球で2塁走者野村選手の生還までゆるしてしまいます。
これで逆転されてしまって、最近藤川選手の失点も目立ってきたせいでしょうか?重苦しい感じになってしまいました。

そんな重苦しい9回表、先頭の赤星選手は粘ったすえに四球出塁です。
ここで鳥谷選手はキッチリ送りバントを決めて一死2塁。3番に藤川選手が入っていましたので代打の浜中選手が送られて、その浜中選手にはストレートの四球で出塁です。これで一死1・2塁。
続く、きょうノーヒットの金本選手はベイル選手の4球目を思いっきり引っぱりましたけど、ファーストゴロで2塁封殺です。これで二死1・3塁。

次の今岡選手がやってくれました。カウント2ー1から1球ファールにしたあと、かなり高目のストレートを虎党が埋めつくすレフトスタンドへほり込みます!
逆転の大きな大きなスリーランホームランです!


1点ビハインドの9回表、2アウトでカウント2ー1の絶体絶命のピンチからの大きな一発が飛び出しました。
きょうの試合、途中はちょっとグタグタでしたけど、今岡選手会長の気迫の一撃で全て帳消しです。

もうそろそろ、ミスタータイガースを襲名されてはいかがです?今岡選手会長!

こうなると9回裏はJFKトリオの大トリ、久保田選手の出番ですね。
2アウトから栗原選手にはヒットで最後の反撃を試みられますけど、続く森笠選手にサードゴロを打たせて、それを秀太選手が華麗に捌いてゲームセットでした。

久保田選手はこれで26セーブ目です。虎の守護神としてのカンロクが付いてきましたよね(^^

杉山選手はそれなりに好投してましたけど、勝ちにつながらなくてざんねんでしたね。
ちょっと気になったのは、藤川選手の失点です。今岡選手のスリーランできょうも勝ちが付ましたけど、先発や抑えだったらともかく、中継ぎに勝ちが付くのってチーム全体のこと考えるとあんまり手放しでは喜べないんじゃないか、て思ってますので。

まあここまでくると余り細かいことを言うより、チームが勝つことが一番大事です。

きょうも読売が中日に負けてマジックが1個だけ減ってマジック3になりました!
長崎の前には中日を3タテしてくれて、長崎のレフトスタンドから清水選手に「清水ーありがとー!」て声が飛んで清水選手が帽子を振って応えると言う微笑ましい場面もありましたけど、アレはでき過ぎだったのでしょうね。

そのおかげで、27日の移動日に優勝なんて言うマヌケな事態は回避できましたけど、阪神特急が甲子園を通過してしまう事態も考えられます。まあ、それはそれでも良いんですけど。

個人的には29日は用事があるので28日甲子園か30日神宮を希望です(^^;

それはまあそれとして、とりあえず・・・・・・・


あしたも良い一日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(17) | trackbacks(79) |


対広島 21回戦 広島

神|000 024 000|6
広|000 100 020|3
勝:能見4勝1敗0S
S:久保田5勝4敗25S
負:大竹10勝11敗0S
HR:矢野ソロ19号/藤本ソロ1号/新井ソロ43号
神:能見-藤川-久保田
広:大竹-佐竹-長谷川

他力本願じゃダメです。マジックは自力で減らしましょう!
ごらんのように阪神タイガースが勝ちました(^^

きょうのウチの先発は能見選手で、広島先発は大竹選手です。

初回、鳥谷選手がヒット出塁しますけど、片岡選手のゴロで2塁封殺されたあと、2回3回と3者凡退が続きます。かなり良い立ち上がりですね。
一方、能見選手も初回2回と出塁をゆるしますけど、後続を断つピッチングで、まずまずの立ち上がりでしたよね。

試合は4回裏、広島の攻撃で2人目の新井選手の打球がライトスタンドの一番前くらいに飛び込むソロホームランを打たれてしまいます。これで1点先制されてしまいました。
甲子園だったらライトフライて感じのホームランでしたね。前に走者ためて無いときでホント良かったです。

もちろん取られたら取り返します。5回表の阪神の攻撃では、先頭の矢野選手のソロホームランできっちりお返しです。
しかも、同点に追いつくと続く藤本選手にもソロホームランが飛び出して一気に逆転してしまいました!

きのうの試合で、二死満塁からあわやファールフライかと思われた打球を運良く落球してもらって、走者一掃の3点タイムリーツーベースヒットを打った藤本選手ですけど、調子を上げるのと同時に何かツキもでてきたみたいですね。

6回表には先頭の片岡選手が四球で出塁すると金本選手が三振に倒れたあと、今岡選手も四球出塁です。
すると、ここのところ好調の桧山選手がタイムリーツーベースで1点追加します。
矢野選手へは左手首への死球で一死満塁のチャンスになりました。

さきほどホームランを打った藤本選手へは押し出しの四球で、大竹選手自滅の1点が転がり込んできます。
ここで大竹選手はKOです。蛍の光が鳴り響く中、2番手の佐竹選手が出てきました。

次の能見選手はセカンドゴロを打ちますけど比嘉選手の投げた球を新井選手が取れずに2塁封殺だけで、1塁はセーフになりました。このスキに3塁の桧山選手がホームへ走って1点追加となりました。
記録は比嘉選手のエラーで、きょう初スタメンで初エラーとのことです。

打順は1番の赤星選手にもどって、その赤星選手が初球を打った打球がサード栗原選手のグラブをはじいてファールゾーンを転々と転がる間に、矢野選手が生還します。記録はサードタイムリー内野安打ですね。これで、この回は4得点で広島を突き放してしまいましたね。

能見選手の投球は、回を重ねるたびに安定してきてましたから「このまま完投かな?」て思いましたけど、8回裏に先頭打者の倉選手がツーベースヒットで出塁すると木村選手はゴロで倉選手を3塁へ送って、続く緒方選手のレフト犠牲フライで倉選手が生還して1点返されてしまいます。

次の山崎選手を四球で出塁させると、続く嶋選手のタイムリーツーベースで一気に山崎選手が1塁から生還して、またまた1点返されてしまいました。

ここでざんねんながら、完投勝利も見えていた能見選手は降板となってしまいました。7回2/3、113球7安打3失点ですし勝ち投手の権利もありますから、まずまずの結果と言えると思いますよ。

2番手は、今年から制定されたタイトルの初代ホールド王をきのうの試合で決めた藤川選手がワンポイントでの登板です。
ここのところ、失点が増えてる藤川選手ですけど、ここはきっちり新井選手を三振に切って、ホールド王のカンロクを見せつけてくれました(^^

きょうはJFKトリオのJ、ウィリアムス選手はお休みで久保田選手が9回裏に登板です。
まるで甲子園みたいな「あと一人」コールが響くなか、二死から代打野村選手にヒットはゆるしますけど、続く代打浅井選手を空振り三振に討ち取ってゲームセットです。

きょう4勝目の能見選手は完投は逃しましたけれど、先発は後を信じて5〜6回、あとは行けるところまで行くて言うチーム方針通りの投球でしたから、きょうの能見選手のマウンドには文句ナシです。
4回に新井選手にソロを被弾したのは余計でしたけど、甲子園だったら桧山選手のグラブにおさまるような当りですから、不運な事故みたいなものだと思いますよ。

きょうも読売が中日に負けましたから、これで優勝マジックを1個減らしてマジック4です。
日程からみると、いよいよ甲子園での胴上げが見えてきましたね。

あしたも(阪神が勝つ)良い一日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(33) | trackbacks(66) |


対広島 20回戦 倉敷

神|114 000 002|8
広|003 110 010|6
勝:藤川6勝1敗1S
S:久保田5勝4敗24S
負:佐々岡1勝6敗0S
HR:緒方ソロ20号
神:福原-桟原-ウィリアムス-藤川-久保田
広:レイボーン-佐竹-横山-永川-佐々岡

ちょっとドキドキしましたけど・・・・・・・
ごらんのように、阪神タイガースが勝ちました!

きょうの広島先発は前回2回8失点ノックアウトのレイボーン選手で、ウチは2ケタ勝利のかかってる福原選手の先発です。

初回先頭の赤星選手がレフト前ヒットで出塁すると続く鳥谷選手もセンター前ヒットで、赤星選手は快速を飛ばして一気に3塁に到達しました。
すると、次の片岡選手はレフトへフライを打ち上げて、赤星選手は余裕で生還して1点先制です。
しょっぱなから、片岡選手のシブイ仕事が光るプレーでしたよね。こういうプレーがあるからヒットがなくても片岡選手は信頼できるんですよね。

2回表には二死走者無しから藤本選手がライト前ヒットで出塁すると、福原選手の打席でレイボーン選手が暴投して藤本選手は2塁に走ります。
福原選手は粘ったすえに7球目を今期初安打となるライトへのタイムリーヒットで藤本選手が2塁から生還して1点追加です。

3回表では、先頭の鳥谷選手がライト前ヒットで出塁すると続く片岡選手もセンター前ヒットで、鳥谷選手は初回の赤星選手を見習ったんでしょうか?一気に3塁に到達します。
金本選手がフライで倒れますけど、続く今岡選手がレフト前タイムリーヒットでまず1点追加です。
次の桧山選手は10球粘って11球目で四球出塁です。ここのところ好調な桧山選手は球が良く見えてるみたいですね。これで一死満塁のチャンスです。

矢野選手がすごく浅いライトフライで倒れて2アウトになりましたけど、ここで藤本選手がツーベースヒットを打って、1塁走者の桧山選手が2年前のサイクルヒットの3塁打を思い出させる走塁もあって、走者一掃のタイムリーとなって3点追加です!

結局この回、合計4得点で広島を突き放してしまいました。

・・・・・と思ったんですけどその裏でレイボーン選手への代打比嘉選手の内野ゴロな打球を今岡選手が捕球しますけど、1塁への送球が大きくはずれて出塁をゆるしてしまいました。
こういうエラーがでると流れが変ることが多いですから心配してたんですけど、悪い予想ほど良く当たるものですね。
続く松本選手の内野ゴロで比嘉選手は2塁封殺しましたけど、松本選手自身はセーフになりました。ゲッツーが取れません。
山崎選手にレフト前ヒットされて二死1・3塁のピンチになって、嶋選手にライト前タイムリーヒットで1点返されてしまいました。
悪い流れはこれだけで終りません。新井選手にはピッチャー返しのセンター前ヒットで2点目を返されて、前田選手へは四球で二死満塁です。
緒方選手の打席では矢野選手がまさかのパスボールで3塁の嶋選手の生還をゆるしてしまいました。

きょうの福原選手は立ち上がりも良かったですし、打撃のほうも言うこと無しだったのですけど、結局この回だけで3点返されしまいました。まるでリズムが狂ってしまったかのようです。

しかも、4回裏には内野陣の好守もあったんですけど山崎選手のタイムリーで1点、5回裏には緒方選手のソロホームランで1点、それぞれ返されてしまい、とうとう1点差にまでせまられてしまいました。

攻撃のほうも、4回から2番手登板の佐竹選手や5回から3番手登板の横山選手、そして7回から登板の4番手永川選手にいいように抑えられてしまって、前半の元気がなくなってしまったかのようでしたね。

けっきょく福原選手は5回86球8安打5失点で、かろうじて1点差を守り切ってマウンドを降りました。

ウチの2番手桟原選手は2アウトから松本選手の右足へ死球を当ててしまい出塁させましたけど、その松本選手が盗塁を狙うと矢野選手が2塁へ送球してギリギリで盗塁阻止に成功してチェンジです。
矢野選手のナイスプレーでした!
あと、松本選手に死球を当ててしまった桟原選手は、すぐに帽子を取って松本選手に謝ってましたね。サワヤカです、サワヤカ過ぎます桟原選手!
桟原選手はもともと好きな選手の一人ですけど、もうわたしの中で桟原選手の好感度大幅↑UPです!

矢野選手のファインプレーもあって何とか1点リードで7回をむかえましたから、ここからはいつものJFKトリオ登場ですね。
最初は3番手でウィリアムス選手ですけど、山崎選手を三振に打ち取ったあと続く嶋選手へは、すんごいスライダーで絵に描いたような三球三振でしたよね。
「左打者であれを打てる選手はいない!」て言われてるウィリアムス選手のスライダーはホントにスゴイですよね。次の新井選手もショートゴロで7回は三者凡退でした。

ところが8回に先頭の前田選手に3球連続のストレートを投げてセンターヒットにされてしまい、ここで4番手藤川選手登場となりました。
続く緒方選手には送りバントを決められて、次の栗原選手を三振に打ち取りましたけど、代打野村選手には四球を投げてしまって二死1・2塁となります。
ここで好投している永川選手に代わって代打森笠選手が送られ、レフトタイムリーヒットを打たれてしまって、とうとう同点に追いつかれてしまい、しかも福原選手の勝ちまで消えてしまいます。
藤川選手はここのところ、4試合で4失点ですから連投の疲れがたまってるんじゃないかと心配ですね。記録も大事だとは思いますけど無茶はしないでほしいものですよね。

そして9回表、広島5番手の佐々岡選手から鳥谷選手が猛打賞の内野安打で出塁すると、片岡選手もレフト前ヒットで続きます。

片岡選手へは代走秀太選手が送られて、金本選手と代打浜中選手がフライに倒れたあと、好調桧山選手の意地の一振りはキレイに左中間をやぶって2点タイムリーツーベースヒットになりました!
これであとはJFKトリオの大トリ、久保田選手登場でゲームセットでした。

終ってみればマジックを1個減らしてマジック5になって優勝へ一歩近づきましたけど、途中はヒヤヒヤする展開でしたよね。

まあ、勝ったからいいか・・・・と言いたいところですけど・・・・・

やっぱり、3回の今岡選手の悪送球でコワイくらい流れが広島に行ってしまったのがドキドキなゲームになった原因じゃないかと思いますよ。もちろん、その流れを自分でもう一度呼び戻せなかった福原選手が一番問題アリなんですけどね。
この時期は勝ちさえすれば途中はどうでも良いってのもあるかもしれませんけど、もしも優勝したらその次や、今年はさらにその次もありますから気をつけてほしいモノだと思いました。

あしたも(阪神が勝つ)良い一日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(30) | trackbacks(72) |


対中日 22回戦 甲子園

中|000 000 000|0
神|010 200 10x|4
勝下柳13勝3敗0S
負:川上11勝7敗0S
HR:金本ソロ38号
中:川上-金剛
神:下柳-ウィリアムス-藤川-久保田

「勝てたらいいな」と思って見ていました(^^
ごらんのように阪神タイガースが勝ちました!

ここまで10勝11敗の対中日最終戦です。ここで勝ってなんとかタイに持ちこまないといけない大事な試合です。

先発は今期好調の下柳選手で、何とか連敗をストップしたいところですね。

初回、井端選手にヒット出塁をゆるしますけど、相変わらずの粘りのピッチングで後続を断って失点に結びつきません。
しかも、スライダーの切れがいつもよりもっと良い感じですし、バックも守備で下柳選手を盛り立てます。
こういう試合は「良い流れの試合」のお手本ですね。ランナーこそ出しますけど、失点する気がしません。

中日先発はエース川上選手で、あちらの立ち上がりも上々みたいですけど、下柳選手がこういう投球してますから野手陣もノって行けそうなので、投手戦にはならないんじゃないかと思いました。

2回裏、先頭の金本選手が川上選手の4球目、変化球をライトスタンドへ一直線のライナーみたいな低い弾道で放り込むソロホームランです。
2年前の日本シリーズのホームランを思い出して、見ていて涙が出そうです。
この当りなら左打者でも浜風関係なしですね。並の打者には無理でしょうけど。

4回裏には、先頭の鳥谷選手が内角高目のストレートを振り抜いてセンター前へはじき返すヒットで出塁して、続く片岡選手もシーツ選手の日替り代役スタメンになって初めてのヒットで鳥谷選手を3塁へ送って、自らも1塁へ出塁です。
片岡選手は22打席ぶりのヒットですけど、これまでも四球出塁で貢献してますからそれほど久しぶりて感じじゃなかったですね。

そして、金本選手の打席で3球目を川上選手がワイルドピッチで鳥谷選手が生還して1点追加です。さっきのライナーみたいなホームランでビビってるビビってる(^^
結局金本選手は四球出塁で無死1・2塁になりました。

次の今岡選手はセカンドゴロで金本選手が2塁封殺されますが、一死1・3塁でチャンスが続きます。

続くのは、ここのところ調子を上げてきていた桧山選手で、教科書に載せたくなるようなピッチャー返しを放って3塁の片岡選手がゆっくり生還して1点追加します。桧山選手タイムリーヒット、おみごとでした!

下柳選手は6回80球6安打無失点での降板となり、7回からは2番手ウィリアムス選手にマウンドを譲りました。
走者はゆるしますけど、失点は一切ゆるさない「粘りのピッチング」そのものでしたね。
ナイスピッチング!下柳選手!

7回裏のラッキーセブンには一死から矢野選手がツーベースヒットで出塁すると、藤本選手はショートゴロでしたけど、矢野選手が3塁へ走って二死3塁のチャンスをつくりました。
すると、7回表から守備に付いた関本選手がピッチャーの足元をスゴイ勢いで破るセンター前タイムリーヒットで矢野選手を返して、ダメ押しの1点を追加しました!
桧山選手と同じく関本選手もここのところ調子を上げてきてましたから、期待通りの活躍ですよね。



8回にはきのう谷繁選手にソロホームランを打たれて、今期の防御率0点台が絶望的になってしまった藤川選手が3番手で登板です。
先頭はその谷繁選手でしたけど、みごとに三振に抑え切りました。しかも、全球ストレート!で打ち取りましたので、きょうはリベンジの気持ちで行ったんじゃないかと思いますよ。見ていてちょっと胸がスッキリしましたよね。

9回にはJFKトリオの大トリ、4番手久保田選手登板で立浪選手には粘られて四球出塁をゆるしますけど、無失点でゲームセットです!

なんと下柳選手は、これでハーラートップの13勝です。最多勝も夢ではなくなってきましたね。
完投は難しいタイプですし、御本人もガラではないでしょうからあえてエースとはお呼びしませんけど、いまの時点でウチの最強投手になりましたね。
読売のベテラン投手工藤選手もスゴイとは思いますけど「ウチのベテラン投手もスゴイんだぞー!」て自慢したいですよね。

そして金本選手が公約していた、今期2度目の下柳選手の「お立ち台」も金本選手に引きずられるようにして2人で立ってくださいました!
下柳選手らしさがあふれる、もう最高にかっこ良いヒーローインタビューだったと思います。

わたしの持ってるナンバージャージはOB、助っ人まで含めて全部中継ぎ抑え一筋の投手の背番号ばっかりなんすけど、初めて先発投手の下柳選手の42番作っちゃおかなー・・・なんて思ってしまいました。
・・・・・あっ、中継ぎから先発に転向したナンバーが一着あったっけ(^^;

そう言えば、今年のキャンプのときに下柳選手がベテランを引き連れて岡田監督のところへ行って「優勝しましょう!」と言ったそうです。それを聞いた岡田監督が泣きそうになって応えていたと言うエピソードがあったそうですね。
その下柳選手が今期大活躍で、しかもチームがピンチのときにしっかり働いてくれているから、いまのこの位置があるのだと思います。

まあ、対中日戦成績は11対11のドローで終ってしまい完全優勝はなくなって「画●点睛を欠く」になってしまいましたけど、2003年のときは中日に負け越してるんですから、一歩前進したと考えましょうよ。

あしたも良い一日でありますように(^^


追記:
きょうの新聞によりますと、奥様の看病でチームを離れていた安藤選手も練習を再開したとのことで、奥様の体調も快方に向かわれてるみたいで一安心ですね。

追記(その2):
下柳選手をお立ち台に引きずって行ったのは金本選手じゃなくて、和田コーチとトラッキーでした(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(28) | trackbacks(73) |


対中日 21回戦 甲子園

中|020 002 100|5
神|011 000 000|2
勝:中田7勝2敗0S
S:岩瀬1勝2敗41S
負:井川12勝8敗0S
HR:森野ツーラン9号/福留ツーラン25号/谷繁ソロ14号
中:中田-石井-岡本-山井-平井-岩瀬
神:井川-藤川-ウィリアムス-久保田

阪神百貨店の株がストップ高だそうで、優勝ムードが盛り上がってきましたけど・・・・
ざんねん、阪神タイガースが負けました。

きょうの先発井川選手はまずまずの立ち上がりでしたけど2回、先頭立浪選手にヒット出塁をゆるすと、続く森野選手にライトスタンドに先制のツーランホームランを打ち込まれていしまいます。

その裏、今岡選手が死球出塁して、桧山選手がライトフェンスへのツーベースヒットで続きました。きのうから桧山選手は好調ですね。

続く矢野選手は内野へフライを打ち上げて、続く藤本選手は敬遠で二死満塁となって、井川選手の打席では暴投から3塁の今岡選手が生還しますけど、1点返しただけに終わってしまいました。

3回裏には赤星選手がセンター前ヒットで出塁したところを、鳥谷選手がプッシュバントで送って、続く片岡選手は四球出塁で一死1・2塁のチャンスです。片岡選手の選球眼はあいかわらず良いですね。

ここで金本選手がタイムリーヒットで1点返して同点に追いつきました。
ここで一気に逆転かと思いましたが、今岡選手が最悪のショート併殺打を打ってしまい、せっかくのチャンスが勝ち越しに結びつきません。

井川選手は3回、4回、5回と2回の失点を忘れさせるような好投でしたけれど、6回に先頭井端選手のライトヒットから続く福留選手にライトスタンドへのツーランホームランを打たれてしまい、2点突き放されてしまいました。

7回に交代した2番手の藤川選手まで谷繁選手にソロホームランを打たれてしまいダメ押しされちゃいました。

打線のほうもチャンスは作るものの、中日の継投策の前に得点につなげることができずに、最後は天敵の岩瀬選手登板でゲームセットでした。

これで対中日10勝11敗ですね。この敗戦で優勝が遠のいたワケではありませんけど、完全優勝はなくなってしまいました。せめてあした勝って、負け越しだけは阻止しなきゃです。

あしたこそ、あしたこそ(阪神が勝つ)良い一日でありますように(^^;
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(36) | trackbacks(62) |


対中日 20回戦 甲子園

中|160 010 040|12
神|000 020 000|2
勝:佐藤1勝0敗0S
負:杉山8勝6敗0S
中:佐藤-金剛-山井-鈴木-久本
神:杉山-江草-橋本-桟原

あちゃー、やらかしちゃいましたね。
阪神タイガースが負けました。

きょうの先発杉山選手ですけど、初回いきなり井端選手、福留選手に連続ヒットで1点先制されてしまいます。
後続は粘ってなんとか最小失点に抑えましたけど、2回に先頭森野選手への初球、甘く入る高めのスライダーをライト前ヒットにされて、続く立浪選手にまたしても変化球を捉えられるタイムリーヒットで1点追加されて、次の谷繁選手にもライト前ヒットでしたけど、これも高めのスラーダーです。

投手の佐藤選手に高めのスライダーをバントされて一死2・3塁にされたところを、またまた高めのスライダーを荒木選手にタイムリーヒットにされて1点追加。
井端選手に死球を当てて、一死満塁にピンチを広げられて、福留選手、ウッズ選手に連続タイムリーを浴びてしまいますが、福留選手のヒットもスライダーでしたね。

ここで杉山選手は降板してしまいます。
37球1回1/3、6失点と言う、前回の好投がウソのような大乱調ですけど同じような変化球ばかり狙われるところを見ると、変化球が甘かったのかもしれませんけどクセを盗まれた疑いもありますね。

2番手には急遽江草選手が登板しますけど、2アウトでの森野選手の打席でひっかけたフォークを矢野選手が捕球に失敗して1失点してしまいました。

江草選手は5回表まで92球投げてもう1失点してしまいますけど、予想外の緊急登板でがんばってくれましたね。
ところが・・・・試合後の情報ですけど江草選手はマメをつぶしちゃったらしくて、場合によっては抹消もあり得るらしいです。
貴重な中継ぎ左腕ですから大事にならなけば良いのですけど。

5回裏に桧山選手がヒット出塁して、続く矢野選手が四球出塁すると、藤本選手がフライで倒れたあとに江草選手へ代打の林選手が送られました。
林選手は思い切りの良いスイングでセンター前ヒット!一死満塁のチャンスを作ると赤星選手がタイムリーヒットで1点返して、なお一死満塁のチャンスが続いて、鳥谷選手が犠牲フライで1点追加します。続く片岡選手はライトへわずかに切れる大ファールもありましたけど四球出塁になって二死満塁のチャンスを作ります。
ところが、金本選手がファーストへゴロを打ってしまいチャンスをモノにできませんでした。
結局この5回裏の攻撃が得点の全てでしたね。

6回、7回は3番手の橋本選手でしたけど、シーズン序盤みたいな好投がもどって来ましたね。無失点で切り抜けました。ナイスピッチング!でした。

ところが8回、4番手の桟原選手がつかまってしまい4失点してしまいました。
攻撃があっさり終ってしまうと投手のリズムが崩れて、守備が長引くと野手のリズムが崩れる、悪い流れが加速して行く展開の試合になっちゃいましたね。

この負けそのものはそんなに痛い負けじゃないでしょうけど、江草選手に無理をさせる結果になったのは、はっきり言って痛いです。

全ては杉山選手の予想外の炎上が原因でしょうけど、初物に弱いジンクスをうまく突かれてしまったのも敗因かもしれません。シーズン終盤になって切り札を切ってきた落合中日にしてやられた感じですね。

その中で、桧山選手がきょう一人だけ2安打で調子を上げてきてますね。ここにきて弱点だった6番打者にも明るい材料が出てきたかな?
あと、林選手の打撃はやっぱり良いですね、思い切り良くて。守備はスペンサー選手や浜中選手よりコワイですから、スタメンで使ってもらうためにはしっかり練習してもらうしかないですけれど。

かっとばせー!かっとばせー!リン・ウェイツウ!

まあとにかく、あしたから切りかえて行くしかないでしょう。

中日にいつもの野球をやられて、延長12回逆転1点差負けみたいなイヤな展開されるよりはずっとマシな負け方ですものね。
今年のいままでの流れを見てると、かえってサバサバして良かったんじゃないかと思いますよ。

あしたこそ(阪神が勝つ)良い一日でありますように(^^;
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(24) | trackbacks(79) |


対ヤクルト 19回戦 甲子園

ヤ|200 000 102|5
神|013 610 00x|11
勝:能見3勝1敗0S
負:藤井9勝10敗0S
HR:今岡ソロ27号/矢野ツーラン17号/ツーラン18号/金本スリーラン37号
ヤ:藤井-宇野-佐藤賢-本間
神:能見-橋本-藤川

もう『優勝』て言葉は解禁で良いですよね。カウントダウンに入ったみたいですし。
ごらんのように、阪神タイガースが勝ちました!


きょう先発が予想されていた安藤選手は奥様の看病のため登録抹消とのことで、急遽昇格した能見選手が先発です。

初回、宮本選手にレフト前ヒットを打たれると、岩村選手には慎重になりすぎたんでしょうか?フルカウントから四球出塁で続くラミレス選手の打席でワイルドピッチで一死2・3塁になって、そこから真中高目のスライダーをタイムリーヒットされてしまいました。2点先制されてしまいます。

きょうのヤクルト先発は防御率リーグ2位のエース藤井選手です。
2回裏、藤井選手と相性の良い先頭スペンサー選手がレフト前ヒットで出塁すると、続く矢野選手もレフトヒットで無死1・2塁となります。
藤本選手はフライで倒れますけど、能見選手がバントを決めて二死2・3塁となりました。
そして赤星選手がレフト前にタイムリーを打って、まずは1点返しました!
ここでは能見選手のバント成功が効いてますけど、能見選手は鳴尾浜でバントが上手くなって帰ってきたのかな?

3回裏には二死走者なしから今岡選手がソロホームランで同点に追いつくと、スペンサー選手がレフト前ヒットで出塁です。スペンサー選手と藤井選手との相性はただ事じゃないですね。
そしてついに、続く矢野選手がツーランホームランで一気に逆転です!

4回裏には赤星選手がマルチ安打のレフト前ヒットで出塁すると、次の鳥谷選手の打席で盗塁を決めてエース藤井選手を揺さぶります。
その鳥谷選手は5球目をヒジに受けて死球出塁となって、続く関本選手がタイムリーヒットを放ってヤクルトを突き放しにかかりました。動揺してる動揺してる。

さらに藤井選手を攻め立てます。一死1・3塁から金本選手が左中間へのスリーランホームランです!ついに4回で藤井選手はノックアウト降板になりました。

交代したヤクルト2番手宇野選手は、いきなり今岡選手の左手小指に当たる死球です。
シーツ選手と同じ場所への当たりですので心配ですよね。
ここで、前の打席で逆転のツーランホームランを打った矢野選手がここでもツーランホームランを打ってくれました!結局この回、打者一巡の合計6点追加です。

5回裏にも先頭の赤星選手のレフト線への当たりをラミレス選手がこぼして、快速を飛ばした赤星選手は2塁到達です。
そして、続く鳥谷選手っはレフト前へのタイムリーヒットで1点ダメ押しになりました。
ウチの1・2番コンビも強力ですよね。

きょうの朝、1軍登録と登板を告げられた能見選手は立ち上がりこそ不安でしたけど、尻上がりに調子を上げてきて、ストレートも決まり始めました。
7回に三木選手にヒット出塁を許して、続く岩村選手にタイムリーで1点返されましたけれど、最小失点で切り抜けました。久しぶりの先発で能見選手は7回119球9安打3失点です。

8回表は2番手橋本選手登板で、城石選手にレフト前ヒットをゆるしますけど、無失点でした。
ところが9回表は3番手で藤川選手が登板でしたけど、小野選手と青木選手を二者連続三振に討ち取ったところで「あと一人コール」の響く中、三木選手、代打志田選手に連続ヒットをゆるして、続くラミレス選手に2点タイムリーを打たれてしまいました。
大量リードで気がゆるんじゃったんでしょうか。ちょっと変な流れになりましたね。

それでも、次の畠山選手をファールフライにしてゲームセット!
能見選手は久しぶりの勝利投手オメデトウ!

8回表の守備中に中日に広島が連勝して、とうとうマジックは一桁の9になってましたけど、さらに自力で1減らしてマジックは8になりました!




緊急登板で登録即先発の能見選手がよく最小失点でしのいでくれましたし、シーツ選手の代役の関本選手も大活躍で阪神の層の厚さを見せつける試合になりました。

もうここまでくれば優勝へのカウントダウンて言って良いんじゃないかと思います。
あしたからは中日との直接対決ですけれど、ここで中日に引導を渡して一気に優勝を決めち
ゃいましょう!

ただ、死球で途中交代の今岡選手の状態が気になります。シーツ選手と同じ場所への死球でしたものね。

それと、ケガで抹消のシーツ選手と、安藤選手の奥様の一日も早い快癒をお祈りしています。

あしたも(阪神が勝つ)良い一日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(19) | trackbacks(73) |


対ヤクルト 18回戦 甲子園

ヤ|000 022 003|7
神|000 000 020|2
勝:ゴンザレス4勝4敗0S
負:福原8勝14敗0S
HR:岩村ツーラン27号
ヤ:ゴンザレス-山部-花田
神:福原-桟原-江草

ヤクルトさんは次期監督もすんなりと決まりそうな感じですし、Aクラス狙いの横浜の猛追も気になるでしょうから油断できないと思ってましたけど、やっぱりな感じですね。
阪神タイガースが負けました。

阪神先発福原選手は1回2回と走者を背負ってのピッチングでしたけれど、粘ってしのぎます。

ところが5回、青木選手を四球で歩かせると、岩村選手にレフトに飛び込むツーランホームランを被弾してしまいました。
6回にも城石選手がレフト前ヒットで出塁すると、ゴンザレス選手の送りバント失敗で城石選手はセカンドでアウトになりますけど、打ったゴンザレス選手自身が1塁走者になって、青木選手のツーベースヒットで二死2・3塁のピンチです。
続く宮本選手も走者一掃のツーベースタイムリーヒットで、追加の2点を取られてしまいました。

6回裏には福原選手へ、久しぶりの1軍昇格の林選手が代打で登場しましたので、7回からは2番手桟原選手の登板です。
ここまで福原選手は105球投げて、6回7安打4失点です。

桟原選手は7回は三者凡退で、8回には走者を背負いますけど失点はゆるしませんでした。
ナーイスピッチング!です。

きょうは福原選手自身も良くありませんでしたけど、久しぶりに打線も湿ってましたね。
8回裏に矢野選手がレフト前ヒットで出塁して、2番手の桟原選手に代打スペンサー選手が送られてみごとな左中間を破るタイムリーツーベースでまず1点、続く赤星選手もレフトへのタイムリーツーベースで1点、合計2点を返しましたけど、反撃はここまででしたね。

9回からは江草選手が3番手で登板しますけど、先頭の岩村選手がピッチャー返しのセンター前ヒットで出塁すると、ラミレス選手はショート前へゴロになりますけど鳥谷選手のエラーで出塁してしまいました。
この無死1・3塁ピンチで、続くリグス選手はレフト左への2点タイムリーツーベース。
続く真中選手はゴロでリグス選手を3塁へ送って、米野選手に1点タイムリーヒットを打たれてダメを押されちゃいました。

結局、8回に2点返すのがせいいっぱいて感じで、ヤクルトのゴンザレス選手にやられちゃいましたね。
きょうは、先に中日が広島に負けてますから試合途中にマジックが1個減って10になりましたけど、やっぱりマジックは自力で減らしてほしいものですよね。

ここのところ6連勝してましたから、ちょっと一休みだったと思いましょう。
連勝も、あんまり続くと某球団みたいに反動がコワイですから。

あしたこそ(阪神が勝つ)良い一日でありますように(^^;
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(10) | trackbacks(60) |


シーツ選手のケガのこと

シーツは骨折ではなく挫傷
きのうの読売戦で左手に死球を受けたシーツ選手が「骨折の疑いがあるので、大阪で精密検査を受ける」とのニュースが入ってて心配していましたけど、最悪の事態はまぬがれたみたいですね。ホッとしました。

2003年の優勝のときの阪神は、ケガをした選手が多かったですものね。
浜中選手が肩をケガをした後、4番を打っていた桧山選手も脇腹をいためて抹消されましたよね。
あの年の桧山選手はシーズン当初ファーストで調子を崩しましたけど、ライトに戻ってからは打撃のほうも好調で、読売戦での大逆転劇の先頭打者ソロホームランもありましたから、かなりショックでした。
しかも、桧山選手の代役で4番を打った片岡選手も足をケガしましたから「今年の阪神の4番は呪われてるんじゃ?」て感じで不安になりました。

八木選手や2軍から上がってきた広沢選手の日替わり4番で何とか優勝は勝ち取りましたけれど、日本シリーズには通用しなかったのは皆さんご存知の通りです。
しかもあのとき今岡選手もケガをして、沖原選手がみごとに代役をはたしてくれた、なんてこともありましたね。

今年は、これから何試合かは打撃好調の関本選手や片岡選手がいますからシーツ選手の代役も行けると思いますし、もしかしたら攻撃力は上がるかもしれませんけど、キビシイ展開の試合になったときの守備力はシーツ選手のほうが上だと思います。
それに片岡選手だと先頭から4人も左が続きますから、ちょっとマズイ気がしますよね。

それともう一つ、「岡田監督は運が良い」て言う人が多いですけど、きょうはまったくその通りだと思いました。
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(21) | trackbacks(47) |


対読売 20回戦 東京ドーム

神|500 100 100|7
読|000 010 000|1
勝:下柳12勝3敗0S
負:西村2勝2敗0S
HR:今岡満塁26号/桧山ソロ8号/矢野ソロ16号
神:下柳-藤川-ウィリアムス-久保田
読:西村-前田-岡島-酒井- 鴨志田

おとついの長崎と合わせての変則2連戦で東京ドーム最終戦です。

思いだすと一昨年のきょうのこの時間、わたしは本気で泣いていました。
ずっとずっと泣いてました。
そして今年、もう一度あの歓喜の日へむけて虎はふたたび走り出します!

ごらんの通り、阪神タイガースが勝ちました!

読売の先発は昨年でしたか、阪神にボコボコに打たれて防御率がコワイ数字になった西村選手です。
初回、先頭赤星選手がセンター前ヒットで出塁すると、鳥谷選手への初球で盗塁成功です。さいさき良いですよね。
シーツ選手には死球が手に当たってとっても痛そうです。打ちに行ったところですから、これは西村選手も不運だったと思います。シーツ選手は1回裏の守備にはつかずに関本選手と交替になってしまいました。大事なければ良いのですけど。

続く金本選手には四球で、初回から一死満塁のチャンスです。
ここで打点リーグトップの今岡選手がグランドスラムで打点荒稼ぎです。もうドンドン稼いじゃってください!
しかもタイガース70年の歴史で、今岡選手の年間グランドスラム4本は球団新記録です。
これは、あのバックスクリーン3連発より勝利貢献度大だと思います

さらに攻撃は続きます。次の桧山選手はフルカウントで粘った7球目をライトスタンドへほりこむソロホームランで1点追加です。
結局この回、打者1順で計5得点を先制して試合の主導権を握ります。

4回にも鳥谷選手がライトフェンス直撃のヒットで、続く関本選手もライト前ヒットで連続出塁です。
金本選手には四球で、またまた一死満塁のチャンスでしたけれど、今岡選手への死球で1点追加しただけに終っちゃいましたね。

長崎ではご両親もこられてて、先発を希望する声の多かった下柳選手がきょうの先発です。
こう言う、ムードに流されずに決めたローテをきちんと守るところは岡田監督の良いところですね。
きょうの下柳選手は打たせて獲るピッチングで、4回まで三者凡退を繰り返してまいたけど、5回につかまってしまいます。
5回裏、先頭の小久保選手が内野安打で出塁して、次の阿部選手のゴロで小久保選手を2塁封殺しましたけど、阿部選手自身はセーフです。
続く高橋由選手にはゴロで阿部選手を2塁に送られて、仁志選手にセンター前タイムリーを打たれて1点返されてしまいましたけれど、ここからいつもの粘りのピッチングに切りかえたみたいで追加点はゆるしません。

6回裏、簡単に2アウトを取ったあと二岡選手にライト前ヒットを打たれたところで、小久保選手の打席で好投の下柳選手は2番手藤川選手に交替です。

下柳選手は6回2/3・77球4安打1失点でした。あいかわらず安定感は阪神先発陣で一番ですよね。

7回表には、矢野選手がダメ押しの通算1000本安打となる16号ソロホームランをライトスタンドにほうりこみました!

おめでとうございます矢野選手!

藤川選手もあいかわらず絶好調で、6回裏の小久保選手を抑えたあと、7回裏も三者凡退に抑えこんでしまいます。もう芸術と言って良いかも?

8回裏は3番手ウィリアムス選手、9回裏は4番手久保田選手といつものJFKトリオで継投です。走者はだしますけれど、無失点で切り抜けてゲームセットです!

これで、貯金は今期最多の28で優勝マジック12、しかも2リーグ発足以来初めての対読売戦3年連続勝ち越しが決定しました。
ちなみに、読売は70敗目です。

と、書いてたら横浜が勝ちましたので優勝マジックは11ですね。


とうとうここにきて、阪神が優勝へむけて走りだしましたね。
あさってからは甲子園に帰って今年最後の5連戦です。しかも、あの恵みの雨のおかげで、2位中日を最高のチーム状態で迎えることができそうな試合が1個増えてました。
もうこのまま一気に走り切っちゃうしかないしょう!

あしたも良い一日でありますように(^^


追記:
長崎−福岡と応援ツアーやっちゃったせいで、ブログ更新だけで体力尽きちゃってました。
トラックバック返しやコメントなどはのちほどまとめていたしますのでご容赦ください(^^;
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(102) | trackbacks(92) |


対広島 19回戦 甲子園

広|000 000 000|0
神|530 200 00x|10
勝:杉山8勝5敗0S
負:レイボーン2勝4敗0S
HR:今岡ツーラン25号
広:レイボーン-佐竹-広池-林-永川-長谷川
神:杉山

きのう頭部死球を受けてしまった矢野選手は、新聞では軽傷ですけど大事をとってきょうはお休みと書いてありましたけど、きょうも元気にスタメン出場でした。
そして・・・・きょうも、阪神タイガースが勝ちました!

きょうの先発は3連勝中の好調杉山選手で、広島先発はレイボーン選手です。

きょうの杉山選手は得点圏にランナーを背負っての投球になることが多かったですけど、下柳選手ばりの粘りのピッチングで無難に抑えてましたよね。
初回からいきなりランナーを背負った杉山選手でしたけど、決定打だけは許さない投球術がさえてました。

そして、1回裏にはレイボーン選手の立ち上がりを攻めて、先頭の赤星選手がライト前ヒットで出塁すると、鳥谷選手もクリーンヒットで続きます。
シーツ選手が四球をもらって無死満塁にすると、金本選手のタイムリーヒットの2塁打でまずは2点。続く今岡選手もタイムリーヒットでさらに1点追加です。
桧山選手はサードライナーで倒れましたけど、矢野選手の打席でワイルドピッチが出て金本選手生還となって、またまた1点追加。藤本選手は当たり損ないでしたけど、守備がみだれてタイムリー内野安打で、実質トドメの1点追加でした。

結局この回5点も先制して、さいさき良いスタートになりましたね。

2回裏には鳥谷選手が内野安打で出塁すると、金本選手は四球出塁して今岡選手の125打点目のタイムリーヒットで2点追加。続く桧山選手もライト前にタイムリーヒットで今岡選手も生還して1点追加で合計3点追加してしまいました。

3回は得点こそありませんでしたけど、この回レイボーン選手から代わった佐竹選手相手に赤星選手が55号盗塁を成功させました。

4回裏は、先頭の金本選手がセンター前ヒットで出塁すると、続く今岡選手のツーランホームランでダメ押し2得点追加で、10対0の10点差にして、早くも試合を決めてしまいましたね。
きょうは今岡選手の誕生日でしたからバースデーアーチですし、しかもプロ通算100号の記念のホームランにもなりました。

おめでとうございます!今岡選手会長!

これだけの大量戦後をもらった杉山選手は、このまま粘りのピッチングを9回まで続けて、なんとプロ初完投・初完封になりました。

杉山選手もおめでとう!

きのうのきょうですから、心配してました矢野選手も元気みたいですし、4回には得点にはつながりませんでしたけど安打も出ました。まったく問題なさそうです。

きのうがあんな大味な試合でしたから打撃が粗くなっちゃんじゃないか、て心配も余計でしたね。文句ナシの完勝でした!

杉山選手の完投完封のおかげでSHEトリオはもちろん、JFKトリオもお休みですし、今週は極端に試合数の少ない週ですから中継ぎ陣にもまったく不安を感じませんよね。

きょうもまたまた中日が読売に負けましたから、ゲーム差も1個増えて6ゲーム差で、しかも対中日かくれマジックも1になりました。

つまり・・・・ついに優○マジックがすぐ手の届くところまできたんです!

もしも13日の長崎で読売に勝って、中日が横浜に負けるか引分けで優○マジック13が点灯するそうです。
最近読売も調子良いですけど、もしも長崎でマジック点灯になったら最高ですよね。

あしたもよい一日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(27) | trackbacks(69) |


対広島 18回戦 甲子園

広|010 100 000|2
神|034 402 80x|21
勝:安藤10勝5敗0S
負:大島1勝2敗0S
HR:矢野スリーラン15号/金本ツーラン35号/シーツ スリーラン19号
広:大島-森-天野-長谷川-広池-佐竹
神:安藤-橋本-江草-桟原

星野SDの読売監督問題も決着して、あとは優○をめざすだけになりましたね。
ごらんの通り、阪神タイガースが勝ちました。

と、言いたいところですけど危険球退場や乱闘で大荒れの試合になっちゃいました。

阪神先発は5連勝中の安藤選手で、広島先発は前回コテンパンにやられてプロ初勝利をプレゼントしてしまった大島選手です。

安藤選手は初回、広島山崎選手にツーベースを打たれて、嶋選手がゴロで送ってきてピンチになりますけど、なんとか無失点で切りぬけました。
2回には、先頭の前田選手に初球をツーベースヒットされて、新井選手にもレフト前ヒットで無死1・3塁のピンチになったところを栗原選手の犠打で1点先制されてしまいます。
きょうの安藤選手、立ち上がりが良くありません。

ちょっと不安になりましたけど、その裏で先頭の今岡選手が四球出塁すると、二死になったところで、きょうはスタメンの関本選手にフェンス直撃のタイムリーツーベースが飛びだして同点に追いつきました。
最近関本選手に当たりが戻ってきて、たのもしい限りですよね。

しかも、続く安藤選手に守備の裏をかくレフト左へのタイムリーヒットがでて、1番に戻って赤星選手もレフト前タイムリーヒットで、なんと3安打3点の3者連続タイムリーです。
やっぱり投手が打って打線がつながると恐ろしい得点力になります。それと、やっぱり先頭打者の四球出塁はききますね、一気の逆転劇でした。

3回裏には先頭のシーツ選手が四球出塁すると金本選手も四球出塁となって、こんどはスペンサー選手にタイムリーヒットです。
前回苦しめられた大島選手はノックアウトで交代です。初物に弱い阪神ですけど、2匹目のドジョウはいませんよ。

交代した2番手の森選手から矢野選手がスリーランホームランを打って、これは広島へのトドメの一撃になりましたね。

4回に栗原選手のタイムリーで1点返されましたけどその裏、先頭シーツ選手がヒットで出塁すると、続く金本選手にツーランホームランで2点追加しました。

ところが、次のスペンサー選手が四球出塁すると、続く矢野選手の打席で、矢野選手のヘルメットに当たる四球を投げて森選手は危険球退場です。しかも警告試合が宣言されてしまいました。
矢野選手は自分で歩いてベンチへ戻りましたけど、代走の野口選手がコールされてしまいました。大事ないと良いんですけど。

次の関本選手がライト前ヒットを打つと、スペンサー選手は本塁へ突進して、ホームベースに覆いかぶさる倉選手へタックルしますけどクロスプレーでアウトになり、倉選手は担架で運ばれてしまいました。矢野選手の頭部死球直後てタイミングだっただけに、このプレーをめぐって双方の選手が集まってニラミ合ってちょっとアブナイ雰囲気でしたね。

試合再回直後、またまた安藤選手にタイムリーヒットが出て野口選手が生還したうえ、関本選手もクロスプレーでセーフになって安藤選手はきょう2打点です。結局この回は4得点となりました。

6回には関本選手と安藤選手への代打浜中選手の連続タイムリーで2点追加して、7回にはエラーが4個もあってシーツ選手からの打者一巡の猛攻撃で8点追加してしまいます。ここまでの得点が合計21点で今期最多得点となりました。

点差がこれだけ開いてしまいましたけど6回に浜中選手が代打しましたから安藤選手は降板して、きょうはSHEの3人の出番ですね。
橋本選手、江草選手、桟原選手の順に簡単に広島打線を抑えてしまいます。


もちろん大勝しましたからうれしいんですけど、矢野選手が頭部死球を受けたり、スペンサー選手のタックルで倉選手が負傷退場したりで乱闘騒ぎでしたし、警告試合にもなってますから後味があまり良くない試合に感じました。
矢野選手と倉選手に大事なければ良いんですけど。

きょうも中日が読売に負けたのはうれしい予想外でしたね。これでゲーム差が5に開いて、勝率1位マジック15が点灯です。
早ければ13日の長崎で本物のマジックも点灯ですけど、さすがにこちらは難しいかな?

あしたも(阪神が勝つ)よい一日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(29) | trackbacks(83) |


対広島 17回戦 甲子園

広|000 100 000|1
神|000 101 01x|3
勝:福原8勝13敗0S
S:藤川5勝1敗1S
負:黒田12勝9敗0S
HR:金本ソロ34号
広:黒田
神:福原-ウィリアムス-藤川

のこり20試合になって大事でない試合なんてもうありませんけど、この前の対中日戦があれだけの激闘だっただけに、きょうの試合は今後を占う意味でも大事な試合でしたよね。

ごらんの通り、阪神タイガースが勝ちました!

きょうの先発は福原選手、広島先発はエース黒田選手です。
福原選手は先週、藤川選手のダウンにそなえてリリーフ待機でしたから、久しぶりの先発のマウンドですね。

福原選手は初回、嶋選手に軽く合せたようなヒットを打たれて、続くラロッカ選手の打席は内角をキビシく突くボールが肘に当たって死球出塁となりましたけど、なんとか無失点に抑えましたからまずまずの立ち上がりでした。

その裏の黒田選手もシーツ選手への四球はありましたけど、こちらも順調な立ち上がりで、きょうも少ないチャンスを奪い合う展開になりそうでしたね。

試合が動いたのは4回表、この回先頭の嶋選手にきょう2本目のヒットを打たれると、続くラロッカ選手にもレフトヒットを打たれてしまいます。
前田選手はセンターフライに倒れますけど嶋選手は3塁に進塁しちゃいました。
新井選手は三振に倒れますけど、栗原選手を四球でだして二死満塁のピンチを迎えて、倉選手にタイムリーを打たれてしまいます。
次が投手の黒田選手でしたから三振でチェンジにはなりましたけど、痛い先制点を1点先取されました。

黒田選手が良かっただけに「あちゃ!」て思いましたけどその裏、一死から金本選手がチーム初ヒットで出塁すると、続く今岡選手が粘って6球目をポテンヒットにすると桧山選手は2ゴロに倒れますけど、結果的に金本選手を3塁に送ったのと同じになりましたね。
ここで矢野選手のタイムリーが飛び出して、1点取られてすぐ同点に追いつくのに成功しました!

こういう「流れを呼び戻す」プレーって、投手戦になりそうなときはホントに大きいですよね。

黒田選手が良かったですから、得点チャンスの少ない試合でしたけれど、6回裏に金本選手のソロホームランが飛び出してやっと逆転に成功します。しかもこれが金本選手の1000打点めの記念打点になって本塁で花束贈呈が待ってました。

7回表は福原選手続投でしたけれど、先頭の倉選手を2ゴロに打ち取ったあと、投手の黒田選手を四球で出塁させてしまいます。
試合後のコメントで久保コーチはこの投球にお怒りだったみたいで、緒方選手を三振にすると2番手ウィリアムス選手の登板になりました。
おそらく緒方選手の打席の間に急いで作ったんだと思いますけど、久保コーチによると「予定が狂ってしまう」とのことでしたね。
やはり投手への四球は試合の流れを大きく変える原因になりやすいとわたしも思いますから、ここでの交替を支持したいです。

8回裏、赤星選手がライト前へのゴロヒットで出塁すると鳥谷選手が送りバント成功させます。
最近、なにげに鳥谷選手の送りバントて、成功率高い気がします。
これだけ鳥谷選手の成長が大きいですから、きょう新聞に載ってた久慈選手の去就問題もしかたないことなのかもしれません。
まだまだ守備力では久慈選手の域まで行ってないとは思いますけれど。

続くシーツ選手はフライに倒れますけど、金本選手がすんごいライナーの3塁打を打って赤星選手が生還しました。これは貴重な追加点になりましたね。
惜しかったのは、あと一本2塁打があればサイクルヒット達成だったんですけど、きょうは投手戦風味の試合ですから打席数が少なくなるのはどうにもなりませんよね。一番難しい3塁打が出てただけにざんねんでした。

この前の対中日戦の激闘で久保田選手のイニング数が増えてましたから、きょうは8回途中から藤川選手が登板して、そのまま9回まで抑えてしまいました。

きょうはいつもとちがって「JF」でしたけど、ここでもう一個記録がでてましたね。
なんと藤川選手がプロ入初セーブだそうです。これだけ大活躍してる藤川選手ですから、意外ではありましたよね。「そう言われてみると、そうだったっけ?」て感じです。


これで貯金は今期最多の24個です。
そういう予感はしてましたけど、中日は読売の工藤選手に抑えられて負けましたから、中日とのゲーム差も4に増えました!

これで残り試合は20を切って19試合ですね。下位チームもAクラス争いや最下位争いのありえるゲーム差ですから中日以外のチームとの試合もまだまだ予断はゆるされませんけど、1戦1戦、大事に戦って行ってほしいモノです。

あしたも(阪神が勝つ)よい一日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(21) | trackbacks(79) |


対中日 19回戦 ナゴヤドーム(その2)

壮絶な、5時間1分の意地と意地のぶつかり合い。
ゆうべはナゴヤドームがスゴ過ぎて良く寝られませんでした。
続きを読む >>
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(10) | trackbacks(34) |


対中日 19回戦 ナゴヤドーム

神|000 100 011 01|4
中|000 000 102 00|3
勝:久保田5勝4敗23S
負:平井4勝4敗1S
HR:金本ソロ33号/中村豊ソロ1号
神:下柳-藤川-ウィリアムス-久保田
中:川上-高橋聡-山井-岩瀬-石井-平井

普段は守備の人な中村豊選手がやってくれました!もう涙が出そうにうれしいです。
阪神タイガースが勝ちました!!!

きょうの先発は阪神は下柳選手、中日は川上選手です。
両投手ともに立ち上がりが良くて、きょうは投手戦の予感がしましたね。
きのうは誰かさんがやらかしてくれましたから、きょうは絶対負けられません。それどころか引分けでも負け同然です。

4回表、先頭の金本選手が先制になるソロホームランで1点先取して均衡を破りますが、追加点までは取れません。川上選手を打ち崩すところまでは行きません。
下柳選手のほうも粘るピッチングをしてますから、ホント締まった良い試合です。

下柳選手は5回までで降番して、6回からは早めの継投となる2番手の藤川選手が登板しますけど、7回に代打森野選手へ四球を投げてしまうと、続く谷繁選手にタイムリーツーベースを打たれてしまい、1点返されて同点とされてしまいます。

8回、先頭の藤川選手への代打浜中選手が四球で出塁すると、赤星選手が送りバントをめずらしく成功させて浜中選手が2塁へ進むと、鳥谷選手のタイムリーで1点追加して、ふたたびリードを取り返します。こういう、1点取られたあとすぐに1点取戻すのは大事なことですよね。

その裏、3番手のウィリアムス選手は二死から立浪選手の足に死球を当ててしまいますけど、ウッズ選手を敬遠で歩かせて、続く福留選手を凡打に抑えます。息詰まる展開ですけど、ウィリアムス選手も粘ります。

9回表、先頭の金本選手がライト前ヒットで出塁すると、続く今岡選手がセンター前ヒットで出塁して、桧山選手も四球を選んび無死満塁のチャンスを作りました。
ここで1塁走者の桧山選手に代走の中村豊選手がおくられました。いつもの終盤戦定番の采配ですけど、これがあとあとで伏線になるなんて夢にも思ってませんでしたよ。

矢野選手の打球で、本塁に走った金本選手がフォースアウトになって、藤本選手への代打スペンサー選手が出てくると、中日はマウンドへ天敵岩瀬選手を送り込みます。
スペンサー選手は三振に打ち取られて、ウィリアムス選手への代打の関本選手のライト前ヒットで今岡選手が生還して中村豊選手も本塁に帰ってきますが、ビミョウなクロスプレーになってアウト判定でした。
これには岡田監督もベンチを飛び出して抗議しますが、結果は変りません。結局関本選手のタイムリーで1点の追加にとどまってしまいました。

9回裏を4番手の久保田選手が抑えてくれればすんなり終るはずでしたけど、中日打線が食い下がって来ましたね。
先頭アレックス選手にヒットをゆるして、続く森野選手にはツーベースヒットで無死2・3塁にされてしまって、いきなりのピンチです。

続く谷繁選手にもヒットゴロを打たれて、セカンドの関本選手が本塁へ送球しますけど、アレックス選手とのビミョウなクロスプレーは、今度はセーフ判定です。
当然これには岡田監督以下首脳陣が猛抗議して、ゲームが中断してしまいます。結局判定は変りませんでしたし、平田ヘッドコーチが退場処分てオマケまで付いてしまいました。

ゲーム再開して先頭の岩瀬選手には代打井上選手が送られて、犠打を打たれてしまってとうとう同点に追いつかれたうえに、一打サヨナラのピンチがさらに続きます。

荒木選手の打球を赤星選手がまさかまさかの落球でエラーしちゃいます。

ところが、これで火が付いたのでしょうか?久保田選手。井端選手は敬遠策で歩かせますが、続く代打の渡邉選手とウッズ選手を連続の空振り三振に抑えてしまいます。
「最初からそれやってよ!」て思ったのわたしだけでしょうか?

延長戦に突入して10回はお互いにゆずりませんでしたけど、11回表に先頭の中村豊選手がまさかの決勝第1号ソロホームランをレフトポールぎわ最前列に運びました!

きょうの試合は「まさか!」のバーゲンセールみたいな試合でした。心臓にはとても良くない展開の連続でしたけど、中村豊選手の決勝ホームランは今年の阪神の試合で一番うれしい「まさか!」だと思います。断言しちゃいますよ。

・・・・・もう「まさか!」はおなかいっぱいですし。

とりあえず、きのうの負けを帳消しにする1勝になりましたね。
岩瀬選手からタイムリー打てたのも大きいですし、このカード前の状態の3ゲーム差に戻しちゃいましたし。

欲を言えば2連勝したかったですけど、鬼門ナゴヤドームで1勝1敗の結果だったら「まあまあ」て感じでしょうか?なんと言っても、次の天王山第3ラウンドは甲子園です。

この決着は甲子園で付けてもらいましょう!

あしたもよい一日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(18) | trackbacks(65) |


対中日 18回戦 ナゴヤドーム

神|000 000 002|2
中|101 102 00x|5
勝:中田5勝2敗0S
S:岩瀬1勝1敗39S
負:井川11勝7敗0S
HR:立浪ソロ8号/ソロ9号/井端ソロ6号
神:井川-桟原-ダーウィン
中:中田-岩瀬

首位攻防の天王山第2ラウンド初戦なんですけど・・・・・
ざんねん!阪神タイガースが負けました。

きょうの先発の井川選手は、初回から井端選手、立浪選手に連続ヒットを打たれて、ウッズ選手に四球で一死満塁にすると、福留選手へ四球で押し出しで1点の先制点を献上してしまいます。

3回裏には立浪選手にソロホームランで1点追加されて、4回には一死から荒木選手をセンター前ヒットで出塁させると、続く井端選手にタイムリーツーベースを打たれて、またまた1点追加されてしまいました。

4回、5回は何とか抑えて6回からは2番手桟原選手に託しますが、その桟原選手は井端選手、立浪選手に連続ソロホームランを被弾してしまいました。
5回まで3失点でしたから最低限の失点だとは思ってましたけど、ここで突き放されてしまいましたね。
桟原選手は7回を三者凡退で抑えましたけど6回は、まさかまさかの大乱調でした。

3番手は久しぶりの登板のダーウィン選手でしたけど、8回を三者凡退で抑える好投でしたね。

打線のほうは、中日先発のルーキー中田選手に8回まで完封ペースで抑えられていましたけど、9回に金本選手が四球で出塁して、今岡選手が1・2塁間を抜けるヒット出塁すると、桧山選手はライトフライに倒れますけど矢野選手のセンター前タイムリーヒットで1点を返しました。
まさに「虎の意地」で中田選手のプロ初完封を阻止して岩瀬選手を引きずり出したと言えるんじゃないかと思います。

結果は負け試合にはなりましたけど、この一打はウチにとっては大きな大きなタイムリーヒットになったと思います。

しかも、その天敵岩瀬選手から代打の浜中選手がタイムリーヒットを打って、さらに1点返しました。

最後はスペンサー選手がファーストフライに倒れてゲームセットになってしまいましたけど、9回の2点はあしたへの希望の2点になったんじゃないかと思います。

負け投手になった先発井川選手は3失点ですけど、前回までとちがって大崩れしたワケじゃないですからちょっとは良くなってるのかな?初回の押し出しの1失点と球数が多かったのは、いただけませんでしたけど。

2番手の桟原選手は今までが良かっただけに、きょうの連続ホームランはショックだったと思いますけど、7回を三者凡退で抑えてますから案外早く立ち直れるんじゃないかと思います。
そして、ダーウィン選手は8回だけでしたけど、上位打線を三者凡退ですから前回よりもずっと進化してますよね。勝ちにはつながりませんでしたけど9回の反撃流れを呼び込んだのは、ダーウィン選手の好投だったと思いました。

試合終了直前にやっと、て感じでしたけど打線も当たりが出始めましたね。2ゲーム差に詰め寄られたとは言え、あしたさえ勝てば結果ドローみたいなものです。
勝負は「甲子園に帰ってから」と言うことにするためにも、あしたは頑張ってきょうの分を取り返してほしいモノですよね。
あしたの先発は下柳選手だと思いますけど、打線がきょうの9回の調子を忘れなければダイジョウブですよ。きっと。

でもホント、北海道で勝ち越しといて良かったですね。

あしたこそ(阪神が勝つ)よい一日でありますように(^^;



余談ですけど、さっき台風14号は通りすぎたみたいです。
だいぶ弱くはなってるみたいですけど、これからの進路にあたる皆様のご無事をお祈りしています。
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(25) | trackbacks(73) |


マジックのこと

ペナントレース終盤に入って阪神タイガースはきょう現在のところ、貯金は今期最多の23個で2位中日に3ゲーム差をつけて首位に立ってます。

2003年のときみたいに独走じゃないですからマジックはまだ点灯してませんけど、2003年のときよりチームに安定感があって、2003年の今頃の時期の阪神より今年の阪神のほうが強いように感じています。
チームに地力がついた感じですし、なんと言っても試合に出られない程の故障者はいませんものね。
続きを読む >>
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(29) | trackbacks(34) |


対横浜 20回戦 札幌ドーム

神|000 100 000 1|2
横|000 010 000 0|1
勝:藤川5勝1敗0S
S:久保田4勝4敗23S
負:川村4勝6敗0S
HR:スペンサー ソロ9号
神:杉山-ウィリアムス-藤川-久保田
横:土肥-加藤-川村-ホルツ

きょうの先発は阪神は杉山選手、横浜は土肥選手です。
いつもは立ち上がり不安な杉山選手ですけど、どちらも初回を三者凡退に抑えるなかなかの立ち上がりですよね。

2回裏に杉山選手は暴投もあって2死3塁のピンチになりましたけど、粘って無失点に抑えられたのはまずまずだと思います。

3回表の攻撃のとき、杉山選手の左ヒジに死球が当たってしまいます。この前のヤクルト戦と言い杉山選手は災難です。
だいたい、ピッチャーへの死球なんてオキテ破りですよね(-_-#

両投手が良いせいで、阪神と横浜、両方とも凡打ばかりでしたけど、4回表にスペンサー選手がカウント1−3からの高めなスライダーをレフトスタンドに運ぶソロホームランで1点先制です。
シーツ選手やウィリアムス選手と違って、スペンサー選手は来年の阪神残留がビミョウなんだそうです。岡田監督によると「大事なところで打つような、印象に残るプレーがあったら考える」みたいなこと言われてますので、さっそく結果につながったみたいですね。
日本の野球になれてきて結果につながった、て思いたいですけどね。

5回裏、先頭の種田選手がレフト前ヒットで出塁すると内川選手が内野ゴロで送って、一死2塁になると、続く相川選手のタイムリーで同点にされてしまいました。
ここまで好投してた杉山選手ですけどホント惜しかったですね。もしかしたら今期一番の好投だったかもしれないのに、このタイムリーで勝ちが消えてしまいました。

8回からは、7回100球ちょうど1失点で好投した杉山選手に替わって、2番手ウイリアムス選手が登板です。延長線を考えての遅目のリレーですよね。
8回を三者凡退に抑えて、9回は先頭の佐伯選手まで抑えてから3番手藤川選手へつなぎます。
藤川選手は当然、多村選手、種田選手を2者連続三振に抑えてしまいます。藤川選手はもう何の不安もありませんね。これで9回サヨナラは絶対に無いって思いましたもの。

延長戦突入の10回表、横浜3番手の川村選手から先頭の今岡選手が四球を選んで、スペンサー選手がピッチャーゴロで送ります。続く矢野選手がライト前ヒットで出塁して
一死1・3塁のチャンスを作ると、藤本選手のセンター前タイムリーヒットで、やっとこ勝ち越しの1点入りました。

あとはこの10回裏に1点を守り切るでけですけど、4番手はきのう「ボヤ」を起こした久保田選手です。信頼はしてるんですけど、きのうのきょうですからちょっぴり不安もありましたけど、きょうはいつも通りピシャっと三者凡退に打ち取ってゲームセットです。

好投した先発の杉山選手に勝ちは付きませんでしたけど、今までで一番のできだったように思いますよ。この好調を維持すれば絶対次は勝てるはずです。ナイスピッチでした!

あと、スペンサー選手、監督やフロントに「後がない」っておどかされてるのもあるんでしょうけど、ナイスバッティングでした。まわりがあれだけ打てない中で打ったのは十分印象に残るプレーだったと思いますよ。シーツ選手みたいに日本でずっとやってきたワケじゃないんですから、やっと日本の野球になれてきたところじゃないかな?て思います。
桧山選手との併用でしたから、日本の野球になれるチャンスも普通の外国人野手よりもずっと少ないワケですしね。

なんと、きょうはナゴヤドームでヤクルトが勝ち越しを決めましたからゲーム差は3に増えて、貯金は今期最多の23です。
去年は悪夢と絶望の札幌ドームでしたけれど、今年は夢へ一歩近づく札幌ドームになりましたね。

火曜日からはいよいよ天王山第2ラウンド、ナゴヤドームで中日戦です。この北海道シリーズをかてにして竜退治と行きたいですね。

あと、井川選手のクセが中日にバレていたのが判明したて言うニュースがありましたので、クセを修正してエースらしいピッチングで中日をたおしてください。ぜひ!

あしたも、よい一日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(22) | trackbacks(54) |


対横浜 19回戦 札幌ドーム

神|003 001 000|4
横|100 000 002|3
勝:安藤9勝5敗0S
S:久保田4勝4敗22S
負:門倉9勝6敗0S
神:安藤-ウィリアムス-藤川-久保田
横:門倉-ホルツ-龍太郎

あーっ、あぶなかった!「薄氷を踏む」て、こういう感じなんでしょうね。
ヒヤヒヤしましたけど、阪神タイガースが勝ちました(^^;

阪神の先発は、8勝5敗と波に乗る安藤選手で、横浜先発はチーム事情で先発回避した三浦選手に代わって門倉選手です。

初回、門倉選手の立ち上がりはかなり良いみたいで、シーツ選手に四球を出しただけで抑えられてしまいます。
その裏、安藤選手は2アウトから金城選手に初球をライトへのライナー性の当りで二塁打されて、続く佐伯選手にも初球を右中間タイムリーを打たれてしまい1点先制されてしまいます。

3回表、先頭に回ってきた赤星選手が四球出塁すると、門倉選手は赤星選手がかなり気になるみたいでしきりに牽制球を投げますけど結局盗塁成功。これでリズムが崩れたのか鳥谷選手は四球出塁です。
つづくシーツ選手は初球を右中間に落ちるタイムリーヒットにして、これで横浜に追いつきます。
しかも金本選手への7球目をキャッチャー相川選手が後逸して鳥谷選手が生還して逆転です。
続く今岡選手はセンターへの犠牲フライを打ち上げてシーツ選手が生還して横浜を突き放しにかかります。

そのあと、門倉選手が立ち直り追加点をもらえませんでしたし、安藤選手も粘りのピッチングで反撃をゆるしません。途中から急に投手戦になってしまったみたいです。

6回表、桧山選手のあとちょっとでホームランて言う右中間フェンス上段直撃のヒットで2塁へ出塁すると、つづく矢野選手のライトへのファールフライで桧山選手が3塁へ進んで2死3塁になると、当然四球で藤本選手との勝負さけて安藤選手との勝負にこられます。

ところがきょうの安藤選手は一味ちがいました。初球を門倉選手のグラブをかすめるピッチャー強襲のタイムリーヒットにして1点追加です。あとあと考えるとこの安藤選手の1点はとても大きいモノになりましたよね。

6回1/3、85球1失点で3点差が付いて、いつものJFKにマウンドをたくして安藤選手は降板しました。ナイスピッチ&ナイスバッティングでした!

2番手ウィリアムス選手はこの回、石井選手に2塁打をゆるしますけど後続を抑えて、8回には3番手の藤川選手が登板して3人でピシャリと抑えます。藤川選手はもうぜんぜん不安感ないですよね。

ドラマは9回裏でした。JFKのトリをつとめる4番手久保田選手は、先頭小池選手にセンター前ヒットを打たれて、つづく相川選手は三振に打ち取りましたけど、内川選手の打球はライト前ヒットで一死1・2塁です。
さらに、石井選手にセンター前ヒットを打たれて一死満塁にされると久保田選手は動揺したのか続く代打の鈴木選手にまさかの押し出し死球を投げてしまい1点返されて2点差とされていましました。
しかも一死満塁のまま、次の金城選手にはタイムリー内野安打が出てとうとう1点差まで詰め寄られてしまいました。

なんとか、佐伯選手を三振に抑えてなんとか二死満塁にしますけどそれでも去年の札幌ドームの悪夢、ウッズ選手の満塁ホームランを思い出してもうドキドキものの大ピンチが続きます。あとひとり!

多村選手は初球をショート方向にゴロを撃ちますけど、ショート鳥谷選手の1塁への送球は暴投ぽい感じでドキドキもピークになっちゃいましたけど、シーツ選手が素早くランナーにタッチしてゲームセット!阪神のファーストに名手のシーツ選手がいてくれてホントに良かった!て感じですよね。シーツ選手はこの1プレーだけでもヒーロー賞モノだと思ったくらいです。

よく、シーツ選手を「シーツ先生」て呼ぶ人がいますけど、きょうこそその意味がわかったような気がします。
それと、阪神のファーストは他のチームならショートで名人と呼ばれるくらいの選手じゃないとちょっと・・・・て言ってる人もいました。まったくその通りだったと思いますよ。

もちろん、きょうのヒーローの安藤選手の打ったタイムリーがなかったらどうなっていたかと思うと背筋が寒くなります。裏で中日がヤクルト相手に大勝してたみたいですから、そう言う意味でもギリギリ1点差で逃げ切るこのとできたこの1勝は、ホントに大きい1勝だと思ってます。

北海道シリーズ第1戦はかろうじて取ることができました。もう1個勝って勢いをつけてから、首位攻防戦第2ラウンドのナゴヤドームに乗り込みたいですよね。

あしたも(阪神が勝つ)よい一日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(32) | trackbacks(61) |


対中日 17回戦 甲子園

中|100 000 000|1
神|003 030 200|8
勝:下柳11勝3敗0S
負:山本昌7勝7敗0S
HR:今岡ツーラン23号/スリーラン24号
中:山本昌-鈴木-石井-小林-山井
神:下柳-福原-ウィリアムス-藤川-久保田

絶対に負けられないと言う戦いは確かにあります。
・・・・・阪神タイガースが勝ちました!!

先発は前々回、前回と失敗してる下柳選手ですけど、やっぱり甲子園効果があったみたいです。
1回に井端選手がツーベースヒットで出塁して、続く立浪選手ノヒットで一死1・3塁となって、ウッズ選手の併殺崩れのあいだに1点先制されてしまいました。

立ちあがりはちょっと不安でしたけど、ここから下柳選手のピッチングが甲子園て舞台を得て真骨頂発揮です。
粘りのピッチングのお手本のようなマウンドさばきで中日打線を封じこんでしまいました。
この大一番の好投で東京ドームと広島の悪夢を完全に拭いさりましたね。5回1失点で早めの降番でしたけど、きょうの阪神は後ろのピッチャーが有り余るほどいる、て信じられないくらいのゼイタクな状態です。

2番手は、このカード初日の雨のおかげで臨時リリーフの福原選手です。先発を1回飛ばしてしまいましたけどその分、きょうも投げなきゃもったいないと言うことでしょうか?
先発に転向してずいぶん経ちますから中継ぎ陣のペースに合わせるのがむつかしくなってるのかもしれませんね。簡単に2アウト取りますけど、立浪選手にヒットを打たれるとウッズ選手に四球を与えちゃいました。

6回途中から7回は3番手ウィリアムス選手が登板して反撃の芽を全部摘んじゃいます。

8回開始の時点でスコアは7点差となってましたけど、8回は4番手藤川選手、9回は5番手久保田選手をマウンドにおくりますけど、これは調整登板でしかないでしょう。
藤川選手は病みあがりもありますけど、中10日となるホントに久しぶりの登板でしたし、久保田選手もかなり間があいてますものね。

しかし、調整登板のからみとは言え超豪華リレーですね。
点差は離れてましたけど総力戦にふさわしいラインナップで、わたし、目がくらんでしまいそう。

ああっ!甲子園に行きたかった!


打線のほうは、金本選手に当たりがないのが気になりますけど、その分今岡選手が大爆発でしたし、赤星選手の猛打賞と3盗塁もスゴイ大活躍でした。

3回にシーツ選手のタイムリーで赤星選手が生還して、まず1点。同点に追いつきます。
しかも、今岡選手の23号ツーランで一気に逆転しちゃいます。

5回にも、5回途中交代で中日2番手のルーキー鈴木選手から24号スリーランを放って、中日を突き放しにかかっちゃいます。
交流戦のあとくらいからでしょうか?天敵だった中日山本昌選手は、すっかり普通に手ごわいくらいの投手になちゃった感じがありますよね。

7回には、今岡選手のタイムリーと代打浜中選手の犠打で2点をダメ押ししちゃいました。
きょうの、超豪華リレーにはこの2点が大きかったですよね。

対中日の首位攻防戦、終わってみたらゲーム差は元のままの1.5です。
始まる前は互角と予想してましたけど、雨のせいもあってホントに互角でした。

打線は金本選手に元気がないですけど全体的に好調ですし、中継ぎ陣は藤川選手が復帰して万全だと思います。

あとは先発陣ががんばるだけですよね。
9月は日程がずいぶんスキマだらけですから、なんだか『なんとかなる』ような気がしてきました。
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(27) | trackbacks(82) |


対中日 16回戦 甲子園

中|005 200 000|7
神|030 011 000|5
勝:川上11勝5敗0S
負:井川11勝6敗0S
S:岩瀬1勝1敗38S
HR:今岡ツーラン22号/矢野ソロ14号/桧山ソロ7号/T・ウッズ満塁31号/福留ソロ20号
中:川上-石井-鈴木-高橋聡-山井-岩瀬
神:井川-橋本-桟原-江草-福原-ウィリアムス

打線は、わりと好調のままでしたけど・・・・
ざんねんです。阪神タイガースが負けました。

阪神先発は井川選手、中日先発は川上選手で予想通りエース対決になりましたけど、展開はぜんぜん予想外でした。

2回裏、先頭の金本選手がツーベースで出塁すると、つづく今岡選手のツーランホームランで2点先制して、さらに矢野選手がソロホームランで1点追加します。

ところが3回表、中日先頭の荒木選手のイレギュラーっぽい打球で今岡選手がエラーしてしまって出塁をゆるすと、つづく井端選手のセンター前で無死1・2塁にされてしまいます。
さらに立浪選手を四球で歩かせて無死満塁の大ピンチになったところで、ウッズ選手にグランドスラムされて逆転されてしまいました。
しかも、つづく福留選手にまでソロホームランを打たれてしまって、2点差つけられてしまいます。

4回表にも中日先頭の荒木選手、井端選手に連続ヒットされて井川選手は降番してしまいます。

2番手橋本選手も立浪選手を四球で歩かせて、またまた無死満塁の大ピンチにウッズ選手の犠打で1点取られてしまいました。
さらに森野選手へワイルドピッチしてしまい1点追加されちゃいました。

5回裏には金本選手のタイムリーで1点、6回裏には先頭の桧山選手のソロホームランで1点返しましたけど逆転には、ちょっとたりません。
後半は阪神、中日ともに中継ぎ陣を投入する投げあいでしたから、前半の失点で試合が決まってしまう展開でした。。

ヒットの数はおたがい10本づつでしたから、打線は良くがんばってたと思います。
でも、不運なプレーもありましたけれど、投手もふくめた守備の乱れが痛かった試合になってしまいましたね。

井川選手の乱調もありましたけど、3回表の今岡選手の不運なエラーも流れを変えてしまっった感じがしました。

それと、福原選手まで中継ぎにつぎ込んでいましたけど、やはり藤川選手の調子が悪いのでしょうか?あそこは藤川選手を使うような場面ではありませんでしたから関係ないのかもしれませんけど。いろんな意味で気になる采配だと思います。

きょう福原選手を中継ぎで使ってしまいましたから、あしたの先発は下柳選手じゃないかとおもいます。
これまで2回続けて先発失敗してますけど前の2回とちがって、こんどは広い甲子園ですから下柳選手みたいなタイプにむいてるんじゃないかと思います。

打線の調子はあいかわらず良いみたいですから、得意の粘りのピッチングをすれば良いだけです。
がんばってください!お願いですから。

あしたこそ(阪神が勝つ)よい一日でありますように(^^;
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(38) | trackbacks(69) |


恵みの雨

ついに天王山!・・・・かと思ったら、のっけから雨天中止でした。ちょっと肩すかしなんですけど、阪神にとっては恵みの雨になったかもしれません。
続きを読む >>
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(19) | trackbacks(33) |


対読売 18回戦 甲子園

読|100 001 000|2
神|200 102 10x|6
勝:杉山7勝5敗0S
負:上原6勝11敗0S
HR:金本ツーラン32号/鳥谷ソロ6号
読:上原-岡島-西村
神:杉山-ウィリアムス-久保田

もう阪神打線は大丈夫みたいです。
阪神タイガースが勝ちました!

先発杉山選手は初回、読売先頭の清水選手にセンター前ヒットで出塁されると、つづく鈴木選手にレフト線ヒットを打たれてしまいます。
二岡選手はピッチャーゴロに打ちとりましたけど、ゲッツー崩れで一死2・3塁にされてしまって、小久保選手にレフト前タイムリーヒットで1点先制されてしまいます。
杉山選手の立ちあがりは、不安定なことが多いのがきになりますよね。

その裏、シーツ選手がセンター前ヒットで出塁すると、金本選手の打球は左中間スタンドに飛び込むツーランホームランで2点返して、きょうもあっさり逆転です!

4回裏には桧山選手のタイムリーで1点追加します。この1点が試合の流れを決めるのに大きかったように思いました。

6回に高橋選手のタイムリーで1点失いますけど、読売の反撃はここまででした。
ここまで杉山選手は毎回走者を出しましたけど、6回91球2失点での粘りの投球でしたね。
最後は二死1塁から村田選手を二ゴロに抑えます。

その裏、先頭から金本選手・今岡選手の連続ヒットに桧山選手の送りバント成功で一死2・3塁です。
きょうの桧山選手、地味だけど大事なプレーを成功させる活躍ぶりです。
ここは、つづく矢野選手が7球粘って8球目をセンター前に抜ける2点タイムリーでした。

これでほとんど試合が決まった感じですけど、7回に先頭の鳥谷選手が今期6号になるソロホームランでダメ押ししちゃいました。

きょうも藤川選手がお休みですから、7回と8回2/3をウィリアムス選手が抑えて、あとは3番手の久保田選手がきっちり締めて試合終了です。

きのうのヒーローインタビューで金本選手が「変なジンクス」に引っかかる言葉をしゃべっちゃったからちょっとだけ心配してたんですけど、さすが鉄人、みごとにジンクスをはねのけちゃいました。

この対読売3連戦前に2連敗しゃってましたし、初戦を完封負けで落としてしまいましたからどうなるかと思いましたけど、終わってみたら勝ち越しですし6連戦分でも5割ですから、まあまあな結果でしたよね。しかも、打線が上向いてきてますし。

さあ、来週はいよいよ2位中日との直接対決です。
きょうも広島が負けましたから1.5ゲーム差まで詰まったまますけど、打線はきのう・きょうの感じのままで行けば大丈夫でしょう。
中継ぎ陣は藤川選手がきょうもお休みだったのが気になりますけど、大事をとってのことと思いたいです。
あとは先発陣がどれだけ粘れるかですね。
ずっと藤川選手の代役でブルペン待機してた福原選手の出番もナシで済みましたから、普通に十分行けるんじゃないかと思います。

来週の中日戦を乗りきれば優○に手の届くところまで一気に近づきます。ここを「勝負どころ」とがんばってほしいですよね。
続きを読む >>
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(20) | trackbacks(70) |


対読売 17回戦 甲子園

読|100 001 000|2
神|301 000 10x|5
勝:安藤8勝5敗0S
S:久保田4勝4敗21S
負:桑田0勝7敗0S
HR:シーツ ツーラン18号/金本ソロ30号/ソロ31号
読:桑田-前田-ミアディッチ-岡島-内海
神:安藤-ウィリアムス-久保田

連敗ストップです。やっとトンネルを抜けましたね。
阪神タイガースが勝ちました!

きょうの先発は杉山選手かな?て思ってたんですけど、前回ヤクルト戦で中2日の奇襲登板で勝利した安藤選手が中5日での登板です。
初回、阿部選手のゴロで1・2塁間を破るライト前タイムリータイムリーで1点先制されてしまいます。

読売の先発は前回の対戦のとき,大乱調で1回5失点危険球退場の桑田選手です。
きょうはぶつけないでね(^^;

1回裏、鳥谷選手が四球で出塁するとつづくシーツ選手のツーランホームランで簡単に逆転してしまいます。
しかも、金本選手のソロホームランで1点追加して2点差にしてしまいました。

3回、先頭シーツ選手がヒット出塁すると、金本選手の打球はセカンドゴロになってダブルプレーになりかかりましたが金本選手の足が勝って1死1塁になって、今岡選手のタイムリーで一気にホームまで帰ってきて1点追加です。
金本選手てば早い!まるで赤星選手みたいな走塁ですよね。

つづく桧山選手のヒットで、とうとう桑田選手は降板です。2回3分の1で4失点でした。

6回には阿部選手のバットの先に当りそこないの打球が運悪く三遊間を抜けてしまってタイムリーで1点返されてしまいますけど、7回にきょう2本目の金本選手のソロホームランが飛び出してこれがダメ押しとなりました。

7回からは2番手ウイリアムス選手が登板していつものJFKかと思いましたけど、きょうは藤川選手が扁桃腺炎で熱をだしてお休みとのことで、8回途中から3番手久保田選手に交代して読売打線に野球をさせません。

延長にそなえて福原選手がブルペンで待機してたそうですけど、先発陣が苦しくなってますから出番がなくて、ホントに良かったです。

きのうが阪神打線の底だったと思いますから、これでやっと元にもどってきた感じですね。
トンネルは抜けたんじゃないかな?て思います。
そうじゃないと困ります。なにしろ来週は中日との直接対決がまってますから。

あしたの読売の先発はエース上原選手でウチの先発は杉山選手でしょうから、なかなかキビしい戦いになるかもしれませんけど、なんとか3連敗した分を帳消しにしてほしいモノですよね。

あしたも(阪神が勝つ)よい一日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(21) | trackbacks(54) |


対読売 16回戦 甲子園

読|010 120 000|4
神|000 000 000|0
勝:工藤10勝7敗0S
負:ダーウィン0勝1敗0S
HR:仁志ソロ10号
読:工藤-シコースキー-林
神:ダーウィン-江草-桟原-橋本

26日ぶりに甲子園へ帰ってきたんですけど・・・・。
なにやってんだか。阪神タイガースが負けました。

この前のヤクルト戦で安藤選手が先発強行しちゃってますから、いよいよローテが苦しくなった今年一番のローテの谷間でダーウィン選手が先発でした。

初回、いきなり一死満塁で阿部選手の打席て言う大ピンチになってしまいます。
ここは2者連続三振でピンチを切りぬけますけど、2回に先頭仁志選手にソロホームランを打たれて先制されてしまいます。
3回は三者凡退に抑えますが、4回には村田選手のタイムリーで1失点してしまます。
けっきょく4回2失点で、5回から2番手江草選手にマウンドをゆずってしまいました。

ダーウィン選手の投球もそんなに悪くはなかったと思いますけど、大事なところで甘い球を投げてしまいましたね。

5回に代わった江草選手も、阿部選手にタイムリーツーベースを打たれて、2点もダメ押しされてしまいました。

6回7回を3番手桟原選手、7回8回を橋本選手が好投して打線の反撃を待っていたのには悲しくなります。

きょうの試合、たしかに先発ダーウィン選手や2番手江草選手は2点づつ失点しましたけど、最近好調な読売打線を良く抑えてたと思いますよ。
むしろ、それぞれが最小失点で抑えてたと言って良いんじゃないでしょうか?

きょうはローテの谷間だけあって、ベンチも早めの継投を指示してましたから、首脳陣の采配も悪くなかったと思います。

問題はただ1点。2回以降無安打で3回以降は走者もゼロてシャレになりませんよね。
たとえ投手が完封ペースで投げてたとしても、野球は打たなきゃ勝てません。それだけです。

あしたこそ!あしたこそ(阪神が勝つ)よい一日でありますように!
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(18) | trackbacks(52) |


対広島 16回戦 広島

神|000 004 100|5
広|201 301 00x|7
勝:ロマノ5勝4敗1S
S:ベイル2勝0敗17S
負:下柳10勝3敗0S
HR:今岡満塁21号/嶋ツーラン20号/緒方ソロ17号/前田ソロ21号/ソロ22号/倉ツーラン2号
神:下柳-桟原-江草
広:ロマノ-田中-佐竹-森-広池-佐々岡-ベイル

長期ロード最終戦ですから勝ちたかったんですけど・・・・
ざんねん!阪神タイガースが負けました。

ウチの先発は前回炎上してしまったので名誉挽回のマウンドだったはずの下柳選手でしたけど、初回に広島嶋選手が初球をツーランホームランされて、2点先制されてしまいます。

3回には緒方選手にソロホームランで1点追加されてしまったうえ、4回には選手のソロと倉選手のツーランを被弾して、4回途中9安打6失点で降番してしまいました。
先発陣で1番の安定感だった下柳選手が、ここにきて大乱調です。

2番手桟原選手も5回は三者連続三振をとる好投でしたが、6回にダメ押しとなるソロホームランを前田選手に打たれてしまいました。

打線のほうは、6回表に今岡選手の満塁ホームランで4点、7回には鳥谷選手の犠打で1点返しますが、反撃はここまででした。
広島の投手7人をつぎ込む総力戦の前に、代打攻勢も間に合いませんでしたね。

長期ロード最後のカードを負け越しで終わってしまったのはざんねんですし、下柳選手の1000奪三振達成と金本選手の1000得点達成て言うメモリアルゲームで負けてしまったのもざんねんでしかたありません。

早い回の大量失点で負けてしまいましたけど、後半は打線に当たりも出はじめた試合でしたよね。
それに、きょうもJFKトリオを温存できましたし、1発を打たれたとは言え桟原選手も悪い感じではなさそうです。

しかも、きょう3番手だった江草選手は病みあがりとも思えない2回1安打無失点の投球で、心配を吹き飛ばしてしまいましたよね。

狭い球場のコワさがでてしまった3連戦でしたけど、あしたからは、やっと広い甲子園へ帰っての対読売戦ですから、切りかえにはちょうど良いチャンスですよ!

あしたこそ、あしたこそ(阪神が勝つ)よい一日でありますように!
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(11) | trackbacks(62) |


対広島 15回戦 広島

神|000 010 000|1
広|020 004 20x|8
勝:大島1勝0敗0S
負:福原7勝13敗0S
HR:今岡ソロ20号/前田ツーラン20号/栗原スリーラン9号
神:福原-橋本
広:大島-田中-佐々岡-ベイル

「初物に弱い」て言うヤなジンクスが的中してしまいましたね。
阪神タイガースが負けました。

ウチの先発福原選手も初対戦の広島先発の大島選手も、お互いに立ち上がりは良かったですけど、2回に広島先頭の新井選手にセンター前ヒットで出塁をゆるすと、前田選手にツーランホームランを打たれて2点先制されてしまいます。
その後は試合に動きがなくなって、締まった投手戦になるかと思われたんですけど・・・・。

試合は5回に先頭打者の今岡選手のライトスタンド最前列に飛び込むソロホームランで反撃開始の期待がふくらみますけど、つづくはずの攻撃はあっさり終ってしまいます。

しかも6回にはとつぜん福原選手が崩れてしまいました。
きのう広島野手陣を泣かせたイレギュラーがファーストのシーツ選手の目の前でおきると、広島栗原選手のスリーランホームランもあって一気に4点を追加されてしまいました。

きょうの打線の湿りかたでここまで点差を付けられちゃうと、7回からはきのう登録された橋本選手ときょう登録された野口選手のバッテリーに交代します。
きょうのところは調整登板なんでしょうけど、2死から連打と四球で満塁とされたところへ新井選手のタイムリーで2点ダメ押しされてしまいました。
まだ本調子じゃないんでしょうか?ちょっと不安定ですね。

けっきょく試合はこのまま終ってしまって2対10で完敗です。
大島選手にプロ初勝利をプレゼントしてしまいました。

何か、きのうの試合展開を逆にやりかえされたみたいな感じです。しかも打線はたったの2安打1得点ですから以前の福原選手の先発した試合のパターンにもどってしまってます。

それでも1点差で負けとか、延長12回サヨナラ負けなんかにくらべれば、ダメージは少なかったと思って切りかえて行くしかないでしょう。
これでJFKトリオも中3日のお休みですし、長期ロード最後のカードで負け越したワケでもないんですしね。

安藤選手の中2日先発がありましたから、あしたは下柳選手が先発でしょうか?とにかく前回の分の名誉挽回と、長期ロード最終戦勝ち越しをかけてがんばってもらわないと。
後には中3日のJFKトリオもいますから、思い切って行ってほしいものですよね。

あしたこそ(阪神が勝つ)よい一日でありますように(^^;
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(28) | trackbacks(55) |


対広島 14回戦 広島

神|011 030 020|7
広|100 000 000|1
勝:井川11勝5敗0S
負:大竹7勝9敗0S
HR:嶋ソロ19号
神:井川
広:大竹-佐竹-森-広池-天野

11年ぶりの長期ロード勝ち越しです!阪神タイガースが勝ちました!

広島の先発大竹選手は初回、いきなり先頭の赤星選手と2番の鳥谷選手へ四球を投げてくる、ちょっと荒れ気味のマウンドです。
せっかくのチャンスは後ろが続かなくて先制はできませんでしたけど、もうこれだけで勝利の予感ですね。

ウチの先発は前回横浜戦で名誉挽回したエース、井川選手です。
初回は広島の嶋選手にソロホームランを被弾しちゃいますけどそのほかは、まずまずの立ちあがりです。
2回からあとは0封だっただけに、この一発はざんねんでしたよね。
ソロって出会い頭の事故みたいなところもありますけど。

2回にも大竹選手は四球を2個投げて、1番にもどった赤星選手の打球がショート前でイレギュラーして、ラッキーなタイムリーです。何か簡単に追いついてしまいました。
星野前監督が言われてましたけど「先頭打者と投手への四球」てホントにやっちゃいけないモノですよね。

3回には金本選手、今岡選手の連続ヒットのあと、桧山選手の打席で守備の乱れから金本選手が帰ってきて、逆転となる1点をバッテリーからもらってしまいました。

5回では今岡選手、桧山選手のタイムリーのあと、藤本選手が敬遠で歩かされて二死満塁から井川選手の打球は2回の赤星選手みたいにイレギュラー気味となってタイムリーです。
しかも、つづく満塁のチャンスで赤星選手の打球はショートの横を抜ける2点タイムリーです。どんどん、広島は突き放されていってしまいます。

投げて打って大活躍の井川選手は7回で1000投球回数に到達して花束贈呈でした。
いろいろと言われることの多い井川選手ですけど、ローテをきっちり守ってくれるエースの存在感は大きいです。その積み上げの1000投球回数ですものね。
井川選手、おめでとうございます!

試合のほうは、8回に7回から登板した広島2番手の佐竹選手を先頭鳥谷選手がレフト前ヒットで出塁すると広島は3番手森選手に交代です。
シーツ選手にものすごい暴投してランナーを進ませてくれました。

シーツ選手と今岡選手はうちとられますけど、その間に金本選手は四球出塁でチャンスにすると、桧山選手に代打浜中選手を送ってタイムリーで1点。続く矢野選手もタイムリーで合計2点のダメ押し点を追加して試合を決めました。
狭〜い広島球場でも、ここまで点差が開くと一安心ですよね。

試合はそのまま井川選手が完投で、おしくも完封はのがしましたけど、9回97球1失点完投ですから、ほとんど完璧なピッチングでしたよね。エース完全復活です!
そして、なんと言っても中継ぎ陣のお休みを増やしてあげることができた功績はバツグンですよ。

これで長期ロード勝ち越しですし貯金も22です。
あと、きょうは中日も勝ってますからゲーム差は4のままですけど、対ヤクルトのかくれマジックが点灯して残すところ対中日のかくれマジック7だけになりました!

あしも(阪神が勝つ)よい一日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(34) | trackbacks(53) |


対ヤクルト 17回戦 神宮

神|001 002 000|3
ヤ|000 000 010|1
勝:安藤7勝5敗0S
S:久保田4勝4敗20S
負:藤井7勝8敗0S
HR:スペンサー ツーラン8号
神:安藤-藤川-ウィリアムス-久保田
ヤ:藤井-五十嵐-花田

カード勝ち越しです。阪神タイガースが勝ちました!

ヤクルト先発は左のエース藤井選手ですけど、立ちあがりあまり良くないみたいです。初回に四球2個も出して二死満塁のチャンスをもらってしまいました。
ところが、きょうひさしぶりのスタメンの浜中選手はショートライナーになってしまって先制できません。おしい!

きょうのウチの先発は中2日の安藤選手です。前回横浜戦で3回でノックアウトされてますから名誉挽回のチャンスですよね。
立ちあがりはまずまずでしたから、きょうは期待できそうです。

3回、先頭の鳥谷選手がボテボテの内野安打で出塁すると、シーツ選手のセンター前ヒットで無死1・2塁とします。
ここで、きのう満塁ホームランの金本選手のファーストファールフライだった打球を、リグス選手が捕りそこなってエラーしたおかげで一死1・3塁です。つづく今岡選手がすかさずタイムリーで1点先制しました!

6回には矢野選手がセンターヒットで出塁して、つづく関本選手はライナーに倒れたものの、9球も粘って藤井選手の球数を増やします。
すると、ここまで5回64球と好投していた安藤選手に代打スペンサー選手が送られてしまいます。
これは「もったいないなー」て思ったんですけど、岡田監督の采配がみごとに決まって、ツーランホームランで2点追加です。

こうなると、あとはいつもの勝利の方程式です。
2番手藤川選手が6回7回をピシャリ抑えてしまいます。なんとこれで奪三振数が今季通算110個になって、先発陣の福原選手を抜くリーグ11位だそうです。スゴイ数字になってきましたよね。

7回には金本選手の完全に入ったように見えた打球をファールに判定されて、金本選手が珍しく怒ってました。岡田監督と平田ヘッドコーチも飛びだして抗議しますけど、さすがに認められませんでした。ざんねん!

8回には代打片岡選手がコールされてスゴイ声援でしたけど、代打連続安打の記録は途切れてしまいました。
日本タイ記録まであと1本だったそうですのでざんねんでしたけど、また何度でもチャレンジしてほしいですよね。

その裏、藤川選手から代わった3番手ウィリアムス選手は、運悪く先頭のリグス選手の打球をつま先に受けてしまって出塁をゆるすと、小野選手のツーベースヒットで一死2・3塁とされてしまいます。
ここで代打畠山選手にタイムリーを打たれて、1点返されてしまいました。やっぱり完封てむつかしいですよね。

ピンチはつづきましたけど、つづく青木選手に初球内野ゴロを打たせて、畠山選手の代走三木選手に関本選手がタッチしてゲッツー成立です!
ちょっとヒヤリとしたピンチを切りぬけると、あとはクローザー久保田選手が上位打線3人を簡単に抑えてゲームセット、このカードを勝ち越しです!

5回無失点64球と好投した安藤選手に対してヤクルトの藤井選手は6回3失点132球でしたから、先発の安定感の差が勝ちにつながりましたよね。
やっぱり前回の横浜戦での炎上は何かのまちがいだったんでしょう・・・・きっと(^^;

きょうひさしぶりにスタメンライトの浜中選手、ちょっとスランプなのでしょうか?快音が聞こえませんでしたね。ちょっと気になるところでした。

さあ、あと1カード、つぎの広島戦で長かったロードも終わりです。しかもあと1勝で長期ロード勝ち越し決定ですから(よっぽどのことが無いかぎり)ダイジョウブでしょう!
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(32) | trackbacks(66) |


対ヤクルト 16回戦 神宮

神|000 160 110|9
ヤ|010 010 001|3
勝:杉山6勝5敗0S
負:館山8勝4敗0S
HR:桧山ソロ6号/金本満塁29号/矢野ソロ13号/ラミレス ソロ27号/小野ソロ4号
神:杉山-桟原-江草-太陽
ヤ:館山-高井-本間

きのうの大敗、やっぱり気にするようなことじゃなかったですよね。
ごらんの通り、阪神タイガースが勝ちました!

きょうの先発杉山選手は立ちあがりちょっと不安定で、初回からちょっと甘い球が行ってましたね。
2回には城石選手にヒットが出るとつづく小野選手の打球を鳥谷選手がまさかのトンネルしてしまい、タイムリーエラーになって1点先制されてしまいます。

ちょっと信じられない失点で、いやーな感じになりましたね。
しかも3回には藤本選手のエラーをきっかけに無死満塁の大ピンチになっちゃいました。

ところが、ここから杉山選手がものすごい粘りを見せます。
無死満塁になったところから宮出選手をセカンドフライ、リグス選手をショートフライ、城石選手をファーストライナーに抑えて絶体絶命のピンチから脱出しました。おみごと!

この杉山選手の粘りで流れが完全にこちらにむいたみたいです。
4回に桧山選手がソロホームランで試合を振りだしに戻します。
5回には藤本選手の打球が岩村選手のエラーをさそって出塁すると、なんと杉山選手にオキテ破りの投手への死球です。

4回にも館山選手の打球を右足に受けてる杉山選手ですから心配でしたけど無事に出塁できたのにはホッとしましたよね。

これでヤクルト先発館山選手は崩れてしまいました。1番に戻って赤星選手がセンター前ヒットで続くと、鳥谷選手に四球押し出しで藤本選手が帰って逆転です。

続け!とばかりにシーツ選手がタイムリーで杉山選手を生還させて、さらに続く無死満塁のチャンスに金本選手にグランドスラムが飛び出して合計6点追加で一気に試合を決めてしまいました。

きょう2回もボールが当たってしまった杉山選手は5回裏にもマウンドに上がりましたが、ラミレス選手にソロホームランを被弾して1点返されてしまいましたけど勝ち投手の権利をもらっての降板になりました。

杉山選手は5回を終ると念のため病院へ直行したそうですけど、これだけ点差が開くといつもの3人はきょうもお休みで6回を桟原選手、7回・8回を江草選手でリレーします。
でも、今のこの2人ってよその球団だったら「中継ぎの柱」になれるんじゃないでしょうか?

試合は7回に矢野選手のソロホームランで1点、8回には今岡選手の左中間への打球をラミレス選手と青木選手がお見合いしてダメ押しタイムリーの1点が入って試合を決めてしまいます。

9回にはきのうに続いて太陽選手が調整登板しますけど、きょうも先頭の小野選手にソロホームランをゆるしてしまいました。
太陽選手はまだまだ調子は完璧じゃないみたいで残念ですよね。

神宮球場のブルペンて高校野球のときの甲子園みたいにファールゾーンにあるので、マウンドからまる見えなせいでしょうか藤川選手がキャッチボールを始めると、青木選手の打球を鳥谷選手がきょう2個めのエラーで出塁をゆるしたほかはきっちり抑えてましたね。
藤川選手のキャッチボール見てなんか気合いが入ったみたいです。神宮球場ならではの心理作戦だったのかも?

9回からサード守備についた秀太選手の守備が良かったですよね。あの打球って今岡選手だと抜けてたかも?今岡選手の守備が悪いてわけじゃないんですけど、守備範囲が狭い気がしてますので。
あと、守備では鳥谷選手のエラー2個が気になります。もしかして調子悪かったのかなぁ?


何かきのうの借りを返すような試合でしたし、2日続けてJFKトリオの休日になりましたね。これであしたは全力で行ってもダイジョウブかな?
一夜で貯金を20に戻しましたし、きょうも横浜が勝ちましたからゲーム差がひらいて4になりました!

接戦で変な負け方するより大敗する方がダメージ少ないってホントでしたね。しかもウチは中継ぎ陣が一息入れる余裕をもらったようなものですよね。

さあ、あしたも勝ってこのカード勝ち越しを決めましょう。しかも、あと2個勝てば長期ロード勝ち越し決定です!

あしたも(阪神が勝つ)よい1日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(33) | trackbacks(27) |


対ヤクルト 15回戦 神宮

神|010 000 100|2
ヤ|251 020 20x|12
勝:川島9勝8敗0S
負:下柳10勝2敗0S
HR:今岡ソロ19号/ラミレス ツーラン26号/小野ソロ2号/ツーラン3号/畠山ソロ1号
神:下柳-ダーウィン-太陽
ヤ:川島-河端-花田-高井

まあ、こういう日もあります。阪神タイガースが負けました。

先発下柳選手が1回裏、ラミレス選手にツーランホームランを打たれて2点先制されてしまいました。

2回には今岡選手のソロホームランで1点返して反撃開始かと思われましたが、その裏で先頭の城石選手にツーベースを打たれてからケガでお休みの古田選手の代役でスタメンマスクの小野選手にタイムリーのエンタイトルツーベースで1点追加されたところから下柳選手が完全に崩れてしまって、結局1回1/3でノックアウトされてしまいました。

ちょっとくらい打たれても試合をコワさないのが持ち味の下柳選手ですけど、どうしちゃったんでしょう?
きのうにつづいて先発が早くも降板です。

2番手にはダーウィン選手がホントにひさしぶりの登板で、下柳選手の作ったピンチを無失点で切りぬけました。
この前2軍戦でダーウィン選手を見たときは先発でしたけど、かなり良い投球をしてましたのでちょっと期待でしたけど、3回に小野選手にソロホームランを打たれて点差を広げられてしまいます。そんなに悪い感じの投球でもなかったと思うんですけど。
しかも5回には、その小野選手にツーランホームランを打たれてしまって1対10です。


7回、この回から代わった河端選手から先頭の桧山選手が内野安打で出塁すると、二死から代打スペンサー選手が四球出塁して赤星選手のタイムリーでなんとか1点返しましたけど、反撃はここまででした。

ひさしぶりの大敗で、かえって気持ち良く捨てられる試合になっちゃいましたよね。
野球は得失点差関係ありませんし、接戦で負けるよりダメージ少ないんじゃないかと思います。

ちょうど良い太陽選手の調整登板にもなりましたし、浜中選手の守備練習もできましたよね。
横浜が中日に勝ちましたからゲーム差は3のままですし、こう言う展開ですから中継ぎ陣も1日お休みでしょうから、かえって良かった・・・・て思うしかないかもしれません。

切りかえて行きましょう!切りかえて!
あしたこそ(阪神が勝つ)よい1日でありますように(^^;
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(91) | trackbacks(62) |


対横浜 18回戦 大阪ドーム

横|022 000 010 0 |5
神|300 000 200 1x|6
勝:久保田4勝4敗19S
負:木塚5勝5敗0S
HR:片岡ソロ1号/佐伯ソロ14号/多村ソロ24号
横:岸本-加藤-川村-木塚
神:安藤-桟原-江草-ウィリアムス-藤川-久保田

予想してたのとはぜんぜんちがう展開になっちゃいました。これだから野球はおもしろいです。
阪神タイガースが勝ちました!

きょうの先発の安藤選手はフォーム改造してから、まるで別人みたいに勝ち星をあげてましたけど・・・・。

1回裏、プロ初先発のルーキー岸本選手から四球で満塁になったところに、今岡選手ときょうもスタメンマスクの浅井のタイムリーで3点先制で試合の主導権をにぎったと思いましたけど、ホント野球は何がおきるかわかりません。

先発安藤選手は、1回表では先攻横浜にヒット1本だけのまずまずの立ちあがりでしたけど、2回には先頭から4人連続安打で2点返されて、3回には佐伯選手・田村選手から2者連続のソロホームランを被弾して逆転されてしまいました。

結局3回までに双方の先発が降番してしまうスゴイ展開です。

そのあとはお互いに中継ぎ陣をくり出してのガマンくらべみたいな野球になってしまいましたけど、7回の先頭で代打片岡選手が特大のソロホームラン、しかも代打6試合連続ヒットのオマケ付きで同点に追いつくと、つづく赤星選手のサードゴロが悪送球でコロがると、一気に三塁まで到達しちゃいました。
ここですかさず、鳥谷選手のタイムリーで赤星選手が帰ってきて一気に逆転です。

もう片岡選手を「代打の神様」て呼んでも良いような気がしてきました。

これで勝負あったかと思いましたが、もう1つヤマありましたね。

8回表、4番手ウィリアムス選手が代打内川選手に2塁打を打たれると進塁打と犠飛で1点取られて同点とされてしまい、藤川選手、久保田選手まで投入する延長戦に突入しちゃいます。

試合は10回裏、この回表からサードを守っている関本選手がレフト前ヒットで出塁すると鳥谷選手が四球出塁でつづいて、8回表に浅井選手と交代していた矢野選手がサヨナラタイムリーで、もつれた試合を締めました。

安藤選手はホントどうしちゃったんでしょう?まさか中継ぎ総動員の展開になるなんて思ってもみませんでした。
そんなに調子悪そうでもなかったですし・・・・。

矢野選手に当たりがもどってきたのは良い材料ですよね。
浅井選手が立派に代役をはたしてくれたのはうれしいかぎりですし、矢野選手もこのままトンネルを抜けてくれれば良いですね。

そうそう、2番手の桟原選手と3番手の江草選手の2人は、ホント良く粘ってくれました。
いまにも壊れそうだった試合をなんとか持ちこたえたのは、この2人のおかげだったと思います。

そう言えばきょうの試合は、1試合を中継ぎ陣のリレーで投げぬいて勝つて言う、阪神中継ぎ陣ファンのわたしにとってはオールスター並みの夢のような試合だったのかも?

あしたも(阪神が勝つ)よい1日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(22) | trackbacks(54) |


対横浜 17回戦 大阪ドーム

横|000 000 000|0
神|200 000 01x|3
勝:福原7勝12敗0S
S:久保田3勝4敗19S
負:土肥7勝7敗0S
横:土肥-秦-吉川
神:福原-ウィリアムス-藤川-久保田

締まった良い試合でしたよね。阪神タイガースが勝ちました!

きょうの先発福原選手は初回、フライ-フライ-ゴロと横浜打線の先頭から三人を一瞬で打ち取るシーンから立ちあがりました。
先週の登板で絶対負けられない試合に勝って、完全に調子を取りもどしたんでしょうか?バッターはぜんぜんタイミングが合ってないみたいです。

1回裏には横浜先発土肥選手の立ちあがりから赤星選手-鳥谷選手-シーツ選手と連続ヒットでいきなり1点先制して、さらに金本選手の犠打で1点追加してこのイニングで計2点先制します。

今シーズンは打線の援護の無さに泣かされてきた福原選手ですけど、きょうはこの2点があとあとまで効いてきましたよね。。
2回からは土肥選手も立ち直ってきて追加点を取れなくなってしまい、投手戦になってしまっただけに2点の援護がどれだけ大きかったことでしょう。

7回表2アウトから代打古木選手にヒットをゆるすと、球数も増えてましたし7回裏の攻撃も考えてかベンチが動いて、2番手ウィリアムス選手と交代で、しかもキャッチャーも矢野選手へと交代となりました。
きょうのウィリアムス選手はワンポイントリリーフで、2球で石井選手をレフトフライに抑えて横浜に反撃のスキをあたえませんでした。
8回には3番手藤川選手がいつも通り3人で抑えてしまいます。

結局福原選手が交代した7回の裏には得点できませんでしたけど、8回に先頭の赤星選手が快速をいかした3塁打で出塁すると、つづく鳥谷選手のタイムリーで1点追加して、ほとんど試合を決めてしまいました。

こうなると最後は久保田選手がピシャっと3人で締めて、きょうは快勝です!

きょうは福原選手-浅井選手のバッテリーに拍手を送りたいですね。ホント良い仕事してくれました。
できたら完投してほしかったですけど、土肥選手も立ちあがりの他はかなり良かったですから点差が少なくて、ベンチが完投には不安があったみたいですね。

やっぱり6連戦の2日目でいつもの3人をまた使っちゃったのがちょっと不安です。
あと、きのうにつづいて読売戦での矢野選手の死球の影響も心配なところですよね。打撃の不振がつづいちゃってるみたいです。


あしたは安藤選手が先発でしょうから、もうちょっと打線がガンバって先発完投させてあげてほしいものですよね。

あしたも(阪神が勝つ)よい1日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(16) | trackbacks(63) |


対横浜 16回戦 大阪ドーム

横|000 100 000 000|1
神|000 100 000 000|1
HR:金城ソロ8号
横:三浦-川村-木塚-加藤
神:井川-藤川-ウィリアムス-久保田

エース対決にふさわしい、良い試合でしたね。
おしいっ!引き分けでした。

先週中日戦で失敗してる井川選手が先発ですが、初回はちょっと高めの球が多かったのが気になりましたけどまずまずの立ち上がりでした。4回には金城選手に2球目をレフトスタンドへ運ばれてソロホームランで先制点をゆるしましたけど、結局失点はこれだけで8回まで投げぬきました。

きょうの井川選手の内容はかなり良かったと思いますけど、横浜先発が三浦選手だとなかなか打たせてもらえませんね。打線が湿ってたと言うより三浦選手の内容も良かったてことだと思います。

金城選手にソロを打たれたその裏で、金本選手のセンター前ヒット出塁から今岡選手が三振する間に盗塁を決めて、桧山選手が死球で出塁、矢野選手が三振して2死1・2塁となったところで藤本選手がフルカウントから右中間へのタイムリーヒットで1点返して同点としました。

そのあと井川選手が四球出塁してチャンスが続きますけど、赤星選手がショートへライナーを打ってしまい3アウトで、逆転できなかったのは残念でしたね。
ピッチャーが四球出塁するのって、かなり大きなチャンスだったと思うんですけど。

その後は両チームとも得点できずに延長12回ドローになっちゃいました。
11回裏には最近代打の神様っぽくなってる片岡選手が四球出塁したところから1死満塁のチャンスになりましたけど、鳥谷選手の打球を受けた木塚選手がベンチに下がって試合が止まってしまって流れが変ったのか、交代した加藤選手の前にシーツ選手・金本選手がたおれてチャンスをつぶしてしまいます。

結局おたがいに流れをつかみ切れなかったてことなんでしょうね。横浜に流れが行かなかったのは良かったですけれど。

前のカードで2回もサヨナラ負けしてた久保田選手がきょうはランナー背負うものの、きっちり抑えてくれたのは良かったです。もうだいじょうぶそうですよね。

あと、矢野選手のバッティングの不調は気になりますよね。おとつい2個も死球が当たってますから、その影響でなければ良いんですけど・・・・・。


きょうは引き分けましたけど、中日が負けましたのでゲーム差が2に開きました。
それもありますけれど、先週失敗してる井川選手や久保田選手も問題ないみたいですし、打線がいま一つだったのも三浦選手が良かっただけでしょうから、きょうの引き分けは勝ちに等しいんじゃないかと思いますよ。

あしたは(阪神が勝つ)よい一日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(31) | trackbacks(58) |


対読売 15回戦 東京ドーム

神|500 001 010|7
読|000 200 100|3
神:能見-桟原-ウィリアムス-藤川
読:桑田-前田-ミアディッチ-岡島-條辺-西村
勝:桟原 1勝0敗0S
負:桑田 0勝5敗0S
HR:シーツ ソロ17号/二岡ソロ13号

なんとか連敗脱出です。阪神タイガースが勝ちました(^^

初回、読売先発桑田選手のコントロール大荒れで、4人目の金本選手に押しだし四球で先制点がころがりこんできました。
今岡選手が2点タイムリーを打つと、つづく桧山選手が犠牲フライで1点追加して、これが決勝点です。

不安定なんて言葉ではたりない状態の桑田選手は、とうとう矢野選手に頭部死球を投げてしまって危険球退場です(-_-#

頭部死球を受けた矢野選手はなんでもないような感じで1塁へ歩きましたのでホッとしました。大事なくてよかったです。
野口選手が鳴尾浜に行っているとのことですから、もしものことがあったら大変ですよね。

初回はさらに藤本選手にもタイムリーが出て、けっきょく5点先制と言うことになっちゃいました。

ウチの先発は能見選手でしたけど、絶対負けられない試合にひさしぶりの先発と言うことで固くなったのでしょうか?読売先頭の清水選手を四球で歩かせたりして、内野陣の守備にも助けられたりして、しのぐ感じのピッチングが続きます。
2ヶ月ぶりくらいの先発ですからしかたないのかもしれませんよね。

4回裏、清水選手の2点タイムリーのあと、二死1・3塁でバッター矢野選手の場面で岡田監督が動いて、2番手桟原選手の登板となってしまいました。

能見選手にはもう1回チャンスはあると思いますから、つぎでガンバってほしいですね。

かわった桟原選手は、この回からテンポのいいピッチングを見せてロングリリーフとなりました。
きのうまでで江草選手やJFKの3人がかなり投げてますから桟原選手にガンバってもらわないといけないシーンでしたけど、見事に期待にこたえてましたよね。
7回で二岡選手にソロホームランを打たれるまで、ほとんどカンペキなピッチングはお見事でした。

ソロホームランを打たれてしまったのはざんねんでしたけど、桟原選手はものスゴくアピールできたんじゃないでしょうか?
このごろ敗戦処理の担当が多い桟原選手ですけど、もっとこう言う勝ち試合でも使ってもらえることが多くなるといいですね。

このソロ一発が最後の反撃で、8回にウィリアムス選手、9回に藤川選手でピシャリ抑えて快勝です。
両投手とも登板数が増えてましたけど、きょうは絶対負けられない試合でしょうからナットクの登板です。

きょうは太陽選手が鳴尾浜から上がってきてブルペンで調整してたせいか、久保コーチがブルペンとマウンドを行ったり来たりで大いそがしの日だったそうです。
早く太陽選手を見たいってのもありますし、能見選手にもチャンスをつかんでほしいですし・・・・ちょっとゼイタクな悩みでしょうか?
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(22) | trackbacks(53) |


対読売 14回戦 東京ドーム

神|010 020 000 000 |3
読|201 000 000 001x|4
勝:シコースキー4勝1敗0S
負:久保田3勝4敗18S
HR:金本ソロ28号/阿部ソロ22号
神:杉山-江草-藤川-ウィリアムス-久保田
読:上原-久保-林-前田-シコースキー

まさか2夜連続のサヨナラになるとは・・・・。
かなりくやしいです。阪神タイガースが負けました。

1回にいきなり小久保選手にタイムリーを打たれたうえに原選手には押しだし四球で2失点しちゃいました。
きょうの先発の杉山選手、立ちあがりから不安定でした。

2回に金本選手の4試合連続になるソロホームランで1点返しましたけど、3回に阿部選手にソロホームランを打たれてしまって、なかなか追いつけません。

5回に矢野選手、藤本選手の連続ヒットで無死1・3塁のチャンスになって、ここで代打片岡選手が送られます。
代打3打席連続でヒットを打ってる片岡選手がきょうも打ってくれました!タイムリーヒットです。
「片岡ほどの選手を代打専門で使うのはもったいないので返してください」とファイターズファンのかたが言ってありましたけど、ホントぜいたくですよね。

それと、片岡選手1500試合出場おめでとうございます!

さらに、つぎの赤星選手もタイムリーで試合を振りだしにもどしました。4者連続ヒットです!
杉山選手はいつもより良くありませんでしたけど、良くないなりに粘って打線の援護を待ったかいがありました。

6回からきのうちょっとおかしかった江草選手が2番手で登板しましたけど、きょうはいつも通りの安定したピッチングでしたよね。
5回6回をビシッ!と抑えて、7回までひっぱるロングリリーフでした。

7回の仁志選手の打席からは3番手藤川選手の登板で、ここはキッチリ討ち取って、8回も3人で抑えてしまいます。
最近藤川選手がでてくると、ぜんぜん不安感がないところがスゴイですよね。

9回の4番手ウィリアムス選手は先頭の清水選手にゴロを打たせますが、ヘッドスライディングで出塁されてしまいます。
さらに代走の鈴木選手に盗塁を決められてしまって、なんか読売と試合してる気がしません。まるで別のチームと試合してるみたいです。
ウィリアムス選手は気迫の投球で後続を抑えて、最後は雄叫びをあげてました。

ところが、試合はきのうにつづいて延長戦にはいってしまってお互いに得点できないままきちゃった12回裏、ここまでを3イニング投げてきた久保田選手は、自身のエラーもあって無死満塁の大ピンチで阿部選手にサヨナラタイムリーを打たれてゲームセットになっちゃいました。

きょうは広島がガンバってサヨナラゲームにしたあとでしたからせめて引き分けに持ちこみたかったんですけど、そううまくは行かないモノですね。
不幸中の幸いはゲーム差が変わらなかったことだけですけど、
きのうにつづいていつもの3人を使っちゃいましたし、久保田選手は3イニングまで行って2日連続のサヨナラですから、ダメージ大きいかもしれません。

なんとかあした1つ勝って、流れを取りもどさないとちょっとキつくなってしまうかもしれません。
2日連続での延長サヨナラ負けですから切りかえるのも大変かとおもいますけど、なんとか切りかえて行ってほしいものですよね。

あしたこそ!あしたこそ阪神が勝ちますように!
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(30) | trackbacks(51) |


対読売 13回戦 東京ドーム

神|200 000 020 0 |4
読|000 201 100 1x|5
勝:久保5勝3敗6S
負:久保田3勝3敗18S
HR:鳥谷ツーラン5号/金本ツーラン27号/仁志ツーラン9号/二岡ソロ12号
神:下柳-江草-桟原-藤川-ウィリアムス-久保田
読:工藤-林-久保

ガケっぷちな読売の意地にやられてしまいましたね。
ざんねん!阪神タイガースが負けました。

初回、先頭赤星選手が2球目をライト前ヒットにして出塁すると、つぎの鳥谷選手が初球をバックスクリーンのちょっと右にほりこむツーランホームランで2点先制です。
鳥谷選手はここまで18打席ノーヒットでしたので、これをキッカケに立ち直ってほしいものですよね。

シーツ選手・金本選手と連続ヒットで読売先発工藤選手は立ちあがりに苦しんでいるみたいです。

先発下柳選手も先頭清水選手にヒットをゆるすと、鈴木選手・二岡選手と犠打攻勢をかけてきます。
読売は最下位まで0.5差という崖っぷちな状態ですから、なりふりかまわずに点を取りにきてますね。

下柳選手もちょっと立ちあがりで苦しかったですし、2回も先頭打者に四球しちゃったりしたりしてました。
粘りの投球と野手のバックアップでしのいではいましたけど、とうとう4回仁志選手に捕まってしまいます。ツーランホームランで試合が振りだしにもどっちゃいました。

6回には二岡選手が2塁打で出塁すると小久保選手とガマンくらべになって11球目にフライで送られ、阿部選手のタイムリーで逆転されてしまいました。

6回3失点でなんとかゲームを作る先発の仕事をこなした下柳選手は7回で降番して、ここのところ好調だった江草選手が2番手で登板しましたけど、読売の先頭矢野選手に四球を出して送りバントと内野安打で1死1・3塁にされてしまって、二岡選手の打席で3番手桟原選手がコールされてしまいました。

けっきょく二岡選手に犠打で1点追加されてしまって、この失点があまりにも痛すぎでしたね。

8回にシーツ選手のレフト前ヒットと、金本選手のツーランホームランで2点返して同点としますが、延長10回に久保田選手が二岡選手にサヨナラのソロホームランを被弾してしまいました。

8回の藤川選手、9回のウィリアムス選手がいい感じで抑えてましたし、負けが付いちゃった久保田選手も投球そのものは良かったと思いましたので、ここは二岡選手のほうが一枚うわてだったとしか言いようがないです。

あと、10回表でウィリアムス選手の代打に入った片岡選手の3打席連続となる代打ヒットはおみごとでした。
左打者なのがちょっとおしいところですけど、代打の神様までアト一歩て感じになってきたんじゃないでしょうか?

きょうの敗因っぽい江草選手の制球のみだれですけど、ここまで中継ぎとしてキッチリとした仕事してきただけにざんねんでした。また次でガンバレ江草選手!

それとサヨナラ被弾の久保田選手もざんねんでしたけど、アレを打たれたらしかたなかったかも?・・・・ですよね。

きょうの読売は、堀内監督ってこういう野球がやりたかったんだろうなー、て感じでした。シーズン最初からこんな野球ができていれば、まだ8月なのに次の監督の話題が出たりすることはなかったんじゃないかと思います。
そう言う意味では堀内監督に同情したくなる感じもしますよね。
4〜5年前はウチがそんな思いさせられる球団だっただけに、今は「阪神ファンでよかったー」感じですけど。

あしたは(阪神が勝つ)よい1日でありますように(^^;
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(24) | trackbacks(158) |


対中日 15回戦 ナゴヤドーム

神|000 140 120|8
中|020 100 010|4
勝:安藤6勝5敗0S
負:川上10勝4敗0S
HR:金本ソロ25号/ソロ26号/T・ウッズ ソロ30号
神:安藤-ウィリアムス-藤川-久保田
中:川上-チェン-遠藤

首位攻防戦勝ち越しで、9日の借りをやっと返せた気がします。
阪神タイガースが勝ちました!

先発の安藤選手はちょっと緊張してたのでしょうか?2回裏、ウッズ選手への死球から福留選手・アレックス選手の連続ヒットで1点先制されましたけど、ノーアウト1・3塁の森野選手の打席は福留選手が生還して1点追加されたもののゲッツーを取る粘りのピッチングです。

2点リードされての4回、きょう1000試合連続出場の金本選手が中日先発川上選手のフルカウントからの6球目をライトスタンドへソロホームランで1点返して反撃開始です。きょうの川上選手はあまり安定してなさそうですね。

4回裏、先頭のウッズ選手にソロホームランを打たれて1点追加されてしまいましたけれど、後続はシーツ選手の好守備にも助けられてきっちり抑えました。
こういうところの安定感が安藤選手のいいところだと思います。

5回表、先頭打者の赤星選手は1・2塁間へのゴロを荒木選手に捕られましたが、送球と走塁の勝負では赤星選手の足が勝ちました。普通ならアレってアウトですよね。
シーツ選手・金本選手・今岡選手の連続ヒットで3点取って、ここで逆転です。
さらに矢野選手・藤本選手の連続ヒットで1点追加で川上選手はノックアウト同然です。

5回6回と安藤選手ノってきたみたいで、野手陣のアシストもあって中日打線を沈黙させます。
とくに6回裏では立浪選手のライナー性の当たりを鳥谷選手の超ファインプレーでアウトにしたのが大きかったですね。
こういう野手との連携と言うか助けあいがフォーム改造後の「ニュー安藤」て言われるゆえんでしょうか?勝ち運を呼び寄せてますよね。

7回には金本選手きょう2本目、しかも特大のソロホームランで自分自身のメモリアルゲームを御祝いするみたいなダメ押弾で1点追加です。ホント、真夏の金本選手はたよりになります(^^

7回裏からはまだ余裕ありそうな安藤選手から2番手ウィリアムス選手に交代ですけど、きのうに続いて「先発が5回を投げ切れるか投げ切れんか。5回まで頑張ればいけるんや」て岡田監督の予定通りの采配のようですね。
4人目の谷繁選手の打球処理で足をひねったみたいでちょっとヒヤリとしましたけど、たいしたことなかったみたいで一安心です。
さらに8回にはシーツ選手の2点タイムリーでさらに中日を突き放しにかかりました。

8回裏に藤川選手が立浪選手にタイムリーで1点返されて、中日打線のシブトイところを見せつけられましたけど、反撃はここまででしたね。
最後は久保田選手がシメて、一時はどうなるかと思ったこのカードを勝ち越しで終えることができました。

9日も書きましたけど、やっぱり安藤選手がやってくれましたよね。
いま、阪神打線は好調ですし中継ぎ陣はたっぷりお休みして万全ですから、少しくらい失点しても5〜6回まで粘ればまわりがなんとかしてくれるのが今のタイガースのいいところだと思います。
きのうの福原選手もですけど、こういう層の厚さが今の阪神てチームの一番の強みですよね。

終ってみれば1個ゲーム差をふやして2.5ゲーム差で一息ついた感じでしょうか?きょう足をひねってたウィリアムス選手が気がかりですけど、まだまだ長期ロードは続きますので今の調子をくずさないように気をつけて戦っていってほしいものですよね。

明日も(阪神が勝つ)よい一日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(29) | trackbacks(46) |


対中日 14回戦 ナゴヤドーム

神|301 000 100|5
中|011 000 010|3
勝:福原6勝12敗0S
S:久保田3勝2敗18S
負:朝倉3勝5敗0S
HR:金本スリーラン24号/T・ウッズ ソロ28号/ソロ29号
神:福原-藤川-ウィリアムス -久保田
中:朝倉-チェン-落合-平井

やっと福原選手への借りを一個だけ返せましたね。
阪神タイガースが勝ちました(^^

きのうの悪夢から立ちなおれるか心配してましたけど、初回から金本選手がやってくれました。
中日朝倉選手の立ちあがりを攻めてワザありのスリーランホームランで3点先制です。

2回にウッズ選手のソロで1点返されますけど、3回には1アウトから連続安打とシーツ選手の気迫のヘッドスライディングや今岡選手の四球で満塁のチャンスに桧山選手がセカンドゴロを打ってしまいますけど、運よく併殺にならずにシーツ選手が生還しました。

3回裏には立浪選手のタイムリーで1点をゆるしましたけど、打線の援護さえあれば福原選手の安定感はたのもしいかぎりですね。

きのうは井川選手の気を抜いたとしか思えないプレーで試合がこわれてしまいましたけれど、引きずらなくてホントによかったです。
打線そのものはきのうから良くなってましたし、そう言う状態がつづくのだったら先発の福原選手がなんとかしてくれると信じてました。

万全をきしてでしょうか?6回には早くも藤川選手が登場して、7回には矢野選手のタイムリーでダメ押しの追加点で逃げ切り体制にはいります。
8回にウィリアムス選手がウッズ選手のソロで1点取られますけど、ここはウッズ選手の好調さにやられちゃっただけでしょう。
それにソロは出会い頭の交通事故みたいなところありますものね。

8回の谷繁選手の打席からは、またも早めの継投で久保田選手が登場して、そのまま9回まで投げきりました。

ひさしぶりに勝ちが福原選手に付いた試合になりましたし、きのうの打線のいきおいもホンモノだったみたいで、なんとかひといきつくことができましたけど、あしたこそ大事な一戦になると思います。

きょうは早め早めの継投が効いた試合となりましたけど、この手はそうそう何回も使えないでしょうから、あしたからは先発がどれだけ粘れるかが大きなカギでしょうね。

あしたの先発はこのところ好調の安藤選手でしょうから、この打線の調子さえつづけばこのカード勝ち越して、きのうの悪夢も帳消しにできるんじゃないでしょうか?

明日も(阪神が勝つ)よい一日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(28) | trackbacks(43) |


対中日 13回戦 ナゴヤドーム

神|212 020 000|7
中|001 090 01x|11
勝:鈴木3勝1敗0S
S:山井1勝5敗1S
敗:井川10勝5敗0S
HR:シーツ ツーラン15号/ソロ16号/アレックス スリーラン14号/T・ウッズ ソロ27号
神:井川-橋本-江草-桟原
中:山本昌-鈴木-山井

ひどい試合でした。ちょっと言葉が出ません。
たった一つのプレーから試合が壊れて流れが全部逆になってしまうのが野球の怖さですね。

さいしょは天敵山本昌選手の立ちあがりが悪かったのもあるかもしれませんけど、順調に得点を重ねて行きました。
一方の井川選手は初回からていねいに低めをついたピッチングで、3回に井端選手のタイムリーで1失点したほかはカンペキと言ってもいいくらいでした。

ところが、大量リードで気を抜いたのでしょうか?それとも魔がさしたのでしょうか?
6点リードした5回裏。1アウトから荒木選手がツーベースヒットで出塁したあとの井端選手のゴロを井川選手が3塁へ送球したところから荒木選手は2塁へ戻って、それを見た今岡選手が2塁へ送球してもまにあわずにフィールダースチョイスになってしまいました。
これで1死1・2塁になっしまったうえ、つぎの立浪選手のゴロの処理でベースカバーに入った井川選手がトスを捕りそこねての失点で流れが完全に中日に行ってしまいました。

そのあとはもう野球の神様にソッポむかれてしまったとしか思えないシーンの連続で、1イニング9失点の悪夢です。
しかも40分くらいこのイニングにかかってしまったせいでしょうけど、野手の集中が完全にキレちゃいました。

野手陣が6回からあとはボロボロでしたけど、これはもう責める気になれません。5回の悲劇が全てな試合だったと思いますので。

そんなヒドイ試合でしたけど、3番手で登板した江草選手の投球と、9回に代打で登場して先頭打者ヒットライナーを打った片岡選手にはちょっとだけ明るい材料かもしれません。
あんなヒドイ試合なのに集中がキレてなくて自分の仕事をキッチリできてるってことですし。

それと、山本昌選手をノックアウトしたと言うのも大きな収穫ではありましたね。

あしたの先発はやっぱり福原選手でしょう。
とうとう0.5差までせまられているところに、ここのところ勝ち運から見放され続けている福原選手の登板ですけど、今まで野手の皆さんが足をひっぱってきた分の借りをここで返さないでどうします!
悪い流れは切りかえてたちきってしまえば済むことです。
それに、先発3番手にはフォーム改造でノっている安藤選手だって出番を待ってますから、まだまだ先はわかりませんよ。
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(24) | trackbacks(52) |


対広島 13回戦 松山

広|000 200 101|4
神|001 000 000|1
勝:デイビー4勝3敗0S
S:ベイル2勝0敗13S
敗:杉山5勝5敗0S
HR:新井ソロ31号/栗原ソロ4号
広:デイビー-横山-永川-ベイル
神:杉山-江草-橋本

きょうは雁の巣でウェスタンリーグを見たあと、天神で松山での試合をテレビ観戦しましたので阪神ざんまいの一日でしたから、なにかダブルヘッダーの試合を見たような錯覚を起こしそうです。

わたし敵には2連敗でしたからちょっとヘコんでしまいました。

松山坊ちゃんスタジアムでの2戦目はきのうと打って変わって重クルシイ展開でした。

3回に先頭の赤星選手がバントから快速を飛ばして出塁すると言う最近の選手では赤星選手以外では考えにくいヒットで出塁して、しかも鳥谷選手の打席では盗塁と犠打でのタッチアップで3塁まで進んで、金本選手のタイムリーでホームに帰ってくると言う、今の阪神らしい点の取りかたで先制でした。
ところがこの1点だけしか得点できずに終わってしまい、投手陣がこらえきれずに失点をかさねて行くと言うパターンに落ちいってしまいました。

先発の杉山選手は4回に前田選手の打席で制球がみだれてから2点タイムリーを打たれてしまい、けっきょくコレが決勝点になってしまいました。
他のイニングでは7回に先頭打者の新井選手にソロホームランを打たれるまではカンペキに近いピッチングでしたから、1点を守りきろうとしてプレッシャーがかかって4回の前田選手の打席で1失点ですむところを2失点すると言う失敗をしてしまったのではないかと感じました。
7回のソロホームランのあともなんとか抑えてましたから、それでも先発としての最低限のレベルに達してる仕事はできてますよね。

2番手の江草選手は藤本選手のエラーで東出選手の出塁をゆるしただけでしっかり抑えてました。
中継ぎ陣では藤川選手やウィリアムス選手ほど目立ってませんけど、江草選手も信頼できる中継ぎに育ってきましたね。
防御率だけ見ると藤川選手にはかないませんけどウィリアムス選手よりもいい数字ですし。

3番手の橋本選手は投球は悪くないように感じましたけど栗原選手にソロホームランでダメ押しされてしまいました。

きょうの試合は今岡選手が体調不良とのことで、4回から片岡選手が今期はじめての守備につきました。
片岡選手は本当にひさしぶりの登場ですけど、打撃では見せ場がありませんでしたね。守備は無難にこなしてましたけど、やっぱり間隔が開きすぎだったのではなかったかと思います。

2位とのゲーム差がこれだけ減ってくると、負けて痛くない試合なんて一つもありませんよね。
しかも中日は横浜を3タテして、とうとう1.5ゲーム差にまでつめてきてます。

来週は火曜日から名古屋での直接対決です。ここで勝ち越さない限り首位陥落ですが、今岡選手の体調不良の内容がわかりませんし、広いナゴヤドームでは浜中選手のスタメンもむつかしいでしょうから不安がありますよね。
しかしココは阪神を信じて応援したいと思います。
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(29) | trackbacks(46) |


対広島 12回戦 松山

広|000 010 010|2
神|320 220 31x|13
勝:下柳10勝1敗0S
敗:黒田9勝7敗0S
HR:シーツ 14号ツーラン/栗原ソロ3号
広:黒田-広池-田中-梅津
神:下柳-桟原-能見

松山坊ちゃんスタジアムでのホームゲームです。何日か前の新聞に書いてありましたけど、温泉貸切りのリフレッシュ効果でしょうか?阪神タイガースが快勝しました(^^

初回から最近まで湿っていたのがウソのようなつながる打線の攻撃で、今岡選手の犠打と桧山選手の2点タイムリーで3点先制です。
2回には鳥谷選手の犠打とシーツ選手のタイムリーで2点追加してほとんど試合が決まってしまいました。

シーツ選手はその後も打ちまくって、なんと本塁打1本のオマケ付の5安打4打点です。
きょうは放送の関係でしょうか?ヒーローインタビューなかったみたいでしたけど、文句ナシでヒーローはシーツ選手ですよね。

先発の下柳選手は5回に栗原選手からソロホームラン打たれるまで完璧なピッチングでしたし、2回と5回にはキッチリ送りバントを決めて大活躍でした。
やっぱり投手の送りバントが決まると、ウチみたいなつなぎの打線は厚みが2倍にも3倍にもなって、その効果はバツグンですね。

2番手の桟原選手は内容はあんまり良くありませんでしたけれども、どうしても登板間隔が開き気味でしたからうまく調子がでなかったのかな?なんとか2回1失点でしのいでた感じがしました。
調整登板なんでしょうけど、ちょっと気になりましたね。

3番手の能見選手は前回イマイチでしたけど、きょうはフライ−ゴロ−三振でピシャ!と抑えて、なんと19安打の圧倒的な試合展開でゲームセットです。

打線が好調なおかげで、5回に栗原選手のソロ、8回に前田選手のタイムリーでそれぞれ1失点しても、ちゃんとその裏で点を取り返す万全の援護で投手陣も余裕をもってのびのび投げられたみたいです。

きょうはセリーグならではの先発投手の打撃がゲーム全体に影響するオモシロさの感じられる、とってもいい試合だったと思います。
きょうのヒーローはシーツ選手でまちがいないでしょうけど、下柳選手も今期10勝目ですし投げて打ってで最高の大活躍だったと思います。
ヒーローインタビューあってもお立ち台にはのぼらなかったでしょうけど(^^;

さあ、あしたもすっきり勝って来週の直接対決へのはずみにしましょう!

ついでですけど、きょう雨で中止になっちゃった2軍戦もすっきり勝って、こちらはマジック点灯させちゃいましょう!

あしたは雁の巣での最終戦ですから、わたしが2軍戦見るの今期はこれが最後・・・・かも?

明日も(阪神が勝つ)よい一日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(19) | trackbacks(41) |


対横浜 15回戦 横浜

神|000 010 050|6
横|000 020 000|2
勝:ウィリアムス3勝3敗0S
敗:川村4勝3敗0S
HR:矢野ソロ12号/今岡満塁18号/佐伯ツーラン11号
神:安藤-ウィリアムス-藤川-久保田
横:土肥-木塚-川村-吉川

阪神タイガースが長い長いトンネルを抜けました!
長期ロード、初勝利です。

横浜先発の土肥選手は立ちあがりがよくって、きょうも投手戦の予感がしましたけど、5回矢野選手がカウント2-1からの内角直球をソロホームランにして先制点をとりました。

阪神先発の安藤選手はランナーはゆるしますけど安定した粘り強いピッチングで横浜打線を抑え続けてましたが、5回に佐伯選手に逆転のツーランを打たれてしまってちょっとヤな予感がしちゃいましたよね。

7回表に代打で片岡選手が送られましたので、なぜか1点ビハインドなのにウィリアムス選手が2番手で登板して、いきなり先頭の石井選手に死球でドキドキしましたけど、後続はキッチリ抑えてくれました。

そして8回表、この回から登板した3番手の川村選手から先頭打者の赤星選手がヒットで出塁して鳥谷選手が犠打で送って、シーツ選手のヒット出塁と金本選手の四球出塁で一死満塁にしてから今岡選手のレフトスタンドにつきささる逆転満塁ホームラン(!)です。
おまけに、代打スペンサー選手と矢野選手の連続ヒットで1点追加して勝負を決めました!

こうなると8回は3番手藤川選手、9回はクローザー久保田選手の鉄壁継投で連敗脱出です。

あの場面でウィリアムス選手が登場したときは「?」でしたけれど、終わってみたら采配がバッチリ当たってて、おみごとでしたよね。

あと、9回裏では守備固めに秀太選手が3塁手として登場したのはよかったですね。
きょうのヒーローの今岡選手ですけど、逃げ切りをかんがえたらカンペキな采配だったとおもいます。見せ場はなかったですけど安心感がちがいますから。
わたし的には「もっと秀太選手を使ってー!」てのもありましたし(^^;

長期ロード1コ目のカードは負け越しちゃいましたけど、きのうの試合の後半から当たりが出はじめましたし、きょうは「つなぎ」も戻ってきましたから、打線はトンネルをぬけたみたいです。
こういう攻撃ができるようになれば、ウチの投手陣ならかならず答えてくれるハズです。

つぎは松山で広島戦です。せっかく打線がつながりはじめたのですから、この感じを大切にして戦って行ってほしいですね(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(34) | trackbacks(56) |


対横浜 14回戦 横浜

神|000 000 012|3
横|201 000 30x|6
勝:三浦5勝7敗0S
敗:福原5勝12敗0S
HR:小池ツーラン13号
神:福原-橋本-桟原
横:三浦-加藤-ホルツ-木塚-クルーン

よそ様の応援に行ってる場合じゃなかったです。わが家が大変なことになっちゃいました。
きょうも阪神タイガースが負けました。

横浜の先発は苦手な三浦選手ですし、ウチの先発は負けのこんでる福原選手ですからカクゴはしてましたけど、さすがに4連敗は悪夢です。

初回に小池選手のツーランの一発で先制されて、3回にも小池選手の犠打で1点追加されてしまいました。
さらに7回、代打に片岡選手を送られた福原選手に代わった橋本選手が金城選手に走者一掃の3点タイムリーを打たれてしまい、これが決勝点です。

負けは福原選手に付きましたけど、終わってみたら橋本選手の連続四球からの失点が無ければなんとかなったかも?
橋本選手はそんなに悪い感じじゃなかったですけど、それだけに四球が惜しかったですね。

打線の方は当たりが出てきましたけど、7回まではつながりがなくてチグハグな攻撃でしたね。
ただ、8回9回はつながり初めてましたからこれはあしたにつながるかもしれません。

ここのところ当たりのなかった赤星選手や金本選手に当たりがもどってきたのは期待していいかも?
しかも、金本選手はクルーン選手の速球をネバって9球目をタイムリーヒットですから、最後に意地を見せることができたと思います。これは大きいかもしれませんね。

あしたこそ!あしたこそ阪神が勝ちますように!
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(30) | trackbacks(48) |


対横浜 13回戦 横浜

神|000 002 000|2
横|000 300 00x|3
勝:門倉7勝4敗0S
S:クルーン2勝0敗17S
敗:井川10勝4敗0S
神:井川-江草-橋本-ウィリアムス
横:門倉-ホルツ-川村-クルーン

長期ロード初日、いきなりエースで負けてしまいました。

横浜先発の門倉選手には前回もいいピッチングされて8回3点で抑えられちゃってますから、変なニガテを作らないようなんとか勝ちたかったです。

1回にいきなり1死満塁のチャンスだったのに今岡選手が真中低めのボール球に手を出して最悪のゲッツーです。
攻守ともに絶不調なアセリでしょうか、せめてフライを打ち上げてくれればよかった場面なんですけど…。

けっきょく、このゲッツーがあとあと効いてきた試合になっちゃいましたね。

先発井川選手の立ちあがりはちょっと不安定な感じがしましたけど「いつものこと」と思ってたら4回に押し出し四球とタイムリーで3失点もしちゃいました。
いつものウチの打線ならここまではギリギリ許容範囲なんでしょうけど、6回の今岡選手とスペンサー選手の連続タイムリーで2点返したのがせいいっぱいで、反撃はここまでで終わってしまいました。

まさかまさかの3連敗で貯金をへらしましたけど、ヤクルトが3連勝でゲーム差はそのままですね。
まあ、運は良かったのでしょうけど、他力頼みじゃアトがないです。

あしたこそ!あしたこそ阪神が勝ちますように!
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(29) | trackbacks(46) |


対ヤクルト 14回戦 甲子園

ヤ|000 000 101|2
神|000 010 000|1
勝:五十嵐2勝1敗4S
S:石井2勝2敗22S
敗:藤川4勝1敗0S
HR:スペンサー ソロ7号/リグス ソロ2号
ヤ:藤井-五十嵐-石井
神:杉山-ウィリアムス-藤川

かなり痛いです。阪神タイガースが負けました。

じつに6月2日以来の連敗ですけど、2位中日がスゴイ勢いで追いかけてきてますからきょうは勝っておきたい試合でした。
しかも、あしたからはいよいよ長期ロードですから、ロード前最後のカードを負け越したのは痛すぎます。

先発の杉山選手は6回まではまずまずの投球でしたけど、7回表のヤクルトの意地としか言いようのない攻撃で同点です。
本来だったらああ言う攻撃こそウチがやらなきゃいけないことだと思うんですけど、きょうはヤクルトにやられちゃいまいました。

そして、2番手ウィリアムス選手は3人で抑えるカンペキな投球でしたけど、3番手の藤川選手がリグス選手に真中高目の甘いカーブをレフトスタンドにもって行かれてしまいました。

きょうの敗因は、やっぱり7回にヤクルトの必死な攻撃を抑えることができなかったのが大きいです。
自力優勝が消えかかってるチームの必死さに圧倒されてしまった感じですよね。

打線も疲れのせいかスペンサー選手の一発だけでなんかチグハグでしたし、延長戦を意識してでしょうか継投もちょっと消極的に感じました。
そんなこんなが藤川選手の被弾につながったような気がします。

あと、代打で桧山選手てのもどんなものだったのでしょう。
スペンサー選手とのスタメン併用は別にかまわないと思いますけど、どちらも代打むきの選手じゃないように思うんですけど…。

いよいよ、あしたから甲子園は高校野球の練習がはじまって、阪神タイガースは長期ロードへ出発です。
あんまり楽観的な状態じゃないんですけど、なんとか首位をたもったまま甲子園に帰ってきてほしいものですよね。
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(25) | trackbacks(44) |


対ヤクルト 13回戦 甲子園

ヤ|200 301 034|13
神|000 000 000|0
勝:館山7勝3敗0S
敗:ブラウン4勝1敗0S
HR:岩村ツーラン17号/宮本スリーラン5号
ヤ:館山
神:ブラウン-江草-能見-桟原

なんと言いますか・・・・・阪神タイガースが負けました。
しかも大量失点の完封負けです。

先発のブラウン選手はとうとうやっちゃったて感じで、いきなり立ち上がりを2点先制されて、4回には死球からスリーランホームランで沈没です。
一応無四球な投球ではありましたけど、死球でおかしくなっちゃったんでしょうか?

守備のほうも緊張がとぎれてしまったみたいで今岡選手が2つもエラーしちゃったのには目をおおってしまいそうです。
しかも今岡選手は3試合連続エラーですから、なんかきのうの勝ち試合で不安に思ってたことが現実になっちゃいました。

そのうえ、4番手の桟原選手はひさしぶりの登板でカンがにぶってたとしか思えないようなプレーでピッチャーフライをピッチャー内野安打にしてしまうしまつです。これじゃ敗戦処理にしてもヒドすぎです。
先発が試合をこわしちゃった試合でしたけど、捨て試合するにしてももう少しやりかたがあるんじゃないかと不満です。

そんななかで2番手の江草選手はきのうに続いての登板でしたけど、いいピッチングしてましたね。もしかしてきのうより変化球きまってたかも?
それに、こちらもひさしぶりの能見選手は失点はしましたけど、調整登板にしてはそれほど悪くなかったんじゃないかと思います。

打線のほうは・・・・・相手投手が好調なときは手も足も出ないこと多いですもんね、ウチの打線の場合は。こういうこともあるでしょう。

延長戦ありの1点差負けの試合なんかとくらべるとスパッと切換えられるでしょうし収穫がなかったワケじゃなかった試合ですから、あしたはカード勝ち越しと7月連敗ナシをかけてガンバってもらうしかないですね。
とくに今岡選手はきょうの分を取りもどしてほしいです。

明日こそ(阪神が勝つ)よい一日でありますように(^^;
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(29) | trackbacks(62) |


対ヤクルト 12回戦 甲子園

ヤ|000 000 000|0
神|100 000 40x|5
勝:下柳9勝1敗0S
敗:川島6勝8敗0S
HR:シーツ スリーラン13号
ヤ:川島-吉川-山部-河端-花田
神:下柳-藤川-江草-橋本

やっぱり、きのうの読売戦の後半分はきょうに取っておいたのかな?
きょうも阪神タイガースが勝ちました!

初回にシーツ選手の犠打で1点先制したあとは、すごい投手戦になって「これは下柳選手の完封勝利になるかも?」なんて思っちゃいました。

先発の下柳選手はランナーこそ出すものの、ホームを踏ませないナイスピッチングでした。
6回先頭打者青木選手に初めて四球しちゃいましたけど、ラミレス選手への敬遠策成功でしのいだのはおみごとでしたね。

7回は藤川選手に交代でしたけど、こういう下柳選手らしい試合はこびはダイスキです(^^

そしてラッキーセブンの猛攻はきのうの試合の後半分をそのまま取りもどす攻撃なような気がしてしまいました。
前のカードと言い、シーツ選手の大活躍がつづいてますね。みごとなスリーランホームランでした。

そう言えば・・・・・もしもシーツ選手のスリーランが無かったらお立ち台は下柳選手だったかも?
また「ボチボチです」「タマタマです」だけで笑いを取るのを聞きたかったなぁ。本人はイヤがってるらしいですけどね(^^

きょうの打のヒーローはシーツ選手でしたけど、代打の片岡選手への四球も大きかったと思います。相手の山部選手は片岡選手の名前にビビッたのかな?

ちょっとドキドキするところもあった試合でしたけれど、終わってみれば完封でしたのでヨシ!としましょう。

あしたもあさってもこの調子で勝って長期ロードを乗りこえるいきおいをつけたいモノですよね。

明日も(阪神が勝つ)よい一日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(21) | trackbacks(50) |


対読売 12回戦 東京ドーム

神|090 000 000|9
読|001 000 000|1
勝:安藤5勝5敗0S
敗:マレン5勝5敗0S
HR:矢野ソロ11号/金本スリーラン23号/今岡ソロ17号/十川孝ソロ1号
神:安藤
読:マレン-シコースキー-内海-ミアディッチ-岡島

きのうの借りを返すような圧勝です。
やったね!阪神タイガースが勝ちました(^^

先発の安藤選手はこれが初めての完投勝利で、しかも無四球完投です。
この前の広島戦で完投で敗戦てくやしい思いをした安藤選手でしたからこの1勝はホントにうれしいことでしょうね。

セットアッパーやってた頃は2イニング以上ひっぱると不安定になる事が多かった印象がありますけど今年、特にフォームを変えてからの投球は別人みたいですよね。
1失点で完封は逃しちゃいましたけど、十川孝選手のソロ一発だけなので、先発としてほとんどカンペキな仕事だったとおもいます。

打線のほうですけど、2回表の打者一巡9得点でイッキに勝負を決めちゃったのはよかったのですけど、早いイニングで大量得点しちゃってますので、あと1点どこかでほしかったかもしれません。
よくばるワケではなくて明日からにつなぐイミで、ですね。

なにはともあれ、後半戦1コ目のカードを勝ち越して、あしたからまた甲子園に帰ってヤクルト戦です。
ここでイッキにヤクルトにもかくれマジック点灯させて、貯金も増やして行きたいですよね。

明日も(阪神が勝つ)よい一日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(28) | trackbacks(36) |


対読売 11回戦 東京ドーム

神|200 000 000|2
読|103 000 01x|5
勝:高橋尚4勝6敗0S
S:林2勝2敗6S
敗:福原5勝11敗0S
HR:阿部ソロ19号/二岡ツーラン8号
神:福原-江草-橋本
読:高橋尚-久保-前田-林

ざんねん、阪神タイガースが負けました。

初回、今岡選手のタイムリーで2点先制しましたけど、3回裏の鈴木選手の打席で福原選手が暴投したところから流れが読売にいっちゃいました。

先発の福原選手も立ちあがりはよかったのですけど、3回に3失点してしまって、そのあと立ちなおってはいましたけど打線の援護がありませんでした。

投球数も相手の高橋選手よりすくなくて、けして調子が悪いワケではなかっただけにざんねんな結果でしたよね。
4回の福原選手自身の併殺打はいただけませんけど。

きょうは、ちょっとしたミス(きょうのは大きめなミスですけど)で流れが大きく変わってしまう野球てスポーツのコワさを感じた試合でした。
だからこそ野球はオモシロイんですけどね。

まあ、きのう勝っておいてホントによかった、て感じです。

明日こそ(阪神が勝つ)よい一日でありますように(^^;
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(23) | trackbacks(31) |


対読売 10回戦 東京ドーム

神|200 201 031|9
読|001 010 100|3
勝:井川10勝3敗0S
敗:上原6勝9敗0S
HR:シーツ ツーラン10号/ソロ11号/ソロ12号/桧山ツーラン5号/仁志ソロ6号/清原ソロ21号
神:井川-藤川-久保田
読:上原-内海-シコースキー-岡島

ついついブログもオールスター休みしちゃいました。
そのつもりはなかったんですけど、なんだか阪神応援専門のブログみたい(^^;

オールスター前は湿ってた阪神打線でしたけどオールスター休みの効果でしょうか、文句なしの勝利です。
シーツ選手は初めての1試合3ホームランだそうですね。広島の頃もいいシーンで1発のイメージありましたけど、こんなに打つ選手でしたっけ?て感じです。
きょうも先制ツーランと言い、5回裏矢野選手(読売)の犠打の得点のあとの6回表のソロと言い、最高の見せ場で打ってくれました。

オールスターで2試合とも登板した藤川選手に不安はありましたけどピシャリ3人で抑えてくれましたし、こちらはタップリお休みした久保田選手は阿部選手、小久保選手をフライに打ちとって、ローズ選手はスライダーで三振、試合終了です。

中日がしぶとく追いかけてきてますけど、これで広島につづいて読売にもかくれマジック点灯で優○にまた一歩近づく、大きな大きな一勝ですね。

後半戦とは言うものの、のこりはわずか54試合。今週の6連戦は優○へむけてのラストスパートの一歩目になるのではないかと思います。そういう意味でも大事な初戦に勝つことができました。
このいきおいをつづけて行ってほしいですよね。

明日も(阪神が勝つ)よい一日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(28) | trackbacks(43) |


対横浜 12回戦 甲子園

横|000 000 000 01|1
神|000 000 000 00|0
勝:川村4勝1敗0S
S:クルーン2勝0敗16S
敗:ウィリアムス2勝3敗0S
横:斎藤隆-川村-クルーン
神:福原-藤川-ウィリアムズ

前半戦の最後にきてキツい投手戦が続きました。
10回、藤川選手が四球でピンチになったのを救ったウィリアムズ選手でしたけど、11回には佐伯選手にタームリーを打たれてしまい阪神が負けました。
このオールスター前最後のカードは1勝1敗1分で負け越しでこそありませんでしたけど打線が湿ってきてるのは問題アリです。

いちおう首位ターンはできましたし貯金も1個しか減ってませんから痛くないと言えば痛くないのでしょうけど、2位中日が7連勝ていうものすごいいきおいで追いかけてきてることを考えるとちょっと不安です。

きょうの先発の福原選手は初回にヒヤリとさせられたものの回が進むにつれ安定感をとりもどしてきましたが、前回にひき続き打線の援護がないままマウンドをおりることになってしまい、きょうは負けこそつきませんでしたけどまたまた好投がむくわれなかったのがざんねんでしかたありません。

あしたから阪神から出場する選手が8人もいるのは気がかりですけど、オールスター休みになりますからしっかり調整してよい後半戦スタートをきってほしいですね。
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(28) | trackbacks(39) |


対横浜 11回戦 甲子園

横|000 001 000 000|1
神|000 000 100 000|1
横:三浦-川村-クルーン
神:井川-ウィリアムス-藤川-久保田

きょうの試合は外出先からラジオ観戦でしたけど、エース対決の好ゲームでしたよね。

うちの打線は三浦選手が得意じゃないみたいなので、井川選手の左肩にすべてがかかったゲームになると思ってましたけど、この前みたいに立ち上がりにも不安がなくて、三浦選手と2人ですごい熱戦を演出してくれましたね。

井川選手は6回、種田選手へのワイルドピッチで失点こそしましたけど、そのあとの内川選手の打席ではバックアップで野手に協力してみごと追加点を封じてましたし、三浦選手も四球で失点してましたから、これはもうおあいこと言えるでしょう。

けっきょく阪神は延長12回引き分けで、名古屋で中日が勝ってますから0.5ゲームだけ差をつめてきて、とぉーい夜空に竜のさけびが聞こえそうなのがなんかヤですけど、いい試合だったので良しとしましょう(^^;

ところで、クルーン選手は国内最速の161を記録したそうですね。
クルーン選手が「160曾个垢鵑犬磴覆い」て言うのは前から言われてましたけど、なんとなく甲子園で達成するんじゃないかな?て思ってました。
なぜか甲子園ってスピードの出る球場の一つと言われてますものね。

うち相手にやられたのはフクザツですけど、偉大な記録にはちがいありませんから、ここはすなおに「クルーン選手オメデトウございます!」です。


今期2度目の打席の林選手は雁ノ巣観戦のとき注目してる選手の一人でして、守備はちょっとアレなときもありますけどバッティングのセンスは光るモノ持ってる選手です。
彼は母国(台湾)のテレビで日本の高校野球の大観衆を見て甲子園に憧れて、甲子園で野球をするために日本へ渡ってきた選手だそうです。
ですから甲子園の大声援をあびて輝いてたんだろうなぁ〜。見たかったなぁ〜。

きょうは四球を選んでの出塁で、代走に上坂選手を送られてあんまり見せ場はありませんでしたけど、オールスター前最終戦の明日はイイところがみせられると良いですね。

かっとばせ!かっとばせ!リンウェイツウ!

そう言えば、応援コールのときフルネームなのは、たしか林選手だけだった、、、かな?

明日こそ(阪神が勝つ)よい一日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(26) | trackbacks(13) |


対横浜 10回戦 甲子園

横|000 000 000|0
神|000 010 02x|3
勝:ブラウン4勝0敗0S
S:久保田3勝2敗17S
敗:門倉6勝4敗0S
横:門倉
神:ブラウン-藤川-ウィリアムス-久保田

オールスター前最後のカード、第1戦は阪神タイガースが勝ちました!

5回裏、藤本選手のツーベースから代打の片岡選手がまたまたいい仕事してましたね。
8回は鳥谷選手の打球が浜風にのってラッキーなツーベースからシーツ選手のタイムリーで1点。そのうえ金本選手のタイムリーツーベースでダメ押し点まで入って試合を決めました。

先発のブラウン選手も5回までランナーは出すものの得点をやらない投球で、横浜先発の門倉選手とともに投手戦をくり広げてましたけど、8回でついに門倉選手が力つきてしまった感じです。
8回の鳥谷選手の打席からの流れは、まるで甲子園の魔物が顔をのぞかせたような門倉選手にとっての悪夢だったかも?

2番手の藤川選手はたっぷりお休みしたせいか超安定した投球で横浜打線に野球をさせませんでしたけど、3番手ウィリアムズ選手がちょっと不安定で1死1−3塁にしましたが何とか無失点でツーアウトまで取ってクローザー久保田選手が早めの登板となりました。

9回の久保田選手の投球は村田選手にツーベースを打たれたものの17セーブ目をあげて、みごと貯金を20にもどしました!

正直ずっとブラウン選手の投球ってビミョー、て思ってたんですけどここまで無敗の4勝ですからりっぱなモノですね。


16・17日のあいだに先発組から下柳選手・杉山選手が一足早い夏休みで、浜中選手が後半戦にそなえた守備練習のために鳴尾浜へ行って、鳴尾浜から林選手・前田選手・能見選手の3人が上がってきました。
後半戦は毎年悪夢を見つづけた長期ロードもありますので、鳴尾浜組も優○へむけたダッシュのために必要な戦力です。
ここはチャンスですから、ぜひがんばってアピールしてほしいですね。

明日も(阪神が勝つ)よい一日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(29) | trackbacks(38) |


対広島 11回戦 甲子園

広|000 000 000 1|1
神|000 000 000 0|0
勝:永川3勝4敗2S
S:ベイル2勝0敗10S
敗:安藤4勝5敗0S
HR:東出ソロ1号
広:レイボーン-永川-ベイル
神:安藤

広島にしてやられたゲームです。
ざんねん!阪神タイガースが負けました。

9回まで両チームともに0点がならぶすごい投手戦で、解説者の福本さんが言うところの「タコヤキ」みたいなスコアです。

じつはわたし、こういう展開の試合が大スキです。
…タイガースが勝ってれば。ですけど。

来日初先発のレイボーン選手の投球にタイミングがあわなかったのでしょうか、凡打の連続で「初モノに弱い」てジンクス通りになっちゃいましたね。

先発の安藤選手はレイボーン選手以上の好投で、5回まではノーノーなペースなほどでしたけど、111球目を東出選手に今シーズン第1号をライトスタンドへ運ばれてしまい、これが唯一の失点でした。
もしかしたらバッテリーに油断があったのかもしれませんね。

負け投手になってしまった安藤選手はざんねんでしたけど、これだけ安定したピッチングができれば首脳陣の信頼度がうなぎ昇りなのはまちがい無いでしょうね。
それと、6連戦中ですから中継ぎ陣をお休みさせられて、みごとに先発の仕事を完成させられた、と思います。

明日からはオールスター前最後のカード、横浜戦です。
ラスト3試合ですからお互い全力を出しつくす好ゲームになるんじゃないかと楽しみにしています。

明日こそ(阪神が勝つ)よい一日でありますように(^^;
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(18) | trackbacks(44) |


対広島 10回戦 甲子園

広|000 001 001|2
神|020 030 00x|5
勝:杉山5勝4敗0S
敗:小山田5勝8敗0S
HR:嶋ソロ14号
広:小山田-高橋-広池
神:杉山-ウィリアムス-久保田

今日も阪神タイガースが勝って52勝32敗3分で、ついに貯金20に到達しました!

先発の杉山選手は7回までわずか1失点の好投で、球数も98球でしたから完投まで行くかと思ましたけど、8回から2番手ウィリアムス選手と交代で9回からは久保田選手でした。
で、その久保田選手がざんねんながら嶋選手に一発をあびてしまいました。

杉山選手がそのまま投げてれば・・・・とは思ったんですけど、試合後の久保コーチの談話によると杉山選手の投げる球が上ずり出したので早めの交代を岡田監督にすすめた、との事でした。
杉山選手の1失点は力み過ぎのせいなのか、ワイルドピッチでの失点でしたからしかたなかったんでしょうね。
でもまあ、ここは赤ゴジラこと嶋選手のナイスバッティングをたたえるべきでしょうね(^^

それ以外は文句の付けようのないゲームだったと思いました。

阪神公式掲示板にいらっしゃるかたの計算によると、もう対広島のかくれマジックは点灯していたそうで、もしも今日横浜が勝っていたら対読売のかくれマジックも点灯だったとか。
まあ、そんなに何もかもうまくは行かないんですけどね。

明日も(阪神が勝つ)よい一日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(19) | trackbacks(69) |


対広島 9回戦 甲子園

広|010 020 200|5
神|420 052 10x|14
勝:下柳8勝1敗0S
敗:ロマノ4勝2敗1S
HR:今岡ツーラン16号
広:ロマノ-田中-広池-玉山-横山-ベイル
神:下柳-江草-橋本-桟原

わが家、甲子園に帰っての6連戦初日です。

おとついのヤクルト戦とは打って変わって阪神打線大爆発の日でした。
こういう試合の時いつも思うんですけど、すこしだけでいいから他の日に取っておけないものでしょうか(^^

きのう延長戦までもつれてサヨナラ負けで、しかも自力優勝まで消滅しちゃった広島が相手ですから今日はあちらもガムシャラに勝ちにきて、苦しい戦いになるんじゃないかと思ってましたので大勝はうれしい予想外です。

ただ、気になった点も…下柳選手が5回表2アウトからくずれそうになったり、橋本選手やおひさしぶりの桟原選手も安定してるとまでは言えない感じで、小さなミスいくつか見えかくれしてた感じでした。
今日は大きなリードをもらってましたし、野手のみなさんにカバーしてもらってた試合でしたから大変なことにならずにすんだのですけど。

野手と言えば、わたしは途中から守備固めで出てきた中村選手の活躍が光ってると思いました。
もともと守備のうまい選手ですけど、きょうもいい仕事してましたね(^^
試合に出るチャンスは少ないですけど、いいアピールができてよかったと思います。

明日も(阪神が勝つ)よい一日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(25) | trackbacks(47) |


収穫ある1敗

「福原107球には価値がある」中西氏分析
(なにわWEB 2005/07/14)

昨日の試合を評論家の中西さんが「収穫ある1敗」とおっしゃってます。

たしかに昨日の福原選手の投球は以前とくらべてテンポが良くなってますし、四球で負けたワケじゃないですから次回に期待しておきましょう(^^

それに、江草選手の防御率も1点台に戻したことですし。

明日からはいよいよ甲子園に戻っての6連戦です。
オールスター前の最後の2カード、大事に戦っていきましょう!


明日こそ(阪神が勝つ)よい一日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(16) | trackbacks(41) |


対ヤクルト 11回戦 千葉マリン

神|000 000 000|0
ヤ|000 010 00x|1
勝:川島6勝7敗0S
S:石井2勝1敗19S
敗:福原5勝10敗0S
神:福原-江草
ヤ:川島-石井

『福原見殺し』なんて明日の新聞の見出しが思い浮かぶような展開の試合でした。
ざんねん!阪神タイガースが負けました。

先発の福原選手は安定したピッチングで、ヤクルト先発の川島選手と好投勝負でしたし、8回裏からの2番手江草選手も3人でキッチリ抑えていい仕事してました。
前回、中日戦で立浪選手にサヨナラの一発もらった分のリベンジできなかったのは残念でしたね。

でもしかし、今日は打線のほうがイマイチでぜんぜんつながってませんでした。
8回表2人めの赤星選手の打球が宮本選手のナイスプレーでギリギリアウトにされてくやしがってましたけど、もしも三遊間を抜けてれば今日はシーツ選手が当たってましたので流れは変ってた・・・かも?
「たら」「れば」言ってもしかたないんですけどね。

ここは、数少ないチャンスをモノにできたヤクルト打線が1枚うわてだったということにしておきましょう。
続きを読む >>
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(29) | trackbacks(32) |


対ヤクルト 10回戦 千葉マリン

神|300 000 310|7
ヤ|300 001 100|5
勝:井川9勝3敗0S
S:久保田3勝2敗16S
敗:ゴンザレス0勝1敗0S
神:井川-藤川-ウィリアムス-久保田
ヤ:藤井-河端-ゴンザレス-石川-五十嵐

運が良いからエース?いえいえ、流れを呼び込むからエースです、、、、、、たぶん(^^;

今日の先発井川選手はいきなり3失点からスタートでしたし、そのあともヒヤヒヤさせられるシーンてんこ盛りでサービスしてくれましたね。
片岡選手の代打逆転タイムリーツーべースのおかげでやっとこ勝ち投手ですけど、2番手藤川選手も珍しく打ち込まれてましたので、もしかして今日はヤクルト打線の日だったのかも?

それでも、3番手ウィリアムズ選手、クローザー久保田選手が調子良かったおかげで、、、ついに、ついに50勝一番乗りです!

なんか、最近は久保田選手も「守護神」って呼び名も板に付いてきたみたいですよね。

それに、なんと言っても片岡選手も夏本番を前にして調子が上向いててウレシイかぎりです。
元4番打者にこう言うと失礼なんでしょうけど、こういった脇を固める選手達の活躍無しに8月の長期ロードは乗り切れないでしょうから、どんどん出てきてほしいとおもいます。

明日も(阪神が勝つ)よい一日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(25) | trackbacks(48) |


♪ゆくぞ、チャンス

阪神ファンのみなさんならご存知でしょうけど、いろんなややこしい事があって今年から応援歌がほとんど変わっちゃって覚えるのが大変だったんですけど、何とか福岡ドーム3連戦にようやく間に合ったって感じでした(^^

福岡ドーム3連戦ではテレビなんかで聞く甲子園よりテンポが早めで、声も人数が少ない割に良く通ってたみたいで、本当に良い応援ができてたと思います。
たしかホークスの松中選手だったと思うんですけど、地元のホークスの応援より良かったとのおほめ(?)の言葉までいただいちゃってたそうです。
バッチリ「蛍の光」までやっちゃったのに、、、ですよ。

ただ…
続きを読む >>
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(29) | trackbacks(46) |


対中日 12回戦 ナゴヤドーム

神|010 000 100|2
中|000 000 000|0
勝:安藤4勝4敗0S
S:久保田3勝2敗15S
敗:野口2勝4敗0S
神:安藤-ウィリアムス-藤川-久保田
中:野口-岡本-高橋聡-落合

阪神タイガースが勝ちました!
鬼門、名古屋ドームを勝ち越しで終えて、今週トータル5勝1敗でオールスター前のヤマを越えちゃいました(^^

やっぱり昨日のサヨナラも引きずってないみたいだし、中日打線も調子を取りもどせずにおわってますね。
どちらもあまり点が取れないだろうと思ってましたので、2回表の金本選手への先頭打者フォアボールからの1点は本当に大きかったと思います。

先発の安藤選手は投球フォームを変えて初めての中日戦でしたけど、やっぱり打者はタイミング取りづらそうですし、テンポもよくって味方野手も守りやすそうに感じますよね。

で、最後はいつもの3人でピシャ!って音がするくらい気持ちよく試合終了です。
本当は中日を3タテして優○へ加速したかったところですけれど、まあコレもまあヨシ!…です。

ちなみに、気になる藤川選手の今日の防御率は・・・・0.98(!)でした。
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(9) | trackbacks(6) |


対中日 11回戦 ナゴヤドーム

神|011 000 000|2
中|110 000 001x|3

勝:岡本9勝3敗1S
敗:江草4勝2敗0S
HR:金本ソロ22号/福留ソロ12号/井上ソロ6号/立浪ソロ5号
神:杉山-橋本-江草
中:朝倉-高橋聡-岡本

残念!サヨナラ負けです。
点を取られたのはぜんぶソロホームランですから、今日の負けって跡を引く事も無いんじゃないでしょうか?
中日らしい野球をやられたワケでもないですし。

最後の江草選手もそんなに悪い感じじゃ無かったので「たまにはこんなこともあるよ」ってふうに感じました。

まあ、いつかは連勝って止まるものですから、また明日からの戦いを楽しみにしましょう。

明日こそ(阪神が勝つ)よい一日でありますように(^^;
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(20) | trackbacks(46) |


防御率0.99(!)

球児ついに防御率0.99(デイリー 2005/07/09)
昨夜も書きましたけど藤川選手の防御率が昨日で1点台を割って0.99に到達しました!

しかも記録更新中の連続ホールド記録も12になってます(^^
今年は野手陣も好調で「つなぎ」の野球が出来ていますけど、投手陣の「つなぎ」も負けていませんよね。

ただ、藤川選手の数字でちょっと気になるのは試合数46・投球回数54.1という所で、登板試合数は日本記録ペースだそうです。

名誉な記録をたくさん作るのは良いですけど「飛ばしすぎ」じゃないかとちょっぴり心配です。
本当は先発陣にもっともっとしっかりして欲しいんですけど・・・・(^^;
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(22) | trackbacks(10) |


対中日 10回戦 ナゴヤドーム

神|000 200 001|3
中|000 000 000|0

勝:下柳7勝1敗0S
S:久保田3勝2敗14S
敗:山本昌5勝4敗0S
神:下柳-藤川-ウィリアムス-久保田
中:山本昌-岡本-平井-高橋

今日は帰ってくるのが遅かったので、ラジオのスイッチを入れたらもう「あと一人コール」でした。

鬼門の名古屋ドーム、しかも先発は天敵の山本昌選手だったのに連勝を伸ばして、貯金もなにげに18に増えちゃってます。

それに、なんか藤川選手の防御率がスゴイ事になっているみたいで、、、もしかして今日で0点台に突入では?
久保田選手の防御率の方も1点台が見えてきてるみたいで、これはもう「信頼できるクローザー」と言えますよね。

ところで、今日は赤星選手がお休みと言うのが気になりますけど、大事を取って、、、と言う事でしょうか?


オールスター前、最大の山場の週をイイ感じで勝ち越しました。
明日もこの調子でカード勝ち越しを決めたいですね。


明日も(阪神が勝つ)よい一日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(28) | trackbacks(37) |


対ヤクルト 9回戦 甲子園

ヤ|000 200 000|2
神|000 400 00x|4

勝:江草4勝1敗0S
S:久保田3勝2敗13S
敗:石川6勝5敗0S
ヤ:石川-山部-河端-ゴンザレス
神:ブラウン-江草-藤川-ウィリアムス-久保田

今日の試合、4回表裏の攻防と江草選手のピッチングが印象に残る試合だと思いました。
先発のブラウン選手が4回表2失点でいや〜な感じがしましたけどその裏で、つないでつないで矢野選手が逆転タイムリー!

先発が早い回で降板したので勝利の方程式まで江草選手が5回6回きっちり締めて、、あとはいつもの3人で5連勝貯金17!
今日は久保田選手もランナーを出さずに終わって、何かもの足りないような気まで・・・(^^

今日はある意味、投打ともに今年の阪神らしい試合のような感じがしました。

でも4回と7回をのぞくと、ちょっと貧打ぎみと言う気もしますし、先発のブラウン選手も立ち上がりは悪く無いんだけど・・・・、って感じですね。
この前雁ノ巣で見たときもそんな感じでしたし。


明日からは鬼門、名古屋ドームです。ここを勝ち越しで乗り切るのが大事ですね!



明日も(阪神が勝つ)よい一日でありますように(^^
書いた人 Naruo.K | 阪神な日々 | comments(29) | trackbacks(49) |



SUN MON TUE WED THU FRI SAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>